SBI証券、米国株取引で人気の理由!デメリットは何?

ネット証券を徹底比較

SBI証券は国内株式個人取引シェアNo.1。
人気理由の一つとして幅広い取扱い商品があります。

大概の商品が水準以上であることから、どの取引でも一定の評価が得られる総合力の高さが魅力です。

近年では米国株取引にも注力しており、取引条件もどんどん改善されています。

このページでは、米国株取引においてSBI証券のメリット・デメリットを解説していきます。

米国株取引でSBI証券が評価される理由

ネット証券最大手ということもあり総合バランスが高いのが魅力。
投資信託なども強いので、口座を一つにまとめたい人にとっては有力な選択肢です。

ほとんどの取引で平均水準以上

米国株の参入は後発でしたが、時間経過でサービス内容が飛躍的に向上しています。

それでは、SBI証券で米国株を取引するメリットについて確認していきましょう。

メリット① 安い売買手数料!為替コストがお得(条件あり)

投資でリターンをあげるには、「安い時に買って高く売る」という当たり前の事を実践すれば良いだけです。

言葉で書くと簡単ですが、株式は予想できない動きをするので確実な方法はありません。

ただし、売買手数料であるコストに関しては自身の選択でコントロールできます。
SBI証券の売買手数料を確認してみましょう。
(2021年8月末時点)

売買手数料 最低~最高手数料
約定代金の0.495% 最小0$~最大22$

米国株の売買手数料については若干ですが日本株よりも割高です。
ただし、約定代金の0.495%は米国株取引では業界最安水準ですから充分な内容。

さらに、SBI証券の為替手数料でも注目点があります。

米国株の取引きは米ドルに交換して行われるので、その際に為替手数料が発生します。
SBI証券は、1ドルあたり25銭で一般的な水準です。

そしてここからが重要ポイントです。

住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金することで、為替手数料を4銭にすることが可能。

住信SBIネット銀行と連携しよう

為替手数料が4銭という水準は、他社と比較しても圧倒的に安い水準です。
少しでもコストダウンをしたい人にとっては注目ですね。

公式 SBI証券で 口座開設

特定の海外ETFに限り買付手数料が無料になる

米国口座を利用する人には、個別株だけでなく海外ETFの売買を目的にしている人もいると思います。
ETFは複数銘柄をパッケージにした商品ですので、初心者や経験が浅い人にも向いている商品。

SBI証券では11銘柄に限り買付手数料を無料としています。

基準日:2022年4月1日より
バンガード社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF VT 全世界株式 47ヶ国で約8000銘柄
バンガード・S&P500ETF VOO S&P500 米国大型500社
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF VTI 米国市場の全体 約3500銘柄
バンガード 米国情報技術セクターETF VGT 米国の技術情報セクター 約350銘柄
ブラックロック社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
iシェアーズ 米国不動産ETF IYR 米国リート市場
iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF AGG 米国投資適格債券市場全般
ストリート・グローバル・アドバイザーズ社 ティッカー 投資対象・概要
SPDR S&P500 ETF SPY S&P500 米国大型500社
SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF SPYD S&P500 配当利回り上位80銘柄
SPDRゴールド ミニシェアーズ トラスト GLDM 金地金の価格(LBMA金価格)に連動
Invesco社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF QQQ ナスダック100指数に連動
ウィズダムツリー社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
ウィズダムツリー インド株収益ファンド EPI インド株式市場で利益の高い企業に投資

【VOO】や【VT】、【QQQ】といった人気銘柄が含まれている点は注目です。

メリット② 貸株サービス(名称:カストック【Kastock】)

SBI証券は米国株の貸株サービスを実施している貴重な証券会社です。
国内株式では一般的ですが米国株で貸株に対応する証券会社はほとんどありません。

カストック【Kastock】は、保有している米国株式や海外ETFをSBI証券に貸し出すことで、貸し出した株式に応じた貸株金利を受取ることができるサービスです。

金利に関しては0.01%が中心ですが、銘柄によっては2%のケースもあります。
対象銘柄も2000以上と豊富にあるのが嬉しいですね。

もちろん、貸株中でも配当を受け取ることができます。

米国株や海外ETFを購入する投資家は、基本的に中長期保有を目的にしている人が多いので、SBI証券の貸株サービスに注目だと思います。

SBI証券

メリット③ 銘柄数が業界トップ水準!定期買付(積立)も可能

日本株は上場している銘柄であれば、どの証券からでも売買が可能です。
しかし、米国株は証券会社によって取引できる銘柄数に違いがあります。

SBI証券は米国株式(個別株)の取扱いは4500銘柄以上もあります。
もちろん業界トップ水準です。
基準日:2021年11月15日

アップルやマクドナルドなどの大型株に関しては、米国株を取扱っている証券会社ならばどこでも売買可能ですので問題ありません。

ただし、「中小型株」を狙っている人は、取引銘柄数が豊富な証券会社を選択した方が有利になります。

米国株・海外ETFの取扱い数は年々増加しており、今後も拡大してく可能性が高いと思います。

★米国株の定期買付に対応!

SBI証券では、米国株式を定期買付できるのも魅力です。

この積立機能についてはSBI証券マネックス証券が対応しています。
楽天証券は現状では積立設定ができませんので注意してください。

SBI証券では「設定株数」、あるいは「設定金額以内の単元株」を定期的に買付することが可能。

時間分散の堅い投資を行いたい人には便利なサービスです。

公式 SBI証券で 口座開設

SBI証券のデメリットって何?

米国株で魅力的なサービスを展開するSBI証券ですが、パーフェクトという事ではありません。

他のネット証券と比較して劣っている点もあるので、そこを確認してから検討するようにしてください。

リアルタイム株価は有料・注文方法が限定的

SBI証券の米国株取引において不満が多いのが、15分遅れで株価が配信される点です。
リアルタイム株価を見たい場合は1ヶ月あたり330円の追加料金が必要です。

尚、以下の条件を達成することで無料にすることが可能です。

【条件達成のお取引】
インターネット経由の注文で米国株式(米国ETF含む)の売買の約定が1回以上あること

ただし、以下の取引は条件達成から除外されます。
このハードルが少し高いです。

【無料条件対象外のお取引】
・米国ETFのNISA口座・ジュニアNISA口座の買付約定
・買付手数料無料の米国ETFの買付約定
・米国株式・ETF定期買付サービスによる約定

NISA、無料ETF、積立は対象外でした。

また、売買注文の種類は「成行」「指値」「逆指値」の3種類のみに限定
この点は、もう少し増やして欲しいですね。

「トレールストップ」があるといいのですが、残念ながら非対応です。

時間外取引ができない

米国株の取引き時間は、日本時間では22:30~翌5:00が通常タイム(夏時間)。
冬時間は23:30~翌6:00です)

基本期には、この時間内での値動きに対して売買が行われます。

ただし、米国株が大きく動くのは取引時間の前後で実施される決算発表の時間帯です。
この時間に取引ができるとチャンス拡大、リスク回避に役立ちます。

残念ながらSBI証券は時間外取引は不可となっています。

尚、マネックス証券は【リアルタイム株価は無料】【トレールストップ注文に対応】【時間外取引OK】なので、これらのデメリットが気になる人はそちらも検討してみてください。

関連マネックス証券、米国株取引で人気の理由!デメリットは何?

まとめ:魅力的な独自機能あり、今後のサービス向上も期待

SBI証券は米国株取引の手数料や銘柄数ではトップクラスの会社。

条件面においては完璧ではありませんが、一般の証券会社と比較すれば優位性は高く米国株取引の証券として及第点です。

また、貸株サービスなど他社に無いサービスがあるのは魅力。
サービス向上に前向きな会社なので、条件面の改善も大いに期待できそうです。

また、投資信託やIPO、信用取引、優待、債券など幅広い商品を取扱っており、証券会社を1つに絞りたい人には有力候補です。

~SBI証券に向いている人は?~

【こんな人は注目!?】
●米国株や海外ETFでコストを安く抑えたい人
●海外ETF・米国株の貸株を利用したい人
●米国の決算情報を早くしりたい人
●米国株以外の取引にも興味ある人
●証券会社を一つに絞りたい人

SBI証券の口座開設・詳細確認は以下からどうぞ!

SBI証券

【米国株3大ネット証券を徹底解説】

 マネックス証券
買付時為替手数料0円、時間外取引などメリットが多い。
配当再投資や積立が可能。

 SBI証券
米国株の貸株サービスができる証券会社。
定期買付(積立)が可能。

 楽天証券
超割コースなら手数料の1%がポイントバックされます。
総合口座の開設だけで良い。

【私の戦略】 長期投資向きのETFと優良個別株に投資

私が米国株の投資で重視しているのが「長期的には利益成長と株価は連動する」という王道的な考え方です。

海外ETFについては、【DGRW】ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンドを定期積立してます。

この銘柄はROA・ROEなどの収益性から利益(配当)の成長期待がある銘柄を選択しているのが特徴。

マネックス証券の米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付)を利用して積立しています。
※配当の自動再投資も可能。

尚、【DGRW】はマネックス証券では買付手数料が実質無料になるので、購入コストが削減できるのもメリットです。

個別株は以前からジョンソン&ジョンソンアルファベットを購入。
2021年7月から新たにVISAの積立買付もスタートしました。

定期買付が基本戦略です

さらに、急落時を狙ったスポット買付も実施。

米国市場は年に1~2回は株価下落があるので、10~20%程度下がった時にまとめて購入するようにしています。

指値をして待つだけなのですが、この時に時間外取引も含めて設定しておくのがポイントです。
※マネックス証券は時間外取引ができる貴重な会社。

時間外取引だと通常の取引時間よりも安い株価になることがあるので、チャンスが大きく拡大します。

公式マネックス証券 詳細・口座開設

定期積立指値注文という単純な方法ですが、米国株だけで通算3500万円以上の利益が得られました。

堅い投資スタイルですが、基本を忠実に行う事が成功の近道だと考えています。

注目 米国株は簡単!「売却タイミング」の悩みを1秒で解決する方法

【最新版】米国株に強い証券会社

米国株や海外ETFは、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

手数料や銘柄数は3社とも横並びですが、取引条件については大きなバラツキがあります。

3証券の比較をしましたので、各社の違いを確認してみてください。

2022年版米国株取引で有利な証券会社は?ネット証券3社を徹底比較

米国株取引で人気が高いネット証券3社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
貸株サービスが魅力
マネックス証券
好条件オススメNO.1
楽天証券
海外ETFが豊富に揃う
サイト利用時の注意・免責事項

掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

 期間限定:口座開設で2000円プレゼント 
手順は以下の3つだけです。
キャンペーンコード入力
②口座開設
③5万円入金で完了
※取引無しでも2000円が貰えます。
ネット証券を徹底比較
スポンサーリンク
kaoruをフォローする
米国株会社四季報

【発売中】2022年春夏号

はじめての資産運用
タイトルとURLをコピーしました