投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

【VPU】バンガード・米国公益事業セクターETF

米国の公益事業セクターの大型株、中型株、小型株に投資

【ティッカーシンボル:VPU】 設立2004年

MSCI USインベスタブル・マーケット・公益事業25/50インデックスと同等の投資成果をあげることを目指しています。

銘柄数は約65銘柄で上位10社で過半数を占めます。
電力・ガス・水道などの公益企業は業績が景気に左右されずらいのが特徴(ディフェンシブ銘柄)

類似ETFにはXLUとIDUがありますが、経費率が低いのはVPUです。

 参考:VPU・XLU・IDUの比較 ,
基準:2020年9月29日(コロナショックで原油急落)

ETF名(銘柄数) 年率リターン/5年 経費率
VPU:バンガード・米国公益事業セクターETF(約65) 10.4% 0.10%
XLU:公益事業セレクトセクターSPDRファンド(約30) 10.4% 0.13%
IDU:iシェアーズ 米国公益事業ETF(約45) 9.8% 0.43%

【運用会社】 ザ・バンガード・グループ・インク
【ベンチマーク】 MSCI USインベスタブル・マーケット・公益事業25/50インデックス
【管理報酬】 年率0.10 %(2020年9月30日現在)

耳より話《私はハイテク株と並行して購入しています》
公益サービス銘柄は、景気変動の影響が小さいのが特徴です。
一般企業と比較して 業績が安定感が高い が魅力!
ディフェンシブ銘柄が多いので、長期運用でリターンを目指すETFです。
※私は値動きが激しいハイテク株と合わせて保有しています。
注目 海外ETFランキング!人気ベスト10の実力は?

投資企業・産業と配当状況

●配当状況とリターン(5年:年率)  基準日:2021年10月15日
基準日・株価 1年/最高値 配当の回数
143.66$ 152.65$ 年4回
年初来リターン リターン/5年 配当利回り
7.07% 10.05% 3.31%

【リターンの目安】100万円を投資した時の5年後の金額は?
年率5%ならば125~130万円、10%ならば約160万円です。(為替は考慮していません)

●投資企業・地域 TOP5(2020年8月31日現在)
順位 銘柄 比率
1位  ネクステラ・エナジー 14.7%
2位  ドミニオン・エナジー 7.1%
3位 デューク・エナジー 6.3%
4位  サザン 5.9%
5位 アメリカン・エレクトリック・パワー 4.2%
順位 産業 比率
1位 電力 58.3%
2位 総合公益事業 29.2%
3位 水道 4.7%
4位 独立発電事業者等 2.5%
5位 再生エネルギー 0.8%
掲載の企業情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。提供している情報によって不利益を被ることがあっても当方は一切の責任を負いません。

【PR】米国株を学べる講座がスタート
マネックス証券の投資教育部門が【ゼロから学べる「米国株コース」】を開講。
米国株投資や銘柄選びなどが体系的に学べます(講師は岡元 兵八郎氏など)

体験談 kaoruが受講した感想はコチラ

【私の米国株投資】 定期買付とスポット投資の併用でリターンを目指す

私が米国株の投資で中心にしているのが連続増配株です。
財務内容が良好で安定成長が期待できる会社が多く含まれているのが魅力です。

2021年6月から【VIG】バンガード・米国増配株式ETFを毎月20万円(2000ドル)の定期買付も開始!

これは、マネックス証券で 米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付) を利用。

配当を自動的に再投資する設定もあるので便利です。
※大手ネット証券でマネックス証券が初めて対応

個別株ではジョンソン&ジョンソン(JNJ)アルファベット(GOOGL)も継続購入の対象としています。
※定期買付の設定はしていません。

更に急落時を狙ったスポット買付も実施。

米国市場は年に1~2回は株価下落があるので、10~20%程度下がった時にまとめて購入するようにしています。
(指値をして待つだけ!買い急ぎは厳禁)

この時に注目しているのが時間外取引です。

米国株は 時間外取引だと安く購入できることがあります。 (私がマネックス証券をメインにする最大の理由)

いずれも単純な方法ですが、米国株だけで通算3500万円以上の利益が得られました。
利益が伸びない人は選択肢の一つとして参考にしてみてください。

公式 マネックス証券 詳細・口座申込

米国株に強い証券会社(ネット証券の比較)

米国株や海外ETFは、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

手数料は3社とも最安水準で横並びですが、「時間外取引の有無」「注文サービス」などについては証券会社でバラツキがあるのが実情。(以下参照、銘柄数は米国株)

★証券会社によって条件がこんなに違う!(2021年5月1日)
証券会社 銘柄数 注文サービス 時間外取引
マネックス証券 最多
4000以上
最多・充実
逆指値/OCO他

重要
SBI証券 多い 逆指値あり ×
楽天証券 多い 指値と成行 ×

※取引手数料は3社とも約定金額×0.495%(最高22米ドル)が基本です。
※マネックス証券は買付時の為替手数料が無料:2021年9月10日現在

【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

米国株の戦略ヒント
管理人の米国株 分析サイトの活用方法を紹介
【銘柄スカウター】米国株に役立つ無料サイト!長期投資で確認したい3つの要素

米国株/海外ETFの取引が可能なネット証券
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
マネックス証券
好条件オススメNO.1
SBI証券
貸株サービスが魅力
楽天証券
海外ETFの本数が多い
鉄板 米国株は簡単!「売却タイミング」の悩みを1秒で解決する方法

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


海外ETF 注目の15銘柄

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

今だけお得!限定キャンペーン

SMBC日興証券が必須の理由

(チャート分析ができなくてもOKです)

海外ETF 注目の15銘柄

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.