楽天証券、米国株取引で人気の理由!デメリットは何?

ネット証券を徹底比較

楽天証券は幅広い取扱い商品と楽天グループの連携でファンが多い証券会社。
新規の口座開設数も右肩上がりで勢いがあります。

また、トレーディングツールの「マーケットスピード」は最高レベルと評価する声があり、ベテラン投資家からも一目置かれる存在。

米国株においても手数料や取扱い銘柄では業界トップクラス。
サービス面もどんどん向上しています。

このページでは、米国株取引において楽天証券のメリット・デメリットを解説していきます。

米国株取引で楽天証券が評価される理由

楽天証券はネット証券では、SBI証券と並ぶ人気証券です。
幅広い金融商品と総合バランスが高いのが魅力。

また、楽天市場や楽天カード経由で投資に興味を持つ人が多いので、初心者を意識した設計になっています。

米国株の取引が簡単に始められます

一般的に米国株の取引スタートする時は、総合口座とは別に外国株式口座を開設が必要です。

楽天証券の場合は、総合口座を開設すれば米国株の取引が可能になります。
事務手続きが少ないのは、隠れたメリットですね。

ここからは、楽天証券で米国株を取引するメリットについて確認していきます。

メリット① 安い売買手数料!超割コースなら更にお得です。

投資でリターンをあげるには、「安い時に買って高く売る」という当たり前の事を実践すれば良いだけです。

言葉で書くと簡単ですが、株式は予想できない動きをするので100%確実な方法はありません。

ただし、売買手数料であるコストに関しては、自身の選択でコントロールできます。
楽天証券の売買手数料を確認してみましょう。
(2021年8月末時点)

売買手数料 最低~最高手数料
約定代金の0.495% 最小0$~最大22$

売買手数料については若干ですが日本株よりも割高です。
ただし、約定代金の0.495%は米国株取引では業界最安水準ですから充分な内容。

尚、米国株の取引きは米ドルに交換して行われるので、その際に為替手数料が発生します。
楽天証券は、1ドルあたり25銭で一般的な水準です。

そして注目は、楽天証券の独自サービスです。

米国株でも楽天ポイントが貯まります

国内株式の売買手数料については【超割コース】と【いちにち定額コース】の2つがあるのですが、海外取引が中心の人は【超割コース】がオススメです。

こちらはポイントを貯めながら取引するコースで、外国株(米国株)取引に対しても手数料の1%がポイントバックされます。
※大口優遇の条件をクリアすると還元率が2%にアップ

公式 楽天証券で 口座開設

特定の海外ETFに限り買付手数料が無料になる

米国口座を利用する人には、個別株だけでなく海外ETFの売買を目的にしている人もいると思います。
ETFは複数銘柄をパッケージにした商品ですので、初心者や経験が浅い人にも向いている商品。

楽天証券では9銘柄に限り買付手数料を無料としています。

コード 銘柄名
VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
VOO バンガード・S&P 500 ETF
VTI バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
SPY SPDR S&P 500 ETF
RWR SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF
GLDM SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト
AIQ グローバルX AIビッグデータ ETF
FINX グローバルX フィンテックETF
GNOM グローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF

VOO】や【VT】、【VTI】といった人気銘柄が含まれている点は注目です。

メリット② 銘柄数が業界トップ水準!

日本株は上場している銘柄であれば、どの証券からでも売買が可能です。
しかし、米国株は証券会社によって取引できる銘柄数に違いがあります。

楽天証券は米国株式(個別株)の取扱いは4500銘柄以上もあります。
もちろん業界トップ水準です。
基準日:2021年11月15日

アップルやマクドナルドなどの大型株に関しては、米国株を取扱っている証券会社ならばどこでも売買可能ですので問題ありません。

ただし、「中小型株」を狙っている人は、取引銘柄数が豊富な証券会社を選択した方が有利になります。

楽天証券は米国株・海外ETFの取扱い数が年々増加しており、今後も拡大してく可能性が高いと思います。

公式 楽天証券で 口座開設

メリット③ 指値の期間が90日間!逆指値機能も追加されました

楽天証券の指値期間は最長90日間です。

米国株は夜間に取引が行われるので、指値期間が長いのはメリットになります。

注文種類 指値有効期間
成行・指値・逆指値 90日間

更に、2021年から逆指値が注文方法に加わりました。

指値金額以下(以上)になったら売り(買い)」というリスク回避ができるので逆指値は重要。

米国株の場合はマーケットが深夜なので、逆指値をしておけば安心感が高まります。
また、米国株式でも「約定通知メール」のサービスが利用できるのも嬉しい点です。

楽天証券のデメリットって何?

米国株で魅力的なサービスを展開する楽天証券ですが、パーフェクトという事ではありません。

他のネット証券と比較して劣っている点もあるので、そこをシッカリと確認して口座開設の判断をするようにしてください。

リアルタイム株価は有料・注文方法が限定的

楽天証券の米国株取引において不満が多いのが、15分遅れで株価が配信される点です。
リアルタイム株価を見たい場合は1ヶ月あたり330円の追加料金が必要です。

また、売買注文の種類は「成行」「指値」「逆指値」の3種類のみに限定
この点は、もう少し増やして欲しいですね。

「トレールストップ」があるといいのですが、残念ながら非対応です。

時間外取引ができない

米国株の取引き時間は、日本時間では22:30~翌5:00が通常タイム(夏時間)。
冬時間は23:30~翌6:00です)

基本期には、この時間内での値動きに対して売買が行われます。

ただし、米国株が大きく動くのは取引時間の前後で実施される決算発表の時間帯です。
この時間に取引ができるとチャンス拡大、リスク回避にも役立ちます。

残念ながら楽天証券は時間外取引は不可となっています。
ここは改善して欲しい点ですね。

尚、マネックス証券は【リアルタイム株価は無料】【トレールストップ注文に対応】【時間外取引OK】なので、デメリットが気になる人はそちらも検討してみてください。

関連マネックス証券、米国株取引で人気の理由!デメリットは何?

まとめ:取引が分かりやすい!今後のサービス向上も期待できる

楽天証券は米国株取引の手数料や銘柄数ではトップクラスの会社。
操作も分かりやすく、初心者でもスムーズに取引を始めることができます。

条件面においては完璧ではありませんが、一般の証券会社と比較すれば優位性は高く米国株取引の証券として及第点です。

また、米国株取引の売買手数料に対して楽天ポイントが貯まるのは魅力。
サービス向上に前向きな会社なので、今後も条件面の改善が期待できそうです。

また、投資信託やIPO、信用取引、優待、債券など幅広い商品を取扱っており、証券会社を1つに絞りたい人には有力候補になります。

~楽天証券に向いている人は?~

【こんな人は注目!?】
●米国株でコストを抑えたい人
●楽天ポイントを貯めたい人
●操作の分かりやすさを重視する人
●米国株以外の取引にも興味ある人
●証券会社を一つに絞りたい人

楽天証券の口座開設・詳細確認は以下からどうぞ


【米国株3大ネット証券を徹底解説】

 マネックス証券
買付時為替手数料0円、時間外取引などメリットが多い。
配当再投資や積立が可能。

 SBI証券
米国株の貸株サービスができる証券会社。
定期買付(積立)が可能。

 楽天証券
超割コースなら手数料の1%がポイントバックされます。
総合口座の開設だけで良い。


タイトルとURLをコピーしました