投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

IPO当選確率を上げる切り札!?完全平等抽選の証券会社を解説

平等抽選の割合が高い証券会社ならば、当選確率が高まる!?

IPOは優良銘柄に当選できると購入価格の2倍~3倍になる事もあります。銘柄によっては100万以上の利益が出るケースもあるので一攫千金が可能な注目の投資です。

しかし、IPOの抽選に申し込んでも当選する事は簡単ではありません。

IPO人気で競争率が上昇している事が主要因ですが、根本的に一般投資家に割当てられるIPO株が少なすぎるという事情もあります。

多くの証券会社はお得意様をはじめとする優良顧客にIPOを割り当てる傾向があり、ネット抽選枠への振り分けは概ね10%程度。抽選が厳しいのは当然です。

ただし、このような状況の中にあって、ネット申込の抽選枠を100%(完全平等)という嬉しい会社も存在します。単純計算なら振り分けが10%の証券会社と比較すれば当選確率は10倍に跳ね上がります。

IPOで当選確率を上げるには、平等抽選の割合が高い証券会社から申込むのは有効な方法です。以下では、ネット抽選枠が70~100%の証券会社を紹介していますので、目を通してみてください。

今だけ!口座開設で現金が貰えるキャンペーンを実施中


IPOか完全平等抽選の証券会社5選 ※1部例外あり

当選を目指す上で完全平等抽選という事は大切ですが、同時にIPOの取扱本数も重要になってきます。そこで基本的に過去の取扱本数をもとに優先度が高い証券会社から紹介していきます。

尚、当サイトではIPOについて読者から年間で1000件程度の抽選報告が届くので、そのデータを参考にしてワンポイントアドバイスも付け加えています。証券会社選びの参考にしてください。

マネックス証券 お勧め度★★★★★


【IPO抽選のチェックポイント】

●平等抽選方式の割合:100%
(取引実績、預り資産は関係なし)
●IPO取扱い数:最多レベル
(全証券会社でトップ水準の取扱い)
●口座開設数:非常に多い
(約170万口座 ※2016年実績)
●当選への重要度:特Aランク

マネックス証券は投資信託や債券など幅広い商品を扱っている大手ネット証券の一つです。難しい専門用語が少なく、無料セミナーやレポートも多いので投資初心者にはオススメです。

【参考】マネックス証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

IPOでは100%完全平等の証券会社として非常に有名。IPO愛好家からは「必須証券!?」と呼ばれています。
年間取扱本数は店頭大手証券を含む全証券でトップ5の実績(※2016年実績)

気になる点としては、IPOの人気化にともない口座開設者が増えてきているので、以前と比較すれば若干当選率が下降傾向という点です。

ただし、読者からサイトに寄せられる当選報告を分析すると、取引実績なしの人からメイン証券にしている人まで、非常に幅広い層となっています(誰でもチャンスありを実感)。

IPOで当選を目指すならば、必ず口座を持っておきたい証券会社です。

 

カブドットコム証券 お勧め度★★★★


【IPO抽選のチェックポイント】

●平等抽選方式の割合:100%
(取引実績、預り資産は関係なし)
●IPO取扱い数:多い
(ネット証券ではトップレベル)
●口座開設数:多い
(約100万口座 ※2016年実績)
●当選への重要度:Aランク

カブドットコム証券は投資信託や債券など幅広い商品を扱っている大手ネット証券の一つです。手数料無料のETFや投資信託の積立、株主優待の優位性が高い実力派証券として有名です。

【参考】カブドットコム証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

IPOの取扱いは同グループの三菱UFJモルガンスタンレー証券が幹事になった時に振り分けられる方式です。(取扱いの公表がワンテンポ遅いので、知らない人も多い)

また、抽選は「ブックビルディング(BB)期間」と「購入期間」の合計2回の申込みが必要です(抽選後期型)。2回目の申込みを忘れるケースが多いので注意してください。

「取扱いのアナスンスが遅い・・」、「申し込みが2回で面倒・・」という声があるのですが、この事が申込み者の減少に繋がっており、当選を目指す上ではメリットとなっています。

IPOでは大型IPOに非常に強さを発揮しており、郵政IPOやJR九州IPOでの当選報告を集計したところネット証券でダントツ1位でした。(大型IPOでは最優先?)


 

松井証券 お勧め度★★★~★★★★

【IPO抽選のチェックポイント】

●平等抽選方式の割合:70%
(30%は大口客に振り分け)
●IPO取扱い数:普通~やや多い
(2017年から正幹事が増えています)
●口座開設数:多い
(約110万口座 ※2016年実績)
●当選への重要度:B~Aランク

松井証券と言えば“現物株式取引の1日の約定代金の合計金額が10万円まで手数料0円”が有名です。従来は株式専門のイメージでしたが、最近は投資信託にも参入!商品ラインアップの良さが話題となっています。

【参考】松井証券「特徴まるわかり」 手数料や専門家の評価は?

IPOに関して言えば2017年に入って当選報告が急速に増えた証券会社です。
前年までは委託幹事が中心でIPOの割当数が少なかったのですが、2017年に入り正幹事が増えており当選者数の増加に繋がっています。

抽選の参加には「ブックビルディング(BB)期間」と「購入期間」の原則として合計2回の申込みが必要ですが、「購入期間」の1回だけでも抽選に参加できます(ただし、当選確率は低くなります)

メジャーなネット証券で口座数は多いのですが、2016年までの数年間は委託幹事が中心だったこともありIPO目的の口座開設者は数字よりもグッと少なくなると思います。

IPOの証券会社ではダークホース的な存在ですが、現在の当選報告の状況を見る限り主要証券の一つと考えるべきかもしれません。

 

ライブスター証券 お勧め度★★★


【IPO抽選のチェックポイント】

●平等抽選方式の割合:100%
預け金0円で申込み可能)
●IPO取扱い数:少ない
(2017年からIPOに新規参入)
●口座開設数:少ない
(口座数は非公開です)
●当選への重要度:Bランク

ライブスター証券は売買手数料が際立って安いのでコスト削減を考えている人には注目の証券会社。大手ネット証券と比較すると現物株式の手数料が50%程度と激安です。

【参考】 ライブスター証券で口座開設をすべき3つの理由!コスト大幅削減

IPOには2017年から参入したばかりなので取扱い実績は数社しかありません。
ただし、IPOの申込み条件が非常に良いので、口座開設をする価値が充分にあります。

100%完全平等抽選なのは勿論ですが、申し込み時に預け金が不要です。極論を言えば、当選した時だけ入金をすれば良いので普段は口座0円でも問題ありません。

また、正確な口座数は不明ですが、上記で紹介した大手ネット証券と比較すれば10分の1程度と推察されるので、競争率が低い点も魅力です。

現在はIPOの取扱数が少ないのですが、「0円申込みが可能」でリスクはありません。株式売買の手数料は最安水準ですから、口座開設をしておいて損は無いと思います。


 

GMOクリック証券 お勧め度★★~★★★


【IPO抽選のチェックポイント】

●平等抽選方式の割合:100%
(取引実績、預り資産は関係なし)
●IPO取扱い数:年0~2回程度
(同グループが上場する時のみ)
●口座開設数:普通~やや多い
(約30万口座 ※2016年実績)
●当選への重要度:C~Aランク

GMOクリック証券は安価な手数料と使い勝手の良さで新興証券の中では最も勢いがある会社です。FX取引でも非常に有名で、証券口座とFX口座の両方を同時に開設する人が多くいます。

【参考】GMOクリック証券 メリット・デメリットをFPが解説

IPOの取扱は基本的にGMOグループの上場時のみですので、多くても年2回くらいです。
ただし、その時には当選確率が最も高い証券会社になる可能性があるので、IPO愛好家の大半は口座を保有しています。

抽選の参加は「ブックビルディング(BB)期間」と「購入期間」の合計2回の申込みが必要です(抽選後期型)。2回目の申込みを忘れるケースが多いので注意してください。(私は忘れた経験あり)

IPOの取扱いは少ないので、急いで口座開設をしなくても良いとは思いますが、「GMOグループ」にはたくさんの子会社があり、今後も上場が続く可能性が高いです。

GMOグループのIPO取扱いが発表された時は最重要証券になりますので、あらかじめ口座開設をしておくのも良いと思います。


 

IPO用の証券会社を選定する時のワンポイント

IPOは申込みする証券会社を増やせば、当選確率はその分だけ上昇します。
そういった事情から、当選の常連投資家は紹介した証券会社については100%の近い確率で口座を持っています。

私自身も全て口座を保有しているので、全口座開設が最もお勧めですが口座数を絞りたい人もいると思います。

その場合は、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券の3社が有力です。

この3社は過去の実績では、年間IPO取扱い数が安定的に2桁を超えています。読者からの当選報告もコンスタントに届いているのでシッカリ押さえておきましょう。

また、読者からの当選報告を分析すると、当選数が多い人は複数の証券会社から申込む「数撃ちゃ当たる作戦」を実行している人が目立ちます。やはり、地道にコツコツという事かもしれません?

上記で紹介した証券会社は平等抽選の割合から考えて優位性が高いので、IPOの当選確率を高めたい人は積極的に口座開設をする事をお勧めします(IPO投資の基本は全口座の開設)。

また、資金0円でIPOに申込める証券会社も別ページ紹介しています。興味がある人は覗いてみてください。

【参考】IPOで超貴重!資金0円から申込みができる証券会社を解説





サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.