投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

フィデリティ証券「特徴まるわかり」 手数料や専門家の評価は?

投資信託を中心に取引を行っている人は注目!

フィデリティ?という人もいるかもしれませんが、投資信託を中心に取引を行っている投資家の間では商品力と低コストで有名な会社です。総合証券では無いため日本では知名度が低いのですが、実は世界25ヵ国で拠点を持つ世界的に有名な独立系資産運用グループです。

自社グループ会社のフィデリティ投信の商品を販売できる強みを持っており、投資信託は自社商品と他社商品を合わせると500本以上と豊富です。さらにコスト削減が期待できるキャンペーンが多い点や、投資信託の積立が金融機関から直接引き落としという利便性で人気があります。

金融機関のプロ達から見ても、品揃えのこだわりは高く評価されており、「投資信託の購入に関するネット証券イメージ調査」で取扱い投資信託の質にこだわっている証券会社で1位を獲得しました。


※2016年8月日経BP編集企画センター調べ  回答対象:金融機関のCFP/1級FP技能士

<専門家(1級FP技能士)の評価>
フィデリティ証券は投資信託中心の会社。投信ラインアップはプロの目で厳選されており業界内での評価も高い!また、マイページが非常に見やすいので資産運用の管理が簡単です。独自性の商品やコストの優位性を考えると、投資信託が中心の人にはメリットが大きい会社だと思います。

 

投資信託のファンから支持されるのは、こんな理由!?

投資情報の提供は全ての証券会社で行われますが、フィデリティ証券は要点だけに絞っている点は非常に好感が持てます。

マーケット情報である「プロの視点」は5分程度の動画にまとめられておりチョットした隙間時間を利用するだけで確認できます。

◆投資信託は約600本の豊富なラインナップ

フィデリティ証券は投資信託の取扱いが右肩上がりで上昇しており、取扱い数は約600本で手数料無料のノーロード投信は約320本という充実のラインナップです。(2017年12月現在)
フィデリティの投信は勿論、他社の人気商品も含めてスポット、積立とも1万円から購入できます。

◆賞を獲得した優良ファンドを多数取り扱い!?

フィデリティア証券はプロが厳選したラインアップということもあり、好成績を残しているファンドを多く取り揃えています。

「モーニングスターアワード2016」を受賞したファンドを17本、「トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2017」の受賞ファンドを21本の取扱いがあります。

例えば、「リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2017」の評価期間10年で選出された「フィデリティ・グローバル・ファンド 」は受賞の常連的な存在です。

コスト削減には嬉しいサポートが充実

フィデリティ証券では、コスト削減のサポートになるキャンペーンが年に数回実施されます。
2017年12月現在で実施されているものは、新規口座者のみを対象としていますが、口座を持つ方全員が対象となる場合もあるので注目です。また、資産残高に応じて手数料が優遇されるプログラムは常時実施となっています。

◆スタート0%プログラム”を実施しています。

新規口座開設者を対象に、フィデリティ証券で取り扱っている500本以上の投資信託が、何回購入しても申込手数料無料になるキャンペーンを実施しています。

フィデリティ証券
仮に、手数料率(税込)1.62%のファンドを500万円分購入する場合、キャンペーンを利用すれば手数料が約79,000円も得する計算になりますので、利用するメリットは大きいと思います。

◆毎月の資産残高の応じて手数料優遇

フィデリティ証券では、資産残高に応じて手数料が優遇されるという特長的なプログラムがあります。

これは、毎月の資産残高に応じて手数料が安くなるプログラムですが、残高計算には投資信託の購入だけではなくMRFやお預かり金も対象となる嬉しい仕組み。

ちなみに、判定日に3000万以上の残高資産(MRFやお預かり金も含む)があれば、購入手数料はいつでも0%となります。

3000万以上 2000万以上 1000万以上
購入手数料は0% 通常手数料の25% 通常手数料の50%
フィデリティ証券の公式ページを見てみる

NISA特典が魅力的!

フィデリティ証券でNISA口座では、積立は勿論ですがスポット投資でも約600本のファンド購入手数料がかかりません。手数料が3.24%の場合は、100万円の購入に対して通常は3万円を超える手数料が発生しますがNISA口座ならば0円です。

◆ファンド積立なら、非課税投資枠を超えた分もファンドの購入時手数料が無料

積立の場合で非課税枠を超えた場合においても、購入手数料が無料となります。

フィデリティ証券は、こんな人に向いている!?

投資信託に関しては他社商品も含めて、好成績を残しているファンドが多いので注目です。また、手数料無料のノーロード投信比率が高い点やフィデリティ投信の商品が事実上の直販という点は魅力的!

ただし、株式売買の手数料は高く、債券なども扱っていないので総合証券として利用したい人にはオススメできません。

投資信託を中心にジックリ資産運用を行いたい人や、投信のコストを下げたいと思っている人には注目の証券会社だと思います。

フィデリティ証券

証券会社の比較ランキング《2018年版》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

証券会社の比較ランキング《2018年版》

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.