投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

米国経済が長期投資に向いている理由!人口推移が理想的

  • HOME »
  • »
  • 米国経済が長期投資に向いている理由!人口推移が理想的

人口推移は経済に大きな影響がある?

日本の人口が減っているというニュースを頻繁に耳にするようになりました。
「人口って投資と関係あるの?」という疑問があるとかもしれませんが、これは長期投資を行う上では非常に重要です。

アメリカのGDP(国内総生産)を確認すると、約70%が個人消費になっています。単純に考えて人口が増えれば個人消費は拡大していきますね。逆に減少すれば個人消費も減っていくと考えられます。

「人口の予測は、そのまま経済の予測と考えることができる!?」と言われるほどですから、長期投資を計画する際には、今後の人口推移を確認しておくことはとても大切です。

このページでは、「米国の人口推移の予想」を日本の予想と比較しながら紹介していきます。

米国は先進国の中で人口増加が続く異例の存在

米国の経済成長が続くと思われる理由の一つに人口が継続増加していく点が挙げられます。

日本は人口減少に歯止めが掛からない状況とは正反対です。ただし、人口減少が問題となっているのは日本だけではありません。ヨーロッパのドイツやスペインといった先進国でも人口減少が予想されています。

そんな先進国の中にあってアメリカの人口増加は異例の存在と言えます。

以下に国際連合の「世界の人口推計」の数字を参考にして、アメリカ・日本・ドイツの人口推移の予測を表にまとめました。各国の今後の状況を確認してみてください。

●アメリカ・日本・ドイツの人口予想(単位千人)
年代 アメリカ 日本 ドイツ
2010年 309,876 128,067 80,435
2020年 333,546 124,100 80,392
2030年 355,765 116,118 79,294
2040年 373,767 107,276 77,300
結果 人口増加 人口減少 人口減少

予想では、2010年から2050年までの間にアメリカは20%以上の人口増加となっています。それに対して、日本は16%以上の減少です。

シンプルに考えて、長期的な経済成長を考えた場合には、アメリカに大きなアドバンテージがあるのは言うまでもありません。

ちなみに、米国は現在3億強の人口ですが、2100年には4.6億人となると予想されています。日本が既に人口減少に転じているのはご存知の通りですが、人口が多いことで有名な中国も2030年がピークで、その後は急激な減少に転じていくと予想されています。

アメリカは若い世代が多い点でも有利

アメリカの経済成長を考える上で、人口増加という追い風がある国という点は理解できたと思います。そして、この人口においては更に大きなアドバンテージを持っています。

日本をはじめ、ヨーロッパ各国でも高齢化が大きな問題となっています。そんな中にあって、アメリカは若い世代が多い異例の国です。

普通に考えれば、若い世代が多い方がレジャーや生活などにお金を使ってくれますので、経済にとってはプラスになります。

以下に国際連合の「世界の人口推計」の数字を参考にして、アメリカ・日本・ドイツの2020年の中位年齢の比較表を作成しました。年齢を確認してみてください。

●アメリカ・日本・ドイツの中位年齢の予測(2020年)
年代 アメリカ 日本 ドイツ
2020年 38.6歳 48.9歳 47.4歳
結果 若年 高齢 高齢

米国のように人口増加が予想され、若い世代が多い国というのは本当に例外的な存在です。長期投資を行う人には非常に魅力的な市場だと思います。

※中位年齢は0歳から数えて真ん中の年齢です。平均年齢みたいなものだと思ってください。

 

今回は「米国経済が長期投資に向いている理由!人口推移が理想的」について紹介しました。米国投資を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

また、その他の魅力や米国投資をする際の証券会社を選ぶポイント、投資方法などは以下の項目で説明しています。興味がある人は覗いてみてください。

《米国株が注目される理由》
●混乱の相場でも右肩上がりを継続⇒「米国株に塩漬け無し」って本当?日本株との比較は驚きの結果
●高配当銘柄が多く長期保有に旨み⇒米国株の魅力は高配当!30年以上の連続増配が50社もある
《なるほど!?投資の参考資料》
●何月が買い・売り?下値はどこ?⇒米国株の投資データ!売買のチャンスはいつ?

 

米国株に強い証券会社は? ~管理人の投資方法~

米国株は、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

ただし、「時間外取引の有無」「指値期間の長さ」など、日本株の取引と比べて証券会社のバラツキが大きいのが実情です。(証券会社の選択は慎重に!)

★証券会社によって条件がこんなに違う!(2017年9月25日現在)
証券会社 手数料 銘柄数 指値期間 時間外取引
マネックス証券 安い 多い 90日間
SBI証券 安い 普通 15営業日 ×
楽天証券 安い 普通 当日限り ×

【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

≪参考≫ 管理人の投資方法

米国株は、NYダウのような優良大型株が10%程度下がった時にまとめて購入するようにしています(短期間の値動きは気にしない)。

購入後は、配当を貰いながらジックリ値上がりを待つだけです。こんな単純な方法ですが、ここ数年は数百万円の利益が続いており米国株のパワーを実感しています。

この投資方法で非常に役立っているのがマネックス証券の指値期間(90日)”です(他社と比べて指値期間が圧倒的に長い)。

【関連】 米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

米国株の取引は日本時間の深夜から早朝に行われますので、指値の有効期間が長い事はとても重要だと考えています。(自分の希望株価に指値をして、ジックリ待つだけでOK)

公式ページはコチラ⇒ マネックス証券

また、マネックス証券は米国株に関するレポートや無料オンラインセミナーが充実しているので、米国株の初心者や経験が浅い人には向いていると思います。


米国株取引が可能なネット証券
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
マネックス証券
好条件オススメNO.1
SBI証券
貸株サービスが魅力
楽天証券
海外ETFの本数が多い

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.