投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

フィデリティ・グローバル・ファンドのメリットをFPが解説

ファンド大賞をW受賞、長期パファーマンスに期待

運用を行うフィデリティ投信はアクティブファンドで非常に有名な会社で、2017年R&Iファンド大賞では、外国債券部門で最優秀賞を獲得しました。
また、ご紹介する「フィデリティ・グローバル・ファンド」についても、リッパーファンド・アワードジャパン2017では株式型グローバル部門の最優秀ファンド賞、さらにR&Iファンド大賞2017では投資信託10年部門で優秀賞に選ばれています。

注目【R&Iファンド大賞、リッパー・ファンド・アワードとは?】
R&Iファンド大賞とリッパー・ファンド・アワードは、投資信託の評価機関が選出するファンド賞です。評価基準に若干の違いがありますが、両方とも中長期(3~10年)の実績をもとに選出されます。今後のパフォーマンスを約束するものではありませんが、一定期間に渡っての評価ですので、管理人は商品選択する時も参考にしています。

フィデリティ・グローバル・ファンドの特徴

◆世界有数の運用グループの利点を生かした綿密な企業調査

●日本を含む世界各国の株式市場から優良銘柄を厳選し、分散投資を行ないます。
●個別企業分析は、世界の主要拠点のアナリストによる企業調査結果を活かした運用を行います。
●株式組入率は原則として高位を維持し、為替ヘッジは行いません。
●世界株式の代表的な株価指数であるMSCI ワールド・インデックスをベンチマークとしています。

●投資企業・エリア TOP5(2017年5月31日現在)
順位 銘柄 比率
1位 アップル 2.6%
2位 アルファベット 2.4%
3位 SAP 2.0%
4位 JPモルガン 2.0%
5位 マイクロソフト 1.8%
順位 エリア 比率
1位 アメリカ 52.1%
2位 日本 9.9%
3位 イギリス 5.5%
4位 ドイツ 4.9%
5位 スイス 3.9%
◆デメリット1:信託報酬が高い

信託報酬は税抜1.73%、これはインデックスファンドの約3倍という数字です。

また販売手数料に関しては証券会社によって0~税抜き3%と開きがありますので、可能な限り無料な会社を選んで購入した方が良いと思います。

◆デメリット2:ベンチマークとの対比

安定的に上昇はしていますが、日本を含む23ヶ国の先進国株の指数であるMSCIワールドインデックスと比較すると過去1年では勝っていますが3年基準だと劣っています。ただし、MSCIワールドインデックスを基準とするインデックスファンドは現状はありません。(2017年6月30日)

【信託報酬が高いのに、購入する人が多いのは何故?】

以下の過去チャートを見れば理由が分かると思います。階段を昇るように基準価格が上昇しており、リーマンショックの際も他のアクィブファンドと比べて下げ幅が小さかったと言われています。「コストは高いが、やるべき事はやっている」という事ですね!

フィデリティ・グローバル・ファンド(チャート)

参考までに、冒頭でリッパーファンド・アワードジャパン2017【株式型グローバル部門の最優秀賞】を受賞したと書きましたが、その評価期間は過去10年間のパフォーマンススです。

【楽天証券】楽天カード払いでポイントも貯まる!

楽天証券は、投資信託の取扱い本数・手数料無料のノーロード投信とも業界最多水準。さらに、最低買付金額が100円~と魅力的なサービスを展開しています

楽天証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

また、楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるのは、大きな話題となっており他社には無いメリットだと思います。(身銭を切らない投資として大評判)

ちなみに、管理人は2017年7月より楽天資産形成ファンドの積立を開始!スーパーポイントでの購入についても同ファンドを選択する予定です。

楽天証券 バナー



サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


注目の金融商品 《2020年版》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

今だけお得!限定キャンペーン

SMBC日興証券が必須の理由

(チャート分析ができなくてもOKです)

注目の金融商品 《2020年版》

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.