投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

世界経済インデックスファンド(株式シフト型)をFPが徹底解説!

リターンを追及 運用は専門家にお任せ!

世界経済インデックスファンドと言えば、株式:債券=50:50の比率で人気が高いファンドです。ただし、債券比率が高いと安定感はありますが、リターン期待は小さくなってしまいます。

そして「少しリスクが高くなっても、資産を増やす事を重視したい」という要望から生まれたのが、世界経済インデックスファンド(株式シフト型)です。

株式:債券=75:25にすることで、従来品よりも高いリターンが目指せるのが特徴です。また、投資エリアの配分はGDP比率を参考にしながら専門家が決定するので、ホッタラカシ運用で問題ありません。

参考までに、従来からある標準タイプ(株式:債券=50:50)と株式シフト型(株式:債券=75:25)の直近データを比較しました。基準日は2017年8月14日

●世界経済インデックスファンド(標準と株式シフト)の比較
タイプ 年初来 1年
50:50タイプ 5.11% 14.81%
株式シフト型 6.11% 18.43%

予想通りですが、株式シフト型の方がリターンが良い結果となりました。ただし、値動きの安定感では従来の50:50タイプの方が良い結果でした。それぞれにメリットがありますので個人の好みで選択してください。

 世界経済インデックスファンド(50:50)のメリットをFPが解説

世界経済インデックスファンド(株式シフト型)の特徴

◆世界各国のGDP比率を参考に株式、債券に分散投資

各国のGDP(国内総生産)に応じて日本・先進国・新興国の投資比率を決めています。下の図を見ると分かると思いますが、株式75%と債券25%の資産配分になっており、株式のリターン期待を重視した設計です。

※図は2016年12月の状況:三井住友トラストアセットマネジメントHPより抜粋

各国GDPも毎年少しずつ変化しますので、投資比率は原則年1回の見直しを行います。例えば2016年末には新興国の保有を減らして先進国の比率を高めるように比率の見直しが行われています。

●変更前
エリア 株式(75%) 債券(25%)
国内 7.5% 2.5%
先進国 41.3% 13.8%
新興国 26.3% 8.8%
●変更後
エリア 株式(75%) 債券(25%)
国内 7.5% 2.5%
先進国 45.0%(増加) 15.0%(増加)
新興国 22.5%(減少) 7.5%(減少)

上記のように市場動向等を鑑みて専門家の判断で見直しが行われます。“投資に割く時間が無い人”や“投資経験が浅い人”にとっては、メリットが大きいと思います。

◆長期運用を目的にしている

短期的に利益を求めるのではなく、債券でリスクを抑えながら株式リターンを重視した商品設計!資産運用というよりも“資産形成”という言葉の方が似合う商品だと思います。

「株式比率75%」となっており、基本型の「株式:債券=50%:50%」よりも高リターンが期待できます。その反面、債券が25%と少ない事で値動きの安定感は欠けています。

資産を増やす事を重視する人にとっては楽しみな設計です。

~ 積立投資のシミュレーション ~

世界インデックスファンド(株式シフト型)は商品設計から考えて、長期積立に向いている投資信託だと言われています。設定から3年程度なので明確には言えませんが、類似商品から推察すると年率で約5~10%を目指す設計だと思います。

積立の力を理解して貰う為に、「毎月5万円の積立をした場合」の結果をリターンに応じて予想してみました。
(期待収益率5%・7%・預金0.1%) 注意:数字は保障されていませんので目安程度に見てください。

期待収益率 10年後 20年後 30年後
リターン5% 776万 2055万 4161万
リターン7% 865万 2605万 6100万
預金0.1%(仮定) 603万 1212万 1827万
◆充実内容なのに驚きの低コスト

販売手数料:0%(大手ネット証券 以下参照)
※販売会社によっては、最大で3%(税抜)が取られますので注意
信託報酬:年率0.55%(税抜)
信託財産留保額:0.1%

これだけ多くのエリアに分散投資を行い、運用もホッタラカシでOKという点を考えるとコストは驚異的に低く抑えられいます。長期投資を継続する上でとても魅力的な水準と言えます。

販売会社:積立投資の比較 ※2017年10月7日現在

ネット4大証券であれば、どこからでも購入可能です。(若干条件に違いあり)
4社とも手数料が無料で500円以下から積立が可能ですので、お試し感覚でチャレンジできます。

会社名 販売手数料 最低買付額 積立の回数
カブドットコム証券 0円 500円 毎日でも可
マネックス証券 0円 100円 毎日でも可
SBI証券 0円 100円 毎日でも可
楽天証券 0円 100円 月1回
【ココに注目!】

楽天証券は楽天スーパーポイントで購入する事もできます(購入方法の紹介)。

カブドットコム証券マネックス証券SBI証券で積立の場合は、設定日が月1回に限定されていないので『月に5回、1日おき、毎日・・』など自由に設定ができます。(毎日積立【究極のドルコスト平均法】が可能)

《注目》カブドットコム証券の投資信託とETFが凄い!

投資信託で評価が高いのが、カブドットコム証券のプレミアム積立。少額投資や積立、銀行から直接引き落としができる利便性など魅力がいっぱい。さらに、この会社はETFで圧倒的に優位性がある点も注目です。

【積立投資とETFで注目される理由は?】 
投信の取扱い数は1000本以上で、そのうち約500本が販売手数料が無料のノーロード投信!“人気や評判が高い投資信託が揃っており満足度が高い品揃え”です。また、月に複数回の積立設定が出来る貴重な証券会社。

さらに、スポット投資で注目なのが手数料無料のフリーETFです。
このETFは本当に“使える”ので、まだ利用した事が無い人は積極的に活用した方が良いと思います。(非常にオススメ)

カブドットコム証券と言えば、優待取り(クロス取引)が有名ですが、投信とETFでも業界を代表する会社です。ネット証券の中でも格付けが最上位で、業界でも実力派として有名です。

カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

カブコムバナー




サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

注目の金融商品

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

注目の金融商品

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.