投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

インデックスVSアクテイブ

投資信託の運用スタイル

株式投資信託の運用スタイルはインデックス型とアクティブ型の2種類に分けることができます。
【インデックス型】指標(日経平均やTOPIX等)と同じような値動きを目指す運用スタイル。
【アクテイブ型】指標を上回る成果を目指してファンドマネジャー(プロ)の考えで運用するスタイル。

投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

インデックスファンドとアクテイブファンドの違いは何?

運用スタイルだけでなくコストやリスクにも違いがあるので、それぞれの特徴を比較してみましょう。

インデックスファンド アクテイブファンド
運用の目標 指標に連動(平均) 指標を上回る事を目指す
コスト(経費) 安い 高い
リスク 市場平均と同じ 高い(ファンドにより違う)
ファンドの値動き 指数とほぼ同じ ファンドによりバラバラ

上記の表を見ると、「指標を上回る事を目指す」目標を掲げているアクテイブファンドに魅力を感じますが、資産運用としてはインデックスファンドの方が適していると言われています。

その理由としては、大半のアクティブファンドが中長期の運用成績でインデックスファンドに負けているという現実があるからです。(プロでも平均以上の成績を出す事は難しい)

優秀なアクテイブファンドはないの?

アクテイブファンドの多くはインデックスファンドに負けていると言いましたが、インデックスファンドを大きく上回る成績を継続的している優秀なファンドも存在します。
外国株であれば「朝日Nvest グローバル・バリュー株オープン」や日本株の「ひふみ投信」などは好成績を継続しており各機関が発表するファンド賞を何度も受賞しています。

「パッシブ・コア戦略」インデックスとアクテイブの融合

「インデックスとアクテイブはどちらが良いの?」という疑問は、長きに渡って議論されていますが決着はついていません。総合的にはインデックスファンドの方が有利ですが、少数ながらもそれ以上の成績を残しているアクテイブファンドが存在しているので結論が出ないのです。

今は、インデックスファンドを中心に投資しながら、一部の資金でアクティブファンドにも投資を行う投資手法も存在します。これは「パッシブ・コア戦略」と呼ばれており、ふたつの運用スタイルのメリットを合わせて、安定性とリターンを狙うことができる方法として注目されています。
パッシブ・コア戦略 インデックスファンド80%とアクテイブファンド20%の組み合わせで運用

【pick up!】ホッタラカシ投資として人気!? セゾン投信

資金流入が長期間に渡って、安定的に続いている投資信託にセゾン投信があります。商品設計が資産運用に向いているということもあり、長期で積立している投資家が多いようです。余談ですが管理人も老後資金の形成としてセゾン投信を利用しています。

【詳しくはコチラ】セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

忙しい人や投資初心者から大きな支持を得ており、リスクを抑えた長期資産形成の商品設計で金融関係者からも高い評価を得ています。

管理人はこの商品について『長期的な資産運用の王道的スタイル』という印象を持っています。初めて投資を行う人や投資経験が浅い人にとっては“資料に目を通すだけでも参考になるのでは?”と感じています。

●管理人がもっとも信頼している商品

セゾン投資バナー

セゾン投信紹介【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

投資信託

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

投資信託

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.