投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

金投資の配分はどれくらい?

金投資の割合は5~10%程度【コラム】

投資を行うときに金投資1本という人はあまりみかけません。
どちらかといえば、メイン投資(株式や投資信託)に加える形で金投資を行う人が多いようです。

管理者の場合は、資産全体の5%程度を目指して純金積立を行っています。
金は現物資産という大きな魅力はありますが、株式投資の配当・預金の利子のようなものはありませんので、やや控えめな設定にしています。

また、各国政府の金準備比率(準備資産に占める金保有の割合)は、平均で12~13%ですから、これを目安にするのも方法。総合的に考えて5~10%程度を目標としている人が大多数を占めます。

金投資の値上がりで大きく利益を出した人もいますが、配当や利子が付かない事を考えると、メイン投資というよりも補助的な位置づけが合っている気がします。

金がもっとも力を発揮するのは、世界(日本?)で大きな出来ごとがあった時だと思います。世界的に価値があり、半永久的な資産ですから有事の際には金の力は絶大です。

資産UPに関しては投資信託等を活用して、金は守りの投資(資産保護の最後の砦)として期待しています。

人気には理由あり!注目の証券会社

【人気の秘密はコレ!】
SBI証券
【人気の秘密はコレ!】
カブドットコム証券
【人気の秘密はコレ!】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

マネックス証券ならば、毎月1,000円から積立購入ができます。

マネックス証券は総合証券として非常に人気が高い会社です。【マネックス証券が人気の理由】
そして、純金積立においては毎月1,000円から積立が可能という利便性で注目が集まっています。

また、購入手数料も業界で最安値水準に加えて、自動積立なので余計な手間が掛かりません。管理人もマネックス証券で純金積立を実施していますが、とても満足してます。

★管理人は総資産の約5%を金で保有

マネックス・ゴールド

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.