【銘柄スカウター】

もう迷わない
米国株の最強の無料分析ツールを徹底解説!

米国株に役立つ無料サイト!

海外ETF 注目の15銘柄

米国市場の取引高のうちETFの割合は約4割も占めています。
この理由は、低コストで内容が充実している点があります。

海外ETFのバリエーションは日本市場とは比較にならないほど多く、地域別・セクター別、債券、コモディティ市場等に投資することが可能です。

米国投資を始める理由に「海外ETFを買いたい」という意見が多いのも当然と言えますす。

米国市場には数千本以上のETFが上場されています。ここではその中から、日本の投資家や専門家から人気・評価が高い銘柄に絞って紹介します。

またETFは細かい情報収集が不要という点では投資初心者の人もチャレンジしやすい商品。

投資の神様と呼ばれる「ウォーレン・バフェット氏」が、自分の遺産をバンガード・S&P500ETF(VOO)で運用する事を妻に勧めたのは有名な話です。

投資家・専門家から評価が高い「注目の15銘柄」

海外ETFは数千種類もあるので、何を選んだらいいのか不安ですよね。そんな人は、以下の銘柄を参考にしてみてください。個人投資家は勿論ですが、専門家からも評価が高いETFを各分野ごとに厳選しました。

マークが付いている銘柄は、個人投資家から人気が特に高い銘柄になります。
それ以外で管理人が注目している銘柄にはマークを付けています。

◆分散投資で大人気!世界中の株式を購入

VT】 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
世界中の大・中・小企業の株式に投資。投資先は47ヶ国で約8,000銘柄です。
IOO】 iシェアーズ グローバル 100 ETF
世界中の大型株100社が投資対象。世界優良銘柄に厳選したい人は注目。
VWO】 バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
新興国22ヶ国(中国・台湾・ブラジル・インド・南アフリカ等)の大型株と中型株に投資。

◆人気の米国市場!NYダウやS&P500など

DIA】 ダウ工業平均 ETF
世界一有名な指数であるNYダウに連動するETF。財務が健全な30銘柄で構成。
VOO】 バンガード・S&P500ETF
バフエッともすすめる?低コストで有名なバンガード社のS&P500指数のETF。
VTI】 バンガード トータル・ストック・マーケットETF
米国株式市場の銘柄(大型・中型・小型株)のほぼ100%をカバーしています。

◆利回りが高い!分配金に注目したETF

VYM】 バンガード 米国高配当株式 ETF
高配当の米国株に投資します。低コストでバランスも良い人気のETFです。
SPYD】 SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF
S&P500銘柄の高配当上位80社に均等配分で投資。人気上昇中。
VIG】 バンガード・米国増配株式ETF
10年以上連続して増配実績のある銘柄に投資。長期的に好成績!

◆驚愕の実績、ITセクター・ナスダックに投資

VGT】 バンガード 米国情報技術セクターETF
米国の大型・中型・小型の情報技術セクター銘柄で構成 銘柄数は350以上
QQQ】 インベスコQQQトラスト・シリーズ1
ナスダック100指数に連動するETF。情報・消費財を中心に投資(金融ナシ)

◆レバレッジ型ETF(中級者以上/ハイリスク)

SPXL】 Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF
S&P500インデックスの1日あたり3倍の値動き!2019年は1年間で約2倍のリターン。
TECL】 Direxion デイリーテクノロジー株ブル3倍 ETF
ハイテクセクターの1日あたり3倍の値動き!2019年は1年間で約3倍のリターン。

◆安定感が魅力!米社債・優先株式への投資

BND】 バンガード・米国トータル債券市場ETF
米国政府の債券が60%超!低コストと安定性が魅力のETF
PFF】 iシェアーズ 優先株式&インカム証券ETF
米国企業を中心とする優先株に投資します。配当利回りの高さで注目のETF。

★ちょっと余談
【VTとVYM、VOO、VIGの指値価格は?】
以下の4ETFについて管理人の指値価格を毎月公開しています。

・バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
・バンガード 米国高配当株式 ETF(VYM)
・バンガード・S&P500ETF(VOO)
・バンガード・米国増配株式ETF(VIG)

✅ 海外ETF 今月の指値価格
※推奨ではありません。投資判断はご自身で行ってください。


まだまだ、あります!専門家・投資家が注目するETF

前半では海外ETFで定番的な存在のETFを紹介しました。ただし、海外ETFの数千もあるので魅力な商品は他にもたくさんあります。

以下では、手数料が無料のETFやセクター別のETFなどを紹介します。

定番的なETFよりも高い実績のETFや、新興国の注目地域(インドなど)への投資ができるETFもあるので、ぜひ確認してみてください。

関連 海外ETFランキング!人気ベスト10の実力は?

《大手ネット証券が、人気ETFの買付手数料を無料化》

大手ネット証券3社(マネックス証券・SBI証券・楽天証券)で特定の銘柄に限り買付手数料の無料化を発表しました。

人気が高い VOOやVT、VTIが対象 となっているので注目です。
(2020年1月よりサービス開始)

以下は、マネックス証券の買付手数料が実質無料のリスト。
※証券会社によって若干内容が違いますがVT・VOO・VTI・SPYは3社共通

バンガード社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF VT 全世界株式 47ヶ国で約8000銘柄
バンガード・S&P500ETF VOO S&P500 米国大型500社
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF VTI 米国市場の全体 約3500銘柄
ストリート・グローバル・アドバイザーズ社 ティッカー 投資対象・概要
SPDR S&P500 ETF SPY S&P500 米国大型500社
ブラックロック社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
iシェアーズ・コア S&P 500 ETF IVV S&P500 米国大型500社
ウィズダムツリー社 銘柄名 ティッカー 投資対象・概要
ウィズダムツリー インド株収益ファンド EPI インド株式市場で利益の高い企業に投資
・ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド DHS 配当利回りが高い米国株(400社以上)
ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド DLN 配当ありの米国の大型株(約300社)
ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド DGRW 配当ありの高成長・米大型株(300社)

《その他 注目のETF》

HYG】 iシェアーズ IBoxx 米ドル建てハイ・イールド社債
米ドル建て高利回り社債市場に投資します。高い配当利回りが特徴です。
HDV】 iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF
高配当の優良銘柄75社で構成。財務状況や支払い能力も銘柄選定の基準。
IYR】 iシェアーズ 米国不動産ETF
ベンチマークはダウ・ジョーンズ米国不動産インデックスです。
VHT】 バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF
米国のヘルスケア・セクターの大型株、中型株、小型株に投資するETF。
VPU】バンガード・米国公益事業セクターETF
電力・ガス・水道などの公益企業に投資。ディフェンシブの代表的な存在。
VGK】 バンガード FTSE・ヨーロッパETF
ヨーロッパ先進国の大型・中型株に投資します。国別では英国の25%がトップ。

【私の戦略】 定期買付とスポット投資でリターンを目指す

私が米国株の投資で中心にしているのが連続増配株です。
財務内容が良好で安定成長が期待できる会社が多く含まれているのが魅力です。

2021年6月からは【VIG】バンガード・米国増配株式ETFの定期買付もはじめました。

マネックス証券の 米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付) を利用しています。
※配当を自動的に再投資する事も可能

個別株ではジョンソン&ジョンソンアルファベットを購入しています。
また、2021年7月から新たにVISAの積立買付もスタートしました。

定期買付が基本戦略です

さらに、急落時を狙ったスポット買付も実施。

米国市場は年に1~2回は株価下落があるので、10~20%程度下がった時にまとめて購入するようにしています。

指値をして待つだけなのですが、この時に時間外取引も含めて設定しておくのがポイントです。
※マネックス証券は時間外取引ができる貴重な会社。

公式マネックス証券 詳細・口座開設

時間外取引だと通常の取引時間よりも安い株価になることがあるので、チャンスが大きく拡大します。

定期積立指値注文という単純な方法ですが、米国株だけで通算3500万円以上の利益が得られました。

堅い投資スタイルですが、基本を忠実に行う事が成功の近道だと考えています。

【最新版】米国株に強い証券会社

米国株や海外ETFは、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

手数料や銘柄数は3社とも横並びですが、取引条件については大きなバラツキがあります。

3証券の比較をしましたので、各社の違いを確認してみてください。

2022年版米国株取引で有利な証券会社は?ネット証券3社を徹底比較

米国株取引で人気が高いネット証券3社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
貸株サービスが魅力
マネックス証券
好条件オススメNO.1
楽天証券
海外ETFが豊富に揃う
サイト利用時の注意・免責事項

掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

海外ETF 注目の15銘柄

タイトルとURLをコピーしました