投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

4月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

  • HOME »
  • »
  • 4月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

4月は優待閑散期!高利回りの優待銘柄が隠れている穴場月か?

優待ピークの3月が終了後の4月は閑散期となります。しかし、実はキラッと光るような隠れた優待銘柄があるので注目して欲しい月です。大企業に目が行きがちですが、「グッドコムアセット」や「テンポスバスターズ」「ヤーマン」のような高利回り優待の銘柄もあるので穴場月かもしれません?

《いつまでに買えばいいの?》
2018年4月 株主優待の権利を得る為には4月24日(火)までの購入が必要です。
管理人が注目するのは、「金券系1社」「自社商品2社」と「食事券系2社」の合計5社です。
《2018年版》株主優待で得するのはどこ?証券会社の比較ランキング

【注意】株価データは2018年3月27日を基準(一部除く)としています。株価は日々変動しますので数値に関しては目安程度だとお考え下さい。

4月の優待銘柄~厳選ピックアップ~ 注目の5銘柄

●グッドコムアセット《東証2部・3475》権利月:4月末・10月末

金券等【事業内容】投資用ワンルームマンション
【必要最低株数】100株
【必要最小金額】177,900円
【優待利回り】2.25%
【配当利回り】1.41%

100株保有で2000円のクオカードが年2回もらえます。金券優待は非常に人気が高いのですが2017年10月から新設されたばかりなので知らない人も多いかも?増収・増益の企業で株価は右肩上がりです。

●ヤーマン《東証1部・6630》 権利月:4月末

【事業内容】家庭用美容、健康機器
【必要最低株数】100株
【必要最小金額】229,000円
【優待利回り】5.68%
【配当利回り】0.16%

100株保有で13,000円相当の自社商品「ミネラルエアースターターセット」が貰えます。(500株以上なら46,000円相当の自社商品)。事業の普及も兼ねて主力商品を優待として提供しており女性から人気が高い優待です。株式分割をおこなっており事実上の優待拡充で注目です。

●正栄食品工業《東証1部・8079》 権利月:4月末、10月末

【事業内容】 製パン・製菓用材料等の食品商社
【必要最低株数】100株
【必要最小金額】388,000円
【優待利回り】-%
【配当利回り】1.19%

100株保有で自社商品詰め合わせが貰えます。500株以上だと年2回で通販カタログ50%引きの特典もあります。昨年までは自社商品の詰め合わせは10月のみでしたが、昨年末から優待を拡充しており年2回になりました。

★株価変動を気にしないクロス取引に注目
優待クロス取引については、【カブドットコム証券 優待専用ページ】で詳しく解説しています。
各月の注目銘柄も紹介されているので、興味がある人は覗いてみてください。
注意:口座開設はコチラから申込めばキャンペー対象。(優待専用ページからだと対象外)
●東和フードサービス《ジャスダック・3329》 権利月:4月末、10月末

【事業内容】 外食チェーン
【必要最低株数】100株
【必要最小金額】182,300円
【優待利回り】1.10%
【配当利回り】0.52%

100株で優待食事券1000円分が年2回貰えます。椿屋をはじめとした高級喫茶、ダッキーダックが主力の外食チェーン。店舗は首都圏の東京・神奈川・千葉・埼玉が中心。関東地区に住んでいる人に魅力的な優待です。(株式を分割しており、事実上の優待拡充です)

●テンポスホールディングス《ジャスダック・2751》 権利月:4月末

【事業内容】中古厨房機器のリサイクル販売
【必要最低株数】100株
【必要最小金額】258,900円
【優待利回り】3.09%
【配当利回り】0.31%

100株で「あさくまグループ」を含む「自社協力企業様」の食事券8000円分が貰えます。リサイクル販売で有名ですが、飲食事業や外食事業も展開しています(ステーキのあさくまが有名)。
優待還元率が高いので長期保有している個人投資家もいます。新興市場という事もあり穴場的な銘柄

《pick up》株主優待のクロス取引に強い証券会社は?

株主優待では“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”「クロス取引」を利用する人が多くいます。この方法を実施するには一般信用売建の銘柄が必要になります。

この一般信用売建については各証券会社で取扱数に大きな差があります。

取扱い銘柄数が多い証券会社ほど有利ですので、参考として優待クロス取引で人気のネット4証券の比較を以下にまとめました。

優待の人気4証券 一般信用売建可能数の比較
2017年7月9日 カブドットコム証券 松井証券 SBI証券 楽天証券
一般信用売建可能数 約2100 約900 約700 約300

結果はカブドットコム証券が他社を大きくリード!株主優待ファンの間で“優待の必須証券”と噂されるのも納得です。管理人もカブドットコム証券を中心に優待クロス取引を実施しています。

★公式WEBサイトはコチラ⇒カブドットコム証券
期間限定キャンペーン実施中

株主優待 人気のネット4証券
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
カブドットコム証券
(詳しい内容)
松井証券
(詳しい内容)
SBI証券
(詳しい内容)
楽天証券
(詳しい内容)

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.