投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

eMAXIS Slime(イーマクシス スリム)のメリットをFPが解説

コスト最低水準を目指し続ける注目のインデックスファンド

結論を言うと、ここで紹介するeMAXIS Slime(イーマクシス スリム)は、インデックス投資を始める人にとって非常に注目だと思います。

昨今、インデックスファンドは信託報酬の値下げ競争により、コスト最低ファンドは数ヶ月ごとに1位が入れ替わる状態でした。

コスト低下は嬉しい事ですが、最低コスト1位だと思って購入したファンドが、1ヶ月後に2位~3位転落すれば気持ちとしては穏やかではないのが本当のところだと思います。

今後はeMAXIS Slime(イーマクシス スリム)だけで良いかも?

eMAXIS Slime(イーマクシス スリム)が非常に面白いのは、類似ファンドのコストに目を光らせて、機動的に信託報酬を引き下げを行う点です。

つまり、AファンドやBファンドが信託報酬を最安値を発表すれば、eMAXIS Slime(イーマクシス スリム)も同水準を目指してコストを引き下げていくという考えです。※絶対的な話ではありません。

プレスリリースの内容をそのまま受け取れば、現在だけでなく今後も継続的に最安値水準が期待できる事になりますので、最低コストに拘る投資家にとっては大注目だと思います。

eMAXIS Slime(イーマクシス スリム)の特徴

運用は三菱UFJ国際投信で、eMAXISシリーズは純資産合計は2,300億円を超えています(2017年3月)。これくらいの規模があると、インデックス指数と大きな乖離が発生する可能性は低いので、投資対象としては安心感があります。

◆購入手数料は0円(ノーロードファンド)

アクティブファンドなどは購入手数料として2~3%程度かかる場合がありますが、eMAXIS Slimeは0円です。購入手数料が無料という点は合格点です。

◆品揃えと信託報酬:2017年7月31日現在

品揃えは国内株式、国内債券、先進国株式、先進国債券、バランス(8資産均等)の5種類のみです。やや少ない印象あありますが、最近はインデックスの種類が増えすぎて、初心者には混乱の原因となっています。

eMAXIS Slime(イーマクシス スリム)は、品揃えこそ5種類ですが基本カテゴリーはシッカリ抑えているので資産運用の配分は充分に構成可能だと思います。

また、自分で資産配分をすることが苦手な人は、バランス(8資産均等)は選択肢として注目です。資産運用の基本系で長期積立の有力候補の一つだと思います。

kaorueMAXIS Slime 国内株式
TOPIXに連動を目指すファンドです。信託補修は0.18%(税抜き)で同カテゴリー平均の0.87%を大きく下回っています(国内最安水準です!)
★参考:TOPIXインデックスファンド 最安の信託報酬は?

1第一eMAXIS Slime 先進国株式
日本を除く先進国の株式に投資するファンドです。信託報酬は0.2%(税抜き)で同カテゴリー平均の0.98%を大きく下回っています(国内最安水準です!)
★参考:先進国株式インデックスファンド 最安の信託報酬は?

kaorueMAXIS Slime 国内債券
日本国内の債券に投資するファンドです。信託報酬は0.14%(税抜き)で同カテゴリー平均の0.35%を大きく下回っています(国内最安水準です!)
★参考:国内債券インデックスファンド 最安の信託報酬は?

1第一eMAXIS Slime 先進国債券
日本を除く先進国債券に投資するファンドです。信託報酬は0.17%(税抜き)で同カテゴリー平均の0.87%を大きく下回っています(国内最安水準です!)
★参考:先進国債券インデックスファンド 最安の信託報酬は?

kaorueMAXIS Slime 新興国株式インデックス
新興国の株式に投資するファンドです。信託報酬は0.34%(税抜き)で同カテゴリー平均の1.31%を大きく下回っています。「MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)」に連動タイプでは最安水準(純資産額に応じて更に低下)

1第一eMAXIS Slime バランス(8資産均等型)
株式(国内・先進国・新興国)、債券(国内・先進国・新興国)、不動産REIT(国内・先進国)の8資産に対して各12.5%の比率で投資を行います。信託報酬は0.22%(税抜き)で同カテゴリー類似ファンドの平均1.25%を大きく下回っています(国内最安水準です!)

販売会社:積立投資の比較 ※2017年8月31日現在

ネット4大証券であれば、どこからでも購入可能です。(若干条件に違いあり)
4社とも手数料が無料で500円以下から積立が可能ですので、お試し感覚でチャレンジできます。

会社名 販売手数料 最低買付額 積立の回数
カブドットコム証券 0円 500円 毎日でも可
マネックス証券 0円 100円 毎日でも可
SBI証券 0円 100円 月1回
楽天証券 0円 100円 月1回
【ココに注目!】

楽天証券は楽天スーパーポイントで購入する事もできます(購入方法の紹介)。

カブドットコム証券マネックス証券で積立の場合は、設定日が月1回に限定されていないので『月に5回、1日おき、毎日・・』など自分の好みで設定ができます。(毎日積立(究極のドルコスト平均法)が可能)

《注目》カブドットコム証券の投資信託とETFが凄い!

投資信託で評価が高いのが、カブドットコム証券のプレミアム積立。少額投資や積立、銀行から直接引き落としができる利便性など魅力がいっぱい。さらに、この会社はETFで圧倒的に優位性がある点も注目です。

【積立投資とETFで注目される理由は?】 
投信の取扱い数は1000本以上で、そのうち約500本が販売手数料が無料のノーロード投信!“人気や評判が高い投資信託が揃っており満足度が高い品揃え”です。また、月に複数回の積立設定が出来る貴重な証券会社。

さらに、スポット投資で注目なのが手数料無料のフリーETFです。
このETFは本当に“使える”ので、まだ利用した事が無い人は積極的に活用した方が良いと思います。(非常にオススメ)

カブドットコム証券と言えば、優待取り(クロス取引)が有名ですが、投信とETFでも業界を代表する会社です。ネット証券の中でも格付けが最上位で、業界でも実力派として有名です。

カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

カブコムバナー




その他、購入可能な証券会社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
ポイントが魅力・詳細
楽天証券
専売投信に注目・詳細
マネックス証券
初心者から好評・詳細

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


注目の金融商品

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

注目の金融商品

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.