投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

マネックス証券 IPO抽選方法 ~個人投資家の味方~

資金が少なくてもマネックス証券なら大丈夫

IPOに当選した人の話を聞くと「数百万を申し込んだ!」という話や「店頭でIPO株を融通してもらたけど、投信も勧められて・・」なんて話を聞くことがあります。

確かにIPOは資金があると有利ですし、店頭証券では大口顧客に融通する傾向もあると聞きます。何だか不安になってしまいますね・・?

でも安心して下さい。マネックス証券のIPOは100%完全平等抽選です! 証券口座内の資金量や取引実績などは一切関係ありません。

実際に管理人のサイトには、読者から『マネックス証券でIPOに当選しました!』というコメントが何度も届いています。またIPOに当選したからといって他の金融商品を勧められたという話は一切ありません。

また、2017年はマネーフォワードの主幹事となり、少額挑戦の投資家が大量当選。(初値が公開価格の約2倍で話題になりました)

IPOの人気化で各社とも当選確率が下がってきたと言われますが、マネックス証券はサイトへの当選報告が2年連続で増加した貴重な会社です(運営サイトへの当選報告を集計:2016年~2017年)。

<専門家(1級FP技能士)の評価>
IPOの定番とも言える申込み方法が「主幹事証券+マネックス証券」の組合せです。完全抽選枠のIPO取扱数は、主幹事が1位でマネックス証券が2位になるケースがほとんど!常に準エース以上という凄い証券です。IPOを取扱う証券会社は数十社ありますが、その中でも重要度は最高レベルです。
マネックス証券 IPO公式ページを見てみる

マネックス証券 特徴と抽選方法

IPOで完全平等抽選を行う会社として人気が高い会社。その内容を具体的に説明していきます。

注目1:コンピューターによる無作為抽選

IPO割り当て株数のほぼ100%が1人1票で平等抽選されます。
一般的な証券会社は、平等抽選が実施される割合は約10%程度に過ぎません。

仮にIPO枚数と申込み人数が同条件とすれば、一般的な証券会社よりマネックス証券の方が当選確率が10倍という事です。

この高確率の当選が現実になったのが、2017年のマネーフォワード主幹事です。大勢の個人投資家が当選して話題になりました。

大口投資家、小口投資家、資金の大小・・こういった事は当選確率に影響しませんので、全ての人に当選チャンスがあるのが最大の魅力です。

《他にもある!抽選配分が高い会社》
マネックス証券以外にも、抽選枠の割合が高い会社はいくつかあります。その中でも当選者が多いのはカブドットコム証券(100%)と松井証券(70%)です。
また、2017年からIPOに参入したライブスター証券は100%完全平等抽選に加えて0円で申し込める好条件で今後のIPO取扱数の増加に期待が集まっています。
マネックス証券 IPO公式ページを見てみる

注目2:全証券でIPOの取り扱い数はトップクラス

マネックス証券はネット証券の中で初めて主幹事を務めた証券会社。IPOに対してとても積極的で、ネット証券の中でもIPOの取り扱い銘柄が豊富な事で有名です。

2016年と2017年の実績を見ても、大手の店頭証券を含む全証券の中でもベスト5に入る取扱い本数!申し込める銘柄が多いので、当然ですが当選確率も高まります。

2017年 2016年 2015年 2014年
49本 46本 52本 39本

これだけの取扱い本数があって、完全平等抽選という証券会社は他に類を見ません。IPO投資家から必須証券と呼ばれるのも納得ですね。

注目3:IPOがNISAにも対応しています。

値上がり期待が大きいIPOですから、NISAを活用したいという人も多いと思います。
しかし、IPOはNISA対象外となっている証券会社もあるので注意が必要です。

マネックス証券では、投資家からの要望を反映して2014年11月からIPOがNISAに対応しています。NISAでIPOという選択肢があるのは魅力的です。

【注意点】同一資金による重複申し込みは不可

マネックス証券で唯一のデメリットが同一資金による重複申し込みは不可という点です。

★例:A社50万、B社30万の2つのIPOに申し込む場合は、口座残高が最低80万必要。

つまり、同一資金での重複申し込みはできませんので、申し込みIPO数が増えるほど口座資金も必要になります。
年末などのIPOが多い時だと資金が苦しくなることも予想できます。

もっとも、これはマネックス証券のようにIPO取扱数が多いゆえのデメリットです。通常の証券会社であれば、取扱い数が少ないので(IPOが重ならない)、ある意味では贅沢な悩みとも言えます。

~管理人の感想~ オススメ度★★★★★

徹底した完全平等の抽選は、小口投資家にも平等に当選のチャンスがあり、嬉しいシステムです。
主幹事は少ないのですが、IPO株のほぼ100%が抽選にまわるので、当選確率は主幹事証券を上回ることもあります。

また、管理人が運営するサイトに寄せられた読者報告の集計では、当選報告数が増えた貴重な証券会社です。(2016年5月~2017年12月15日の:管理人サイトの集計)

IPO投資を行う上では、口座開設の優先順位は1位、2位を争うといっても言い過ぎではないと思います。

マネックス証券は、情報量が多く分かりやすい証券としても有名ですので、IPOに限らずメイン証券としても魅力的だと思います

~マネックス証券 IPOの魅力は?~

【好条件が揃う重要証券】
●100%が平等抽選されるので当選期待が高い
●IPOを取扱い数は、全証券でトップレベル
●少額資金の投資家が当選多数の実績

【総合証券として魅力的】
マネックス証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

●IPOで100%完全平等の抽選を実施する貴重な会社

マネックス証券バナー




サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

お宝株、IPO(新規公開株) 上場で100万以上の利益が出る事も!?

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

お宝株、IPO(新規公開株) 上場で100万以上の利益が出る事も!?

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.