米国株(外国株)のデメリット

米国株投資を行うにあたって、日本株投資を行う時よりも注意すべき点があります。
メリットだけでなくデメリットもしっかり理解した上で投資を行うようにしてください。

【PR】米国株を学べる講座
マネックス証券の投資教育部門が【ゼロから学べる「米国株コース」】を開講。
米国株投資や銘柄選びなどが体系的に学べます(講師は岡元 兵八郎氏など)

体験談 管理人が受講した感想はコチラ

●企業の情報にタイムラグがある

外国株は情報収集という点で苦労します。ここで勘違いして欲しくないのは情報が少ないという意味ではありません、情報入手にタイムラグがあるということです。

証券会社等では米国株の情報は日本語に訳して発信しています。
その作業時間が必要な事から企業の速報的な情報に関しては入手が難しいと考えてください。

NYダウ《管理者のヒトリゴト》
NYダウに採用されている30銘柄であれば、日本株と同レベルの情報収集が可能だと思います。大企業でありながら株価の上昇率や配当利回りが高いので、管理人は投資の最有力候補としています。【参考】NYダウへの投資が魅力!

●為替リスクがある

米国株に関しては、株価の値動きに加えて為替変動の影響も受けます。基本的に円高になれば為替損が、円安になれば為替益が発生します。
つまり株価下落と円高が重なった場合は、予想以上にマイナスになる可能性があるわけです。

【知ってると安心?:円高なんて恐くない!もしもの時の為替対策

ただし長期的には円安傾向と言われていますので、予想通りに為替が動くならば為替益が期待されますので、メリットとして考えている人も多いと思います。

●売買手数料が高い

日本株式の場合は、ネット証券ならば最低手数料が100円程度の会社もあります。しかし米国株に関しては最低手数料が数千円の会社も多いのが現実です。

マネックス証券 SBI証券 楽天証券
約低代金の0.45% 最低5ドル~
(上限は20ドルまで)
約低代金の0.45% 最低5ドル~
(上限は20ドルまで)
約低代金の0.45% 最低5ドル~
(上限は20ドルまで)

米国株を取り扱う大手ネット証券3社は業界でも最安水準の手数料です。ただし取引条件は大きく異なっているのでシビアに判断する必要があります。

【参考:米国株取引 ネット証券を徹底比較

《補足説明》

速報的な情報を得ることが難しい点や手数料が割高な事を考えると、デイトレードのような短い取引には向きません。こういったデメリットを埋めるには、中長期的に保有して値上がり益や配当をしっかり得ていく戦術の方が良いと思います。

【注目】米国株の魅力は高配当!30年以上の連続増配が50社もある

【私の戦略】定期買付とスポット投資でリターンを目指す

私が米国株の投資で中心にしているのが連続増配株です。
財務内容が良好で安定成長が期待できる会社が多く含まれているのが魅力です。

2021年6月からは【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの定期買付もはじめました。

マネックス証券の 米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付) を利用しています。
※配当を自動的に再投資する事も可能

個別株ではジョンソン&ジョンソンアルファベットを購入しています。
また、2021年7月から新たにVISAの積立買付もスタートしました。

定期買付が基本戦略です

さらに、急落時を狙ったスポット買付も実施。

米国市場は年に1~2回は株価下落があるので、10~20%程度下がった時にまとめて購入するようにしています。

指値をして待つだけなのですが、この時に時間外取引も含めて設定しておくのがポイントです。
※マネックス証券は時間外取引ができる貴重な会社。

公式マネックス証券 詳細・口座開設

時間外取引だと通常の取引時間よりも安い株価になることがあるので、チャンスが大きく拡大します。

定期積立指値注文という単純な方法ですが、米国株だけで通算3500万円以上の利益が得られました。

堅い投資スタイルですが、基本を忠実に行う事が成功の近道だと考えています。

【最新版】米国株に強い証券会社

米国株や海外ETFは、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

手数料や銘柄数は3社とも横並びですが、取引条件については大きなバラツキがあります。

3証券の比較をしましたので、各社の違いを確認してみてください。

2022年版米国株取引で有利な証券会社は?ネット証券3社を徹底比較

米国株取引で人気が高いネット証券3社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
貸株サービスが魅力
マネックス証券
好条件オススメNO.1
楽天証券
海外ETFが豊富に揃う
サイト利用時の注意・免責事項

掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

タイトルとURLをコピーしました