むさし証券のIPOルール ~0円申込の穴場証券~

IPO投資

むさし証券は埼玉県の本社をもつ地域に根ざした会社です。
現在はインターネット証券部門の「トレジャーネット」にも注力しています。

IPOは少しづつ取り扱いが増えており年間で10件程度です。

地域密着型の店頭証券としては歴史が古いのですが、ネット参入が遅かった点と宣伝に消極的だった事もあり一般的には知名度が低めです。

口座数が少ない点はIPOの抽選で有利となる可能性があります。

また、前受金が不要(資金0円で申し込み)ですので資金面が厳しい人には嬉しい会社。

現物株の手数料は業界最安水準で、信用取引の金利も際立って低い会社ですので、総合的に見て非常に魅力的な証券会社です。

公式むさし証券(トレジャーネット)

むさし証券(トレジャーネット) 特徴と抽選ルール

IPOとしては年間取扱数は10件程度なので、優先順位は低めです。
ただし、前受け金が不要でIPO抽選に参加できるので口座開設をしておいて損はありません。

重要 IPOに強い証券会社は?《2022年版》

ネット参加者に10%以上が配分され平等抽選

インターネット口座(トレジャーネット)には、全体の10%以上が配分されて、1口座1抽選の完全平等方式で行われます。

資金量や取引実績などは当選確率に全く関係ないので、誰でも当選の可能性あります。

事前入金が不要の貴重な証券会社

むさし証券(トレジャーネット)の最大メリットはIPO申込みに事前入金が不要な点です。

入金は当選を確認してからでOK!

IPOの当選確率を上げるには複数の証券会社から申し込ん方が有利ですので、資金面に不安がある人は注目です。

他にも0円申込の証券会社はあるので、資金面に不安がある人は口座開設をしておくと良いでしょう。

口座数が少なく、競争率が低い!?

最近は徐々にIPOの取扱いが増えていますが、年間10件程度なのの重要度は低めです。
ただし、口座数が少ないので競争率という点ではメジャー証券と比べて遥かに有利

近年の状況を見ているとIPOに対して前向きに感じますので今後に期待したいと思います。

~管理人のアドバイス~ 口座開設の価値あり

年間のIPO取扱い数を考えると、ダークホース的な位置づけです。

事前入金が不要という点では資金負担がありませんので、口座開設をしておいて損はありません。

IPOで資金不足になることが多い人は注目です。

また、現物株取引(ネット売買)の手数料が業界最安水準
IPOだけでなく通常の株取引でも注目です。

 

SMBC日興証券
IPO愛好家から“必須証券”と呼ばれるほど人気が高い会社!
主幹事数と取扱い数は業界トップクラスの実績がります。

IT関連など初値高騰が期待できる企業の取扱いが多いのも魅力。
IPOで当選を狙うなら最初に口座開設を検討すべき会社だと思います。

IPOのイチオシ詳しい説明

SMBC日興証券 オンライントレード


マネックス証券
IPO取扱い数は毎年トップレベル!さらに100%平等抽選を行う貴重な会社。
取引量や資金に関係なく抽選が行われるので誰でも当選のチャンスあり
IPO愛好家には「主幹事+マネックス証券」を申込の基本戦略にしている人が多いです。

100%平等抽選詳しい説明

株・投資信託ならネット証券のマネックス


岡三オンライン(岡三証券)
前受金不要(資金0円)で申込ができる貴重な会社。
年間IPO取扱い数は50本程度と上位クラス。

今だけ、口座開設+5万円入金で2000円が貰える嬉しいキャンペーンを実施中。

資金0円で申込詳しい説明


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


 期間限定:口座開設で2000円プレゼント 
手順は以下の3つだけです。
キャンペーンコード入力
②口座開設
③5万円入金で完了
※取引無しでも2000円が貰えます。
IPO投資
スポンサーリンク
kaoruをフォローする
米国株会社四季報

【発売中】2022年春夏号

はじめての資産運用
タイトルとURLをコピーしました