投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

クレジットカードの暗証番号を忘れた時は?

3回連続で番号を間違えるとメンドウ・・

クレジットカードを作る時に、暗証番号を設定することになります。

現在はセキュリティの観点から、クレジットカードに限らず暗証番号を設定する事が多くなってきました。
そのことにより多発しているのが、暗証番号の忘れ!

大事な情報なので他人に推測されないものをと設定した結果、自分でも忘れてしまう・・・。久々にカードを使用したら、暗証番号をわすれてしまった・・・。こういった事が頻発しています。

暗証番号を忘れてしまった時の対処法について把握しておくことが大切です。

暗証番号を忘れてもクレジットカードは使える

クレジットカードで精算をする場合、店員さんに暗証番号、もしくはサインを求められるケースがあります。現在では多くの場合がサインであるように、クレジットカードを利用するだけなら暗証番号が必ず必要とは限りません。

もし店員さんに暗証番号を求められても、サインにしてくださいと言えばサインで対応してくれます。暗証番号を忘れてしまっても、普段の買い物は今までと同じように問題なくできてしまうのです。

だからといって暗証番号を忘れてもいいわけではありませんが、“暗証番号を忘れる=クレジットカードが使えなくなる”ということでもありません。

すぐにクレジットカードを使わなければいけないなら、応急措置としてサインで対応してもらいましょう。

すぐに確認手続きを

暗証番号を忘れてもクレジットカードは使えますが、その状態を放置するのはやはりおすすめできません。暗証番号を忘れてしまった時は、すぐにクレジットカード会社に連絡をし、暗証番号の確認を行いましょう。

何故ならば、不正利用等があった時に補償してもらえなくなる可能性があるからです。

電話やweb上からでき、本人確認ができれば暗証番号の再発行となっているケースがほとんどです。

また、暗証番号そのものを変更したい時も方法は同じです。

変更となると少し面倒ではありますが、暗証番号は定期的に変更することを推奨されていますので、この機会に行ってみるのも良いでしょう。

カードのロックには要注意

暗証番号を入力しなければいけない状況だと、クレジットカードがロックされる恐れが出てきます。
実は、暗証番号を何度か間違う(基本3回連続)と不正利用の防止などの観点からカードがロックされてしまいます。

ロックされれば、そのカードは使えない状態になりますから要注意です。暗証番号を忘れた状態のまま、勘で入力するのはおすすめできません。やはり暗証番号を忘れてしまった時は、確認手続きをしたり、変更手続きをしたりしましょう。

暗証番号を忘れたからといって、すぐに大きな影響が出るわけではありません。しかし暗証番号はクレジットカードの契約者本人だと証明する方法でもあり、非常に重要な情報です。忘れた時は慌てずに必要な対応をしましょう。

ファイナンシャルプランナーが本気で考えたオススメカード

メインカード選びの重要チェック項目は、①特典(ポイント)の使い道 ②ポイント還元率 ③年会費の3つと言われています。

私自身は3つのチェックを頭に入れて選定した結果、現在は楽天カードをメインにしています。ただし、Tポイントを中心に貯めたい人はYahoo! JAPANカードの方が良いと思います。

単純に無料カードで還元率が高いカードを希望するなら、リクルートカードも魅力です。

私が最終的に楽天カードをメインにしたのは、楽天スーパーポイントで投資信託の購入を計画している事が最大の理由です。また、近年はグループ外への利用拡大が急速に進んでいる点も魅力でした。(上記の3カードはいずれもメインカードとして魅力)

また、サブカードとしてエポスカードも所有。こちらは還元率は普通なのですが、提示するだけで割引になる店舗が多いのが魅力!“持っているだけで得する”カードだと思います(優待7000店)。

以下に記述した無料カードをまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

★年会費無料 メインカードのオススメ3選
カード名&説明 公式サイト・お申込み
楽天カード
人気・顧客満足度1位
Yahoo!JAPANカード
注目・Tポイントが貯まる
リクルートカード
凄い・高還元率1.2%
★年会費無料 持ってるだけで得するカード
カード名&説明 公式サイト・お申込み
エポスカード
割引・優待7000店舗
MUJIカード
毎年1500円相当ゲット

◆知ってるようで知らない、カードの話

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.