投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

【2017年】メイン決定!本当に使えるクレジットカード5選

クレジットカードの種類は膨大!メインカードは何がいいの?

クレジットカードは1000種類を超えており、それぞれに特徴があります。
ただし、これだけの種類を一つ一つ検証していくのは、とんでもない時間と労力が必要になります。

そこで、このページはメインカードで使っている人が多いカードの中から、総合的にメリットが高いカードを5枚選出しました。条件としたのは以下の3つです。

年会費が永久無料である事
ポイント還元率が高い、または割引特典が大きい事
ポイントの使い道が、魅力的な事

紹介する5つのカードはいずれも口コミや評判は良くオススメできるのですが、利用する人の状況によってカードの優先度は変わります。

ご自身の生活を考えながらカード選択をすると、自分自身の最高の1枚に出会えると思います。

【2017年版】メインカードに最適のクレカ5選

楽天カード 8年連続顧客満足度1位の人気カード

メインカードとして使っている人が多いカードのランキングでは、ほとんどのケースで楽天カードが1位となります。この人気を支えるのは、やはり年会費無料とポイントの貯まりやすさだと思います。

また、このカードが8年連続で顧客満足度1位の理由は、毎年サービスが向上しているという理由もあります。以前は楽天グループだけでしか恩恵が無いイメージもありましたが、現在は外部のポイント加盟店が増加中で様々な場所でお得にポイントが貯められるようになりました。

貯まったポインについては楽天市場は勿論、マクドナルドなどの加盟店でも使用できます。また、2017年より楽天証券でポイントによる「投資信託」も購入可能となり資産運用として活用する事も可能です。


【オススメのポイント】
◎年会費が永久無料
◎100円で1ポイントの1%還元
◎楽天市場ならばポイントが4倍もらえる
◎nanacoのチャージでポイント付与(JCB)
◎楽天Edy・ポイントカードも一体
◎キャンペーン多数でポイントがまりやすい
【気になる点】
×ETCカードは年会費が発生

 

Yahoo! JAPANカード Tポイントが凄いスピーで貯まる

Yahoo! JAPANカードは急激に人気が高まっているカードです。人気が急上昇の理由は共通カードの王様と言えばTポイントが凄い勢いで貯まる事です。

Tポイントについては説明不要だと思いますが、ファミリーマート、ガスト、TSUTAYA、三越、伊勢丹・・とにかく使用できるところが多いので「現金にもっとも近いポイント!?」とも言われています。

また、アスクルとYahooが提携して作ったネット通販のLOHACOも注目(ポイント3倍)。日用品が非常に強いのが特徴で、デザインの良さと低価格で“Amazonから顧客を奪っている”と言われるほどです。


【オススメのポイント】
◎年会費が永久無料
◎100円で1ポイントの1%還元
◎Yahoo!ショッピング・LOHACOでポイント3倍
◎nanacoのチャージでポイント付与(JCB)
◎Tポイントの加盟店が豊富で、選択肢が多い
◎キャンペーン多数でポイントが貯まりやすい
【気になる点】
×ETCカードは年会費が発生

 

リクルートカード 最高レベルのポイント還元率!

リクルートカードは、クレジットカードファンの間では実力派として非常に有名です。(世間一般からの評価が低すぎるカード?)

最大の魅力は、年会費無料カードとしてはポイント還元率が最高水準となる1.2%の点。さらに電子マネーとの相性が良くVISAを選択した場合でもnanacoチャージで1.2%のポイント付与されます。

発行当初はリクルート関連でしかポイントが利用できずに不便でした。しかし現在は、Pontaポイントと統合されて交換先が大幅に拡大しています。無料カードでは屈指の実力カードに生まれ変わりました。


【オススメのポイント】
◎年会費が永久無料
◎家族カードとETCカードも年会費無料
◎ポイント還元率が1.2%の最高水準
◎電子マネーの相性抜群
◎じゃらんで利用すれば還元率3.2%
◎Pontaポイントと統合で交換先が拡大
【気になる点】
×VISAとMasterCardはETCカードで発行料有

 

イオンカードセレクト 節約&預金のw特典が超お得

イオンカードと言えば、イオン系列店で20日・30日(お客さま感謝デー)の5OFFが有名ですね。ポイント還元率は高くはありませんが、イオン系のスーパー等で買い物をする人にとっては節約カードとして魅力です。

イオンカードの種類は豊富ですが、その中でも注目なのが“イオンカードセレクト”。これはクレジットカードに電子マネーWAONとイオン銀行のキャッシュカードの機能が加わった物です。

そして、凄いのがイオンカードセレクト会員の優遇金利!普通預金の金利が0.1%と国内最高水準になります。これは、都市銀行の平均と比較すると100倍という桁外れの金利です(2017年8月12日現在)


【オススメのポイント】
◎年会費が永久無料
◎家族カードとETCカードも年会費無料
◎イオンで20日・30日は5%OFF
◎55歳以上ならば15日も5%OFF
◎電子マネー・キャッシュカードも一体
◎普通預金の金利が国内最高水準!?
【気になる点】
×ポイント還元率が0.5%で一般水準

 

エポスカード 優待特典7000店舗で生活を満喫

メインカードを選ぶ時にポイント還元率を重視する事は大切ですが、カード利用額が月に2~3万程度であれば優待特典(割引等)が充実したカードを選択した方がお得になるケースがあります。

そして優待特典の魅力で選ぶなら最有力候補となるのがエポスカード。遊園地や旅行、飲食店など特典が受けらえる店舗が約7000店もあるので、持っているだけで得するカードと言っても良いでしょう。

カード提示だけで5%~10%割引になる飲食店が多いので管理人は常にお財布に入れています。
【実際の利用レポート】ロイヤルホスト(5%引)J.S.バーガーズカフェ(10%引)


【オススメのポイント】
◎年会費が永久無料
◎マルイ「マルコとマルオの7日間」は10%OFF
◎カラオケ、レジャー施設、飲食店で特典
海外旅行傷害保険が自動付帯
◎70種類以上のデザインから選択可能!
(カードを選択する場合に限り発行料有)
【気になる点】
×ポイント還元率は0.5%で一般並み

 

【カードの選定基準】
選定方法は、カード管理アプリ『CRECO』で“メインで使っている人が多いカードのベスト10”より選出。
さらに、年会費の有無や還元率(カード特典)を比較して1級FP技能士の管理人の独自観点で5枚を選定。

1級FP技能士の管理人が持っているカードは?

メインカード選びの重要チェック項目は、①特典(ポイント)の使い道 ②ポイント還元率 ③年会費の3つと言われています。

私自身は3つのチェックを頭に入れて選定した結果、現在は楽天カードをメインにしています。私が最終的に楽天カードをメインにしたのは、楽天スーパーポイントで投資信託の購入を計画している事が最大の理由です。

現在は光熱費等の毎月の決まった出費は全て楽天カードにまとめています。

また、サブカードとしてエポスカードも所有。こちらは還元率は普通なのですが、提示するだけで割引になる店舗が多いのが魅力!“持っているだけで得する”カードだと思います(優待7000店)。


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.