「米国株に塩漬け無し」って本当?日本株との比較は驚きの結果

米国株の魅力

株価の上昇局面ではマーケットで、こんなことが頻繁に囁かれます。
「一番儲かった銘柄は何・・?」、「それはNYダウさ!」

これは米国相場の強さを象徴するような会話ですが、決して軽口の冗談ではありません。

実際に100年以上にも渡って高い上昇率を継続しており、米国投資を行っていた人の多くが資産を何倍にも増やしています。

このページでは「米国株の上昇力、日本株との比較、資産形成に向いている理由」について詳しく説明していきます。

30年でNYダウは13倍以上!日本株は・・

株式市場の過去を振り返ると、その時代ごとに主役が入れ替わっています。

新興国、ヨーロッパ、そして日本が主役だった事もあります。ただし、いずれも浮き沈みが激しく維持することができません。

そんな中にあって、例外とも言えるのが米国市場です。
過去50年の株価を見ても、どこの地点でNYダウを買っても利益が出ていることになります。
基準日:2021年11月

「米国株に塩漬け無し!」と言われる事がありますが、決して誇張した話ではありません。世界中の主要国の中で、これほど強く上昇を継続している国は他に類がありません。

以下に日本株との比較表を記載しましたので、そのパフォーマンスの違いを確認して下さい。現在、多くの投資家が米国株に注目していますが、その理由がハッキリと分かると思います。

過去の日経平均株価とNYダウの比較

次期 日経平均株価 NYダウ
1990年 3万8921円 2590ドル
2000年 1万3875円 1万0787ドル
2010年 1万0228円 1万1577ドル
2015年 1万9033円 1万7425ドル
2021年8月末 2万8089円 3万5360ドル
結果 株価不安定・90年より28%下落 堅調に上昇・90年から株価13.6倍

日米比較の結果は一目瞭然ですね。

計算上で言えば、約30年前に日経平均株価に投資した場合は現在でも含み損を抱えている状態。

それに対して米国株(NYダウ)に投資していれば13倍以上になっています。

NYダウは長期で右肩上がりです。

また、日経平均株価の値動きが不安定な事に対して、NYダウは階段を登るように上昇しているのがわかると思います。

【PR】米国株を学べる講座
マネックス証券の投資教育部門が【ゼロから学べる「米国株コース」】を開講。
米国株投資や銘柄選びなどが体系的に学べます(講師は岡元 兵八郎氏など)

体験談 管理人が受講した感想はコチラ

「急落したら・・」米国市場の魅力は回復力

日本株を保有している人の中には、バブル崩壊の痛手を引きずって塩漬け株(含み損)を抱えている人も多いのが現状です。

それに対して米国株では「塩漬け株」という話は無縁。

日本でバブル崩壊があったように、米国でもITバブル崩壊やリーマンショックなどの危機はありましたが、驚くような短期間で株価が回復して最高値を更新し続けています。

【2000年~2014年】低迷の日本、上昇する米国
※2000~2002年ITバブル崩壊 2007~2009年リーマンショック

過去のデータを調べると、大きな危機があった時に日本株は回復をするまでに相当な時間を費やす傾向が見てとれます。

それに対して、米国株の回復力は非常に速いのが特徴です。

米国株が資産形成に向いているという理由は、株価の成長力だけではありません。
危機の時の回復力があるからこそ長期の運用として注目されているのです。

今後も上昇期待が大きい米国経済

日本は少子高齢化や人口減少という問題がありますが、アメリカ反対で若い世代が多く今後も人口増加が続くと予想されています。

先進国でこのような状況にある国は極めて稀で、経済成長に対してアドバンテージを持っている事になります。

経済成長に有利な土台があります。

多くの専門家が「米国は今後も成長!?」と口にする理由には、アメリカが長期的に経済上昇の要素があるからです。

投資というと「日本株」のイメージですが、「米国株」という将来期待が高い選択肢があることも頭に入れておいて欲しいと思います。

今回は「米国株の上昇力、日本株との比較、資産形成に向いている理由」について紹介しました。米国投資を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

また、その他の魅力や米国株の銘柄については以下の項目で説明しています。
興味がある人は覗いてみてください。

米国株のヒント

【私の戦略】 長期投資向きのETFと優良個別株に投資

私が米国株の投資で重視しているのが「長期的には利益成長と株価は連動する」という王道的な考え方です。

海外ETFについては、【DGRW】ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンドを定期積立してます。

この銘柄はROA・ROEなどの収益性から利益(配当)の成長期待がある銘柄を選択しているのが特徴。

マネックス証券の米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付)を利用して積立しています。
※配当の自動再投資も可能。

尚、【DGRW】はマネックス証券では買付手数料が実質無料になるので、購入コストが削減できるのもメリットです。

個別株は以前からジョンソン&ジョンソンアルファベットを購入。
2021年7月から新たにVISAの積立買付もスタートしました。

定期買付が基本戦略です

さらに、急落時を狙ったスポット買付も実施。

米国市場は年に1~2回は株価下落があるので、10~20%程度下がった時にまとめて購入するようにしています。

指値をして待つだけなのですが、この時に時間外取引も含めて設定しておくのがポイントです。
※マネックス証券は時間外取引ができる貴重な会社。

時間外取引だと通常の取引時間よりも安い株価になることがあるので、チャンスが大きく拡大します。

公式マネックス証券 詳細・口座開設

定期積立指値注文という単純な方法ですが、米国株だけで通算3500万円以上の利益が得られました。

堅い投資スタイルですが、基本を忠実に行う事が成功の近道だと考えています。

注目 米国株は簡単!「売却タイミング」の悩みを1秒で解決する方法

【最新版】米国株に強い証券会社

米国株や海外ETFは、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

手数料や銘柄数は3社とも横並びですが、取引条件については大きなバラツキがあります。

3証券の比較をしましたので、各社の違いを確認してみてください。

2022年版米国株取引で有利な証券会社は?ネット証券3社を徹底比較

米国株取引で人気が高いネット証券3社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
貸株サービスが魅力
マネックス証券
好条件オススメNO.1
楽天証券
海外ETFが豊富に揃う
サイト利用時の注意・免責事項

掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

 期間限定:口座開設で2000円プレゼント 
手順は以下の3つだけです。
キャンペーンコード入力
②口座開設
③5万円入金で完了
※取引無しでも2000円が貰えます。
米国株の魅力
スポンサーリンク
kaoruをフォローする
米国株会社四季報

【発売中】2022年春夏号

はじめての資産運用
タイトルとURLをコピーしました