投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

外貨預金の税金

為替差益と高金利が魅力

円高から円安の流れを受けて、外貨預金に興味を持つ人が増えています。
国内の低金利と比べて、外貨預金は比較的高い金利を提示するところが多いですし、昨今の円安傾向で為替差益も狙える状況ですので、現在の人気も当然の流れかもしれません。
ここでは、外貨預金に発生する税金、利益に対しての確定申告の有無などを説明していきます。

外貨預金の利息に対する税金

外貨預金といえば高金利が魅力ですね、この利息に関しては日本円を銀行に預けているときと同じで、利息に対して一律20.315%の税金がかかります。
また、この税金は源泉分離課税となっていますので、自動的に利息から差し引かれます。つまり確定申告をする必要は無いということです。

円安の利益(為替差益)に対する税金

外貨預金で注目されているのが円安によって得られる為替差益です。将来的にドル高・円安の予想をする専門家が多いために、そこに注目して外貨預金を検討・開始した人も多いかもしれません。

この為替差益は雑所得として総合課税の対象になるために、原則として確定申告が必要になります。
ただし、給与収入などが2000万円以下で、ほかの所得の合計が20万円以下なら申告の必要はありません。

【おまけ】管理人の外貨投資  ~米国債をフル活用~

トランプ大統領が在任期間中は、株価の乱高下はある程度の覚悟しておく必要があります。
また、世界中には懸念事項は常にあるので、突発的な暴落というのは今後もあると考えておくべきです。

こういった時に圧倒的な魅力を放つのが債券です。
現物債券の魅力は、購入時点で『満期日と金利』が確定している点。

私の投資方針の中でも、最重要商品に位置付けています。

●米国債 利回り上昇で魅力的な水準へ

米国の金利上昇にともない、10年債などは3%弱の金利が期待できる状態。
ドルベースとはいえ、事実上の安全資産として魅力。

守りながら増やすという事が実践できるようになっています。
2019年は500万~1000万円程度の積み増しを予定しています。

Blog:米国債はズボラ投資の王様!2千万の保有でも不安が全然ない理由

尚、債券購入を検討してる人は、大手証券の口座は必須と言って良いでしょう。
私自身はネットで簡単に購入できるSMBC日興証券を利用しています。

Blog:SMBC日興証券の大逆襲!ネット証券を圧倒する4つの魅力とは?

ネット証券も取扱いはあるのですが、既発債の選択肢が少ないことに加えて魅力的な新発債が非常に少ないです。また、話題の債券ほど販売窓口が大手だけに限定されるケースが目立ちます。

例えば私が購入した人気のグリーンボンド(環境事業に資金が使われる債券)も大手でしか取扱いがありませんでした(4年債:金利3.4%)。外国債券に興味がある人はSMBC日興証券に注目です。

現在は夏の口座開設キャンペーンが実施中。
通常よりもお得な期間ですので口座開設を検討している人は注目です。

<キャンペーン情報>
新規口座開設されたお客様の国内現物株式の買付手数料を最大100,000円キャッシュバック。
期間:2019年6月3日(月)~8月30日(金)
※詳しくは公式ページを確認してください。




サイト利用時の注意・免責事項
掲載の企業情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.