【銘柄スカウター】

もう迷わない
米国株の最強の無料分析ツールを徹底解説!

米国株に役立つ無料サイト!

米国株 注目の50銘柄

「米国株に興味を持っているのですが・・、情報が少なくて・・」こんな意見を持っている人が多いようです。

米国株の情報はインターネット等で調べれば見つかるのですが、日本株と比べてわかりづらいという印象はあります。

ここでは、米国株の個別銘柄をピックアップ!

優良銘柄と言われる「NYダウ30銘柄」、成長著しく話題の「注目株やIT関連株」、将来大化けの可能性もある「新興株」等を厳選して、企業情報をわかりやすく紹介しています。

銘柄の基本情報はもちろん、現在(決算速報)・過去(実績)・未来(目標株価)と、投資のヒントになる情報を集めていますので、参考にしていただければと思います。

また、個人投資家の保有が多い銘柄には人気を付けています。
注意:目標株価は半年を目処に更新しています。一部銘柄は決算速報・目標株価を記載していません。

米国株の注目銘柄をリストアップ

最初は米国投資の王道!NYダウです

米国株投資の基本と言えば、NYダウ工業30銘柄です。
大企業の安定性に加えて、成長性と高配当が期待できるのでベテランから初心者まで幅広い層から人気です。

NYダウは30年で14倍以上にもなった事から「一番儲かった銘柄?それはNYダウさ!」という会話が行われる事も!

関連NYダウへの投資が魅力!

NYダウ工業株30種の構成銘柄(2021年11月20日 現在)

~米国株が注目の4つの理由~

●理由1:「米国株に塩漬け無し」って本当?日本株との比較は驚きの結果
●理由2:米国株の魅力は高配当!30年以上の連続増配が50社もある
●理由3:米国経済が長期投資に向いている理由!人口推移が理想的
●理由4:米国株は日本でも身近な存在!資金が少ない人こそ注目です

S&P500+α 注目企業を厳選

S&P500は優良銘柄がいっぱい

NYダウに採用されていない銘柄にも、注目の銘柄がたくさんあります。

S&P500は米国の主要産業を代表する500社により構成されており、米国株式市場の時価総額の約80%をカバーしています。

その中から投資家の人気や注目が高い銘柄を選出しました。
※一部はS&P500対象外の銘柄

人気の優良株をS&P500+αから厳選


銘柄(コード)/業態
アマゾン(AMZN) インターネット関連 人気
レイセオン(RTX) 航空・宇宙
コストコ(COST) 会員制・倉庫型店
オラクル(ORCL) ソフトウェア
スターバックス(SBUX) コーヒーチェーン
AT&T(T) 通信 人気
ロッキード・マーチン(LMT) 軍事・防衛
アルファベット(GOOGL) ネット検索
メタ・プラットフォームズ(MVRS) SNS
マイクロン・テクノロジー(MU) 半導体
ディア(DE) 農業機械
ゾエティス(ZTS) 動物用医薬品



~売買のタイミングや人気銘柄について耳より情報!?~

●何月が買い・売り?下値はどこ?:米国株の投資データ!売買のチャンスはいつ?
●自動運転の注目銘柄は?:エヌビディアインテル
●円高になったら場合の良い方法は?:円高なんて恐くない!もしもの時の為替対策
●人気銘柄の配当利回り・リターン実績を紹介:米国株ランキング!人気ベスト10の実力は
●投資家から人気が高いETFは何?:海外ETFランキング!人気ベスト10の実力は?

大化け期待?話題の新興銘柄

潜在能力が高い銘柄をピックアップ

一攫千金の大化け株が多いのも米国株の魅力です。
ご紹介する新興成長銘柄は将来的には株価が数倍に成長する可能性を持っています。

ただし、反対に大きく値崩れする可能性もありますので10%の下げで損切りを行うなどのルールを徹底しましょう。

ディズニーは50年で株価が330倍!次の大化け銘柄は何?


銘柄(コード)/業態
サーモフィッシャー(TMO) 分析器・試薬
インテューイティブ・サージカル(ISRG) 手術ロボット
ネットフリックス(NFLX) ネット動画配信
スプランク(SPLK) データー分析
ツイッター(TWTR) ウェブの情報サービス


銘柄(コード)/業態
ぺイパル(PYPL) インターネット決済
エヌビディア(NVDA) 半導体・ゲーム 人気
ズーム・ビデオ(ZM) ビデオ会議人気
テスラ(TSLA) 電気自動車 人気
アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD) 半導体



【私の戦略】定期買付とスポット投資でリターンを目指す

私が米国株の投資で中心にしているのが連続増配株です。
財務内容が良好で安定成長が期待できる会社が多く含まれているのが魅力です。

2021年6月からは【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの定期買付もはじめました。

マネックス証券の 米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付) を利用しています。
※配当を自動的に再投資する事も可能

個別株ではジョンソン&ジョンソンアルファベットを購入しています。
また、2021年7月から新たにVISAの積立買付もスタートしました。

定期買付が基本戦略です

さらに、急落時を狙ったスポット買付も実施。

米国市場は年に1~2回は株価下落があるので、10~20%程度下がった時にまとめて購入するようにしています。

指値をして待つだけなのですが、この時に時間外取引も含めて設定しておくのがポイントです。
※マネックス証券は時間外取引ができる貴重な会社。

公式マネックス証券 詳細・口座開設

時間外取引だと通常の取引時間よりも安い株価になることがあるので、チャンスが大きく拡大します。

定期積立指値注文という単純な方法ですが、米国株だけで通算3500万円以上の利益が得られました。

堅い投資スタイルですが、基本を忠実に行う事が成功の近道だと考えています。

【最新版】米国株に強い証券会社

米国株や海外ETFは、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

手数料や銘柄数は3社とも横並びですが、取引条件については大きなバラツキがあります。

3証券の比較をしましたので、各社の違いを確認してみてください。

2022年版米国株取引で有利な証券会社は?ネット証券3社を徹底比較

米国株取引で人気が高いネット証券3社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
貸株サービスが魅力
マネックス証券
好条件オススメNO.1
楽天証券
海外ETFが豊富に揃う
サイト利用時の注意・免責事項

掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

米国株 注目の50銘柄

タイトルとURLをコピーしました