投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

【海外ETF】VOOやVT、VTIなどの買付手数料が実質無料!

【人気の米国ETF 】大手ネット証券で買付手数料が実質無料!

2020年1月より大手ネット証券(マネックス証券、SBI証券、楽天証券)で海外ETFの特定銘柄で手数料が実質無料になるサービスがスタート。

証券会社によって取扱銘柄が若干異なりますが、低コストで人気が高い バンガード社の3商品(VT、VOO、VTI) については共通です。

海外ETFに興味がある人や頻繁に取引をする人にとっては、買付コストが削減できるので大注目のサービスと言って良いでしょう。

以下では、最初に無料サービスを発表したマネックス証券のラインアップを紹介しています。

★コスト削減:米国株ニュース
マネックス証券為替手数料(買付時:円⇒米ドル)が無料です。
※2020年6月15日時点。

★マネックス証券【USA プログラム】

「USA(US etf Assist)プログラム(米国ETF買付応援プログラム)」はキャンペーン等の限定企画ではなく、基本的に継続サービスです。
※プログラムの内容は変更または中止となる場合があります。

プログラムのルールについて以下の通りです。

開始日 2020年1月2日(木)より
内容 買付手数料(税抜)を全額キャッシュバック
対象ETF 厳選9銘柄 ※ETF名と詳細は次の項目で紹介
手数料の返却 取引を行った日の翌月末までに、米ドルで外国株取引口座へ入金

【注意点】
・NISAでの取引は、本プログラムの対象外。
・他のキャンペーンと重複した場合は、対象外となることがあります。
・予告なく変更または中止となる場合があります。

次の項目では具体的に取扱い商品の内容について紹介します。

FPからワンポイント
【利用価値が高い嬉しいサービス】
「USAプログラム」の注目は、VT(世界分散)やVOO(米国株市場)といった 投資の主軸になる商品が対象 になっている点です。キャッシュバックは買付時のみですが、長期保有や永久保有に適した銘柄が多いので利用価値が高いサービスだと思います。
期間を分散して少額投資をする場合にもメリットが大きいですね。
マネックス証券の公式ページはコチラ

【USA プログラム】対象銘柄:2020年12月2日現在

「USA(US etf Assist)プログラム(米国ETF買付応援プログラム)」の対象ETFは9銘柄となっています。
※銘柄名をクリックすると、株価や配当利回りなどの詳細を確認できます。

バンガード社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF VT 全世界株式 47ヶ国で約8000銘柄
バンガード・S&P500ETF VOO S&P500 米国大型500社
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF VTI 米国市場の全体 約3500銘柄
ブラックロック社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
iシェアーズ・コア S&P 500 ETF IVV S&P500 米国大型500社
ストリート・グローバル・アドバイザーズ社 ティッカー 投資対象・概要
SPDR S&P500 ETF SPY S&P500 米国大型500社
ウィズダムツリー社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
ウィズダムツリー インド株収益ファンド EPI インド株式市場で利益の高い企業に投資
ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド DHS 配当利回りが高い米国株(400社以上)
ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド DLN 配当ありの米国の大型株(約300社)
ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド DGRW 配当ありの高成長・米大型株(300社)

人気が高いバンガード社のVT、VOO、VTIが対象となっているのは嬉しいですね。
 低コストなので長期運用 にもピッタリだと思います。

ウィズダムツリー社のEPIはインド投資では最有力候補と言われる商品。

DLNは毎月分配型で高配当ETFの中でも好成績となっています。
また、DGRWはS&P500を超える成績で隠れた実力派として注目されています。

今回のサービスはマネックス証券のオリジナルサービスになります。
口座を保有している人は、活用してみてください。

【休憩】米国株のヒント
モトリーフールの無料メルマガは米国から生情報が素早く翻訳されて配信されるので注目。
★米国株投資家から世界的な評価を得ている「Motley Fool」の日本法人です。
(管理人も貴重な情報源として活用しています)

モトリーフール 公式ページ

【参考】 管理人の海外ETFの投資方法

海外ETFは、VOOQQQなどの米国市場を対象としたETFを購入しています。

ザックリとした目安は10%程度下がった時にまとめて購入する感じです(指値をして待つだけ!買い急ぎは厳禁)。

購入後は、ホッタラカシで値上がりを待つだけです。こんな単純な方法ですが、ここ数年は米国株と合わせて数百万円の利益が続いています。

この方法で非常に役立っているのがマネックス証券の指値期間(90日)と逆指値”

さらに、株価上昇に応じて自動的に逆指値が切り上がる機能(トレールストップ)が利用できるので、事実上のホッタラカシ投資が可能です。

【活用例】 米国株は簡単!「売却タイミング」の悩みを1秒で解決する方法

余談ですが、マネックス証券では米国株で時間外取引ができます。
この時間帯に指値をしておくと、非常に安く購入できることがあるので注目です。

★マネックス証券の口座開設・詳細確認は以下からどうぞ

米国株表題

マネックス証券_米国株


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


海外ETF 注目の15銘柄

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

今だけお得!限定キャンペーン

SMBC日興証券が必須の理由

(チャート分析ができなくてもOKです)

海外ETF 注目の15銘柄

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.