投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

「つみたてNISA」と「NISA」をFPが解説 どっちを選べばいいの?

  • HOME »
  • 「つみたてNISA」と「NISA」をFPが解説 どっちを選べばいいの?

NISA(つみたてNISA)って何ですか?

NISA(つみたてNISA)は上場株式や※投資信託等、に投資して得られた利益や配当金・分配金に対して税金が非課税になる制度です。
※「つみたてNISA」は基準をクリアした投資信託のみ

通常、上場株式や投資信託等では、利益や配当金・分配金に対し20.315%の税金が発生する仕組みとなっています、つまり10万円の利益が出た場合は約2万円の税金が差し引かれる事になります。
(10万-約2万=受け取りは約8万)

それに対して、NISA(つみたてNISA)を利用して10万円の利益が出た場合は、税金は引かれず10万円全てを受け取れるので、とても魅力的な制度を言えます。

以下の図で言えば、通常は税金が発生する配当・分配金(橙色)値上がり益(桃色)が、差し引かれる事無く丸々受け取れる事になります。

【出典 楽天証券ホームページより】

NISA(つみたてNISA)の取引はどんなに儲かったとしても、確定申告は行う必要がありません。そもそも、確定申告は税額を確定するために行うものですから、非課税のNISAは対象外となります。

また、この制度は通常の「NISA」と「つみたてNISA」の2種類があり、どちらか一つしか選択できません。“どっちを選択すべきか?”ついては以下で詳しく説明していきます。

尚、未成年でも利用できる「ジュニアNISA」もあります。
 なるほど!ジュニアNISA(ジュニアニーサ)

「NISA」と「つみたてNISA」は、メリットが違う!?

従来の「NISA」と「つみたてNISA」では運用期間、投資上限などに違いがあります。以下の表にまとめましたので確認してください。

NISA つみたてNISA
対象年齢 20歳以上 20歳以上
運用方法 スポット買付積立投資 積立投資
年間投資上限 120万 40万
対象商品 国内・海外株式、投資信託 基準をクリアした投資信託
非課税の期間 5年 20年
非課税対象 配当金・売却益 配当金・売却益
引出制限 制限なし 制限なし
金融機関変更 1年ごとに変更可 1年ごとに変更可

通常の「NISA」は株式投資も対象で年間投資額は120万まで可能!ただし非課税期間は5年と短いです。

それに対して「つみたてNISA」は運用期間は20年で長いのですが、年間投資額が40万円迄で購入できるのも投資信託に限定されています。

どちらを選択するかは個人の自由ですが、「迷っている・・」という話もよく耳にします。選択のヒントを書きましたので参考にしてみてください。

★「つみたてNISA」:老後資金の形成など、投資初心者にも易しい

「つみたてNISA」は年間投資額が40万で最長で20年間の非課税期間があります(最大800万まで投資可能)

また、購入できる投資信託については「長期投資に向いている商品」が厳選されているのが大きな特徴!つまり、知識が少ない初心者でも商品選択が簡単というメリットがあります。

また、過去20年の国際分散投資(積立)では、ほとんどの場合でプラスリターンになっていることから、長期の資産運用(老後資金の形成)を目指す人に向いています。

以下はネット証券「つみたてNISA」の取扱商品です。商品が決められているので、基本的に各社とも似通った内容となっています。

参考までに管理人は、楽天証券のつみたてNISAを選択しました。

楽天証券「つみたてNISA」 取扱い商品を一挙公開
SBI証券「つみたてNISA」 取扱い商品を一挙公開
マネックス証券「つみたてNISA」 取扱い商品を一挙公開

★通常の「NISA」:株式投資を中心に運用を考えている人

通常の「NISA」は、国内株式・外国株式・投資信託・ETFなど幅広い投資を選択する事が可能です。また、年間で投資上限額が120万と大きいので、投資のタイミングを自分で判断できる人にとっては非常に魅力的。

基本的には、株式投資(IPOや株主優待を含む)、ETF、外国株式に投資を検討している人には使い勝手が良い制度です。

また、株式投資ではSMBC日興証券のキンカブを利用すると無駄なくNISA枠を使い切る事ができます。

ただし、自分自身で商品選択や投資のタイミングを決める事になるので、ある程度の投資経験がある人に向いています。

投資信託にも投資ができますが、非課税期間が5年間と短いのは難点です。長期投資で安定リターンを望む人は「つみたてNISA」の方がよいでしょう。

【その他、NISA関連】
NISAに関するQ&A 注意事項
R&Iファンド大賞2017 NISA部門(つみたてNISAは対象外)

NISAでの注意点

NISAは全般的に投資家に有利な条件になっていますが、100%完璧というわけではありません。
期間が終了した時に、購入時よりも下落(マイナス)の時は、不利になるデメリットがあります。
 NISAは下落に弱い!?(デメリット)

配当金に関して、NISA口座で保有の上場株式等の配当金が非課税となるのは「株式比例配分方式」だけです。もしも、「登録配当金受領口座方式」や「配当金領収証方式」となっていると課税対象になりますので注意してください。(変更しましょう)

楽天証券 は「つみたてNISA」「NISA」の有力候補

投資信託の取扱い本数・手数料無料のノーロード投信とも業界最多水準。
R&Iファンド大賞2017 NISA部門で優秀賞に選出された楽天資産形成ファンドは、楽天証券の専売ファンドです。(管理人は積立投資を実践中)

2018年から開始の「つみたてNISA」は、買付の最低金額が100円~で毎日積立ができるので注目。

【詳細】楽天証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

さらに、楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるサービスは、“身銭を切らない投資”として大評判です。管理人は、このサービスがきっかけでメインカードを楽天カードに変更しました。

商品ラインナップも海外株式・FX・債券・純金積立など多岐にわたります。総合的な万能証券ですので会社選びで迷っている人やNISA口座を開設したいといったニーズにもシッカリ応えてくれる証券会社です。

楽天証券 バナー



その他、NISAの注目証券
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
ポイントが魅力・詳細
カブドットコム証券
投信積立とETFが人気
<
マネックス証券
初心者から好評・詳細

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.