投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入!その方法と注意点を解説

楽天証券は楽天スーパーポイントで投信購入が可能

2017年8月26日より、楽天証券では楽天スーパーポイントで投資信託が購入可能になりました。
貯まったポイントで投資信託が購入できるのは、非常に画期的なサービスだと思います。

しかも、楽天証券は投資信託の取扱い本数は2000本を超えており国内トップ水準!選択肢が豊富なので自分の運用スタイルとマッチした商品を選択できます。

また、ポイントによる投資ですので、お財布から身銭を切る必要はありません。『投資に興味があるけど、勇気が・・』『投資経験が無くて不安・・』という人も、チャレンジのきっかけになると思います。

管理人は大注目していたサービスなので、早速ポイントによる投資信託の購入にチャレンジしました。

実際に行ってみると“拍子抜けするほど簡単”です。ハッキリ言って、このページを読む必要すらないと思います。(後半にチョットした注意点も書いているので、時間がある人は読んでください)

【注目】楽天証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

簡単すぎて拍子抜け?楽天スーパーポイントによる買付

管理人が楽天スーパーポイントで購入したのは、国内最強の投信とも呼ばれる“SBI中小型割安成長株ファンド「ジェイリバイブII」”です。

普段は安定性重視の投信を購入していますが、今回はポイント購入なのでちょっと冒険してリターンを狙う銘柄を選択してみました(個人的な考えですので、真似をする必要はありません。)

①1000円分をポイントで購入

楽天証券は100円から投資信託を購入できるので、100ポイント以上あればポイントだけで投信を購入できます。また“一部は現金、一部はポイント”という事も可能です。

管理人は全部で1693ポイントあるので、取りあえず1000円分をポイントで購入する事にしました。

以下が注文ページです。買付金額を入力した後に、“ポイント利用額を入力”するだけです。
非常に簡単ですね!

②その後は、通常の投信注文と同じ!

事実上は①のポイント入力で完了です。
あとは、通常の投信の注文と同じで、暗証番号を入れて注文をクリックするだけです。

③念の為に、ポイントで買付が出来ているか確認

注文確定した後に、注文の詳細が確認できますので、念のため確認しておきましょう。
これで終了です。

ちなみに、注文詳細でポイント購入以外に「楽天資産形成ファンド」と書いてありますが、これは管理人が積立投資をしている商品です。

楽天証券でした購入できない投信なので知名度は低いのですが、「R&Iファンド大賞 2017」においてNISA部門で優秀ファンド賞に選出された優良ファンドです。こういった専売ファンドがあるのも楽天証券の魅力だと思います。

公式サイトへどうぞ!

楽天スーパーポイントによる投信購入の注意点

サービスを利用するにあたっての簡単な注意点を書いておきます。

★期間限定ポイントは対象外

楽天市場などで買い物をするとキャンペーンなどで期間限定ポイントが付与される事がありますね。残念ながら、期間限定ポイントは投信購入の対象外となっています。期間限定ポイントは楽天グループでサッと使ってしまいましょう。

さて、投信購入できる使用ポイントの確認方法についてですが・・、結論を言えば、そんな面倒な事は考えなくていいと思います。そもそも楽天証券の投信購入ページでは買付に利用できるポイントしか表示されませんから、そのポイントを目安に考えればOKです。

★ポイントが楽天証券に反映されない?

私が最初に証券会社のページで確認した時は、ポイントが0になっていました。これは楽天会員と楽天証券の本人情報が一致していなかったのでポイントが表示されなかったケースです。つまり完全な私のミス(笑)

私の場合はメールアドレスをそれぞれ違うものだったので、それを修正!その後はすぐに反映されました。その他、住所や電話番号が違っても反映されない可能性があります。ポイントが0になっている場合はチェックしてみてください。

これ以外の場合は、システムの問題だと思うので楽天証券に直接連絡をして確認してください。

管理人の感想 サービス内容★★★★★(満点)

ポイントによる投信購入のサービスは非常に魅力的だと感じました。
まず、ポイントというオマケで投資ができるのは嬉しいですね!しかも、投信の取扱いは2000本以上ですから選択肢も充分です。

サービス利用については、買付時にポイント数を入力するだけでシンプルです。
誰に対しても積極的に利用を勧められるサービスという印象を持ちました。

ちなみに、私は楽天証券が「ポイントによる投信購入」の発表を聞いて時に、メインカードをすぐに楽天カードに変更しました(笑)

楽天カードの詳しい説明を見てみる

楽天カードの公式ページを見てみる
(新規入会、ポイントプレゼント実施中)

公共料金などをはじめとする毎月の支払いは楽天カードに切替えたので、普通に生活するだけでポイントが貯まってきます。今後はポイントによる投信タダ買いを定期化していくつもりです。

★楽天証券の口座開設・詳細確認は以下からどうぞ

楽天証券 バナー



サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


証券会社の比較ランキング《2017年版》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

証券会社の比較ランキング《2017年版》

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.