アルファベット(GOOGL) インターネット検索の世界首位

米国株 注目の50銘柄

・決算速報、株価、配当利回り、配当利回り、PER、リターン状況などを紹介しています。
・目標株価の確認、過去の業績、S&P500との比較もできます。

【ティッカー:GOOGL】【セクター:通信サービス】
1998年に創業 決算12月

1998年に創業したグーグルの持ち株会社。
2015年に持株会社に移行して現在の社名Alphabetになりました。
(GoogleとGoogleが所有していた複数企業の親会社として設⽴)

検索エンジンで有名な会社ですが、現在はグーグルマップやGmailなどサービスは多岐にわたります。また買収した傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」も主力である広告収入のプラス材料。某マーケティング会社の調査では、モバイル検索の95%はグーグルが占めているという話もあり検索分野では圧倒的な存在です。

広告収入が柱ではありますが、新規事業として自動運転やクラウド分野にも積極投資を行っています。また新型端末のスマホ「ピクセル」などハード面の開発・販売も進めています。

地図、メール、クラウド、音楽、ゲーム、動画など幅広いネットサービスを提供しています。
営業利益率は25%~30%程度。

主要インデックスで、この企業が含まれるのは?
NYダウ S&P500 ナスダック100
採用状況 ×
関連ETF DIA VOO QQQ

決算速報・目標株価・過去の実績

【2021年10月26日発表 7-9月期決算】

勢いが止まりません

●1株利益は27.99ドルで市場予想の23.48ドルを圧倒。
●売上高は41%増の651億ドルで市場予想633億ドルより強い。
●広告事業は598億ドルで市場予想より強い。
●「ユーチューブ」の広告収入が43%増。
●グーグルクラウドは前年48%増加(予想と一致)。

目標株価・配当利回り:基準日2022年1月20日

株価 1年/最高値 目標株価
2,666.15$ 3,019.33$ 3,300~3,330$
PER 配当利回り 1年リターン
30.33倍 -% 41.81%

・目標株価はアナリスト等が提示するものを、任意抽出して平均・最頻値から勘案。
・配当利回りは直近配当から計算しており、今後を保証するものではありません。
・個別株のデータは情報提供が目的で、売買を推奨するものではありません。
・いずれも独自考察・調査の為、正確性は保証されていません。

米国市場の基準 S&P500の状況は?

S&P500の予想PER・配当利回り・1年トータルリターン。
投資のヒントにしてください。

予想PER 配当利回り 1年リターン
20.1倍 1.38% 16.1%

基準日:2022年1月21日

過去の実績データ

年度 売上高(100万$) 営業益(100万$) 1株利益($) 1株配当($)
2017年12月 110,855 28,914 18.00
2018年12月 136,819 32,595 43.70
2019年12月 161,857 36,482 49.16
2020年12月 182,527 41,224 58.61

当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。提供している情報によって不利益を被ることがあっても当方は一切の責任を負いません。

【私の戦略】定期買付とスポット投資でリターンを目指す

私が米国株の投資で中心にしているのが連続増配株です。
財務内容が良好で安定成長が期待できる会社が多く含まれているのが魅力です。

2021年6月からは【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの定期買付もはじめました。

マネックス証券の 米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付) を利用しています。
※配当を自動的に再投資する事も可能

個別株ではジョンソン&ジョンソンアルファベットを購入しています。
また、2021年7月から新たにVISAの積立買付もスタートしました。

定期買付が基本戦略です

さらに、急落時を狙ったスポット買付も実施。

米国市場は年に1~2回は株価下落があるので、10~20%程度下がった時にまとめて購入するようにしています。

指値をして待つだけなのですが、この時に時間外取引も含めて設定しておくのがポイントです。
※マネックス証券は時間外取引ができる貴重な会社。

公式マネックス証券 詳細・口座開設

時間外取引だと通常の取引時間よりも安い株価になることがあるので、チャンスが大きく拡大します。

定期積立指値注文という単純な方法ですが、米国株だけで通算3500万円以上の利益が得られました。

堅い投資スタイルですが、基本を忠実に行う事が成功の近道だと考えています。

【最新版】米国株に強い証券会社

米国株や海外ETFは、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

手数料や銘柄数は3社とも横並びですが、取引条件については大きなバラツキがあります。

3証券の比較をしましたので、各社の違いを確認してみてください。

2022年版米国株取引で有利な証券会社は?ネット証券3社を徹底比較

米国株取引で人気が高いネット証券3社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
貸株サービスが魅力
マネックス証券
好条件オススメNO.1
楽天証券
海外ETFが豊富に揃う
サイト利用時の注意・免責事項

掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

タイトルとURLをコピーしました