投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

SBI FXトレード 口座開設のメリットをFPが解説

  • HOME »
  • »
  • SBI FXトレード 口座開設のメリットをFPが解説

SBI FXトレードが初心者に注目と言われるには理由あり!

「初心者に向いているFX会社は?」という質問に対して、「SBI FXトレード」の名前が頻繁に上がります。この理由は、‘1通貨単位からの取引’という業界最少レベルの取引きが可能な点があります。

1第一《管理人から見たSBI FXトレード》
FXで失敗するパターンの多くは、自分の取引スタイルを確立する前に大きな勝負をしてしまう事が原因です。この会社ならば、最初は100通貨程度から開始して実力に応じて1000通貨、3000通貨と増やしていけるので安心ですね。また、これ以外にも業界最高レベルの特徴を数多く持っているので初心者に限らず注目だと思います。
●FX業界を驚かせた1通貨からの取引

初心者に対して「習うより慣れろ」という言葉を聞くことがありますが、実際の話として繰り返し取引を行う事で投資のタイミングやコツのようなものを掴めるようになりますので、あながち間違っていないと思います。

ただし、FX会社の多くは最低取引単位が1万通貨からですので、最低証拠金として数万円が必要です。コツを掴むまでは失敗する取引は1~2回は誰もが経験するので、その場合は数万円~数十万の損失を被る可能性があるわけです。

基本的に取引に慣れるまでは、1000通貨くらいで取引する方が安心だと思います。その点ではSBI FXトレードの1通貨で取引可能という点は非常に魅力的です。例えば1米ドルが100円とした場合は“1通貨の取引に必要な証拠金はたった4円”ですから、気楽に挑戦する事が可能です。


出典元:SBIFX トレード、ホームページより


【大好評】初心者のための本気でFX!1級FP技能士の辛口アドバイス

驚愕のスプレッド!気になる手数料も業界最安レベルです。

FXではスプレッドという言葉が頻繁に使われますがが、これは為替レートでの「買値と売値の差」の事です。そして、これが事実上のFX会社への実質手数料となるので、スプレッドの差が狭い会社で取引をした方がコストが少なくてすむことになります。

上記では取引単位のメリットについて述べましたが、その結果として手数料が高くては意味がありません。しかし、SBI FXトレードで注目すべきところは、1万通貨取引までのスプレッドが驚くほど狭い(実質手数料が安い)のです。つまり取引単位が最少レベルですが手数料も最安レベルという事になります。

●SBI FXトレード 1万通貨取引:2016年10月6日現在
通貨ペア 1~1万通貨まで 1万1~50万通貨
米ドル/円 0.27銭 0.39銭
豪ドル/円 0.77銭 0.88銭

スプレッドの幅は各社で違いますが、米ドルで1万通貨であれば0.3銭~2円の幅に収まるイメージです。しかし、SBI FXトレードの米ドルを見ると0.27銭という常識外れの水準となっています。またFXで人気の豪ドルも最狭水準となっておりコスト面でも優位性が高い会社と言えます。

SBI FXトレード

長期でスワップポイントを狙う投資でも大活躍

FXでは“外貨を安く買って高く売る”という投資方法が人気ですが、もう一つのお楽しみが低金利の通貨で高金利国の通貨を買った場合に金利差から貰えるスワップポイント(2国間の金利差から得られる利益)です。

現在の日本は空前の超低金利ですので、日本円で高金利通貨を購入すればスワップポイントが日々貰えますので、それを目的に外貨を長期保有する人もいます(例:円で豪ドルを購入)。ただし、反対に高金利通貨で低金利通貨を購入した場合は、スワップポイントを支払う事になる点も忘れないでください。

このスワップポイントは、日々変動するので固定しているものではありません。またFX会社で微妙にスワップ金利に差がるので、この取引に注目している人はスワップポイントに強い会社で取引をするのが基本です。

SBI FXトレードは、このスワップポイントでも強みをもっており、2016年10月18日時点の豪ドル・NZドル・ランドの人気3通貨を主要14社で比較したところ、全ての通貨で3位以内となっていました。

●スワップスワップポイント 各社の比較:2016年10月6日時点
通貨ペア SBI FXトレード DMM.com証券 外為オンライン
豪ドル/円 30円 29円 20円
NZドル/円 42円 41円 25円
ランド/円 12円 12円 5円

公式サイトへどうぞ!

★長期安定志向の投資家向けの「積立FX」サービス

SBI FXトレードでは、長期安定志向の投資家向けに「積立FX」という他社には無いサービスがあります。これはFXのメリットを活かした銀行預金の代替的サービスで、非常に魅力的です。毎日少しずず外貨を積立ていけるので値動のリスクを抑えながら外貨投資をしたい人は注目だと思います。

実は管理人も、このサービスを利用して長期の外貨投資を行っています。外貨預金や外貨MMFと比較したページを作成していますので興味がある人は覗いてみてください。

【参考】積立FX(定期外貨取引)と他の外貨投資を比較

SBI FXトレードのデメリットは?

SBI FXトレードのデメリットを挙げるとすれば、取扱い通貨ペア数が12と他社よりも少ない点です。大手の通貨ペア数は20くらいあるので若干見劣りするのは間違いありません。

ただし、通常の取引で使用するのは5~6通貨ペアだと思います。20通貨ペアというのは相当マニアックなものも含まれているので、SBI FXトレードの12通貨でも充分すぎる印象です。

また、取引量が大きいとスプレッドが広がる点があります。前半のスプレッド表を見ると10万通貨だと1万通貨以下よりも広がっていますね。ただし、一般投資家の取引レベルならば1万通貨くらい迄が妥当な水準ですので神経質にならなくても良いと思います。

FX取引で生計を立てている人には、不満が残る部分もあるかもしれませんが、初心者から一般投資家が取引きをする事を想定した場合は、他社と比べて優位性は極めて高いと思います。

~SBI FXトレード に向いている人は?~

【こんな人は注目!?】
●FX初心者や取引経験が少ない人
●資金が少ない人や少額取引を希望している人
●安定志向の積立FXに興味がある人

【はじめての資産運用】限定キャンペーン実施中!

SBI FXバナー

SBI FXトレード紹介SBI FXトレード


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.