投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

給付時の優遇① 税制メリットが大きい一時金の受け取り

退職所得控除が活用できる

【質問:一時金の受け取りのメリット】
確定拠出年金の受け取りは、大半の人が一時金で受け取る方法を選択すると聞きました。年金(毎年分割)として受けとるよりもメリットが大きいという事でしょうか?
ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

一時金と年金の選択についはその人によって状況が違うので、どちらが良いとは厳密には言えません。ただし、税制メリットだけを考えた場合は一時金の方が優位性が高いと言えます。一時金の場合は、退職所得控除が適用できるので、受取時に税金が発生しない可能性もあります。仮に税金が発生するようなケースでも、通常と比べて小さい金額となります。

具体的に言うと、仮に38年の運用で1,500万の金額になり一時金として受け取るとします。38年の場合に適用される退職所得控除の金額は2,060万ですので、貰える一時金から差し引けば所得が無くなるので無税です。単純に個人型確定拠出年金(iDeCo)だけで考えれば38年の期間だと金額2,060万までは無税になるという事です。

●加入期間(勤続年数含む)と退職所得控除の金額
20年 25年 30年 38年
退職所得控除額 800万円 1150万円 1500万円 2060万円

【退職所得控除額の計算】
最初の20年は1年あたり40万円で計算、21年目からは1年あたり70万です。
例えば38年間で考えた場合、最初の20年が800万(20×40万)21年~38年の18年間が1,260万(18×70万)で合計2,060万円になります。参考までに計算式にすると800万+70万(実年数―20)です。

【スポンサードリンク】

会社の退職金が大きい人は税金が発生する場合もあります

会社の勤続年数が退職所得控除の適用期間になる?

株太会社員が途中から個人型確定拠出年金(以下よりiDeCo)をはじめるケースもあると思います。そうすrと
このケースで退職一時金とiDeCoの一時金を同時に受け取った場合、基本的には合算した金額から勤続年数で計算した退職所得控除を差し引く事になります(積立期間ではありません。)

例えば、30年勤務した会社から退職金2000万と20年積立を行ったiDeCoの500万を一時金を同時に貰うケースです。

この場合は合計額の2500万(2000万+500万)から、年数が長い会社期間の30年が退職所得控除の適用となるので、控除額は1500万です。

控除を差し引くと金額が1000万(2500万1500万)となります。退職金等は2分の1が課税金額の対象となるので半分の500万に対して税金が発生します。(所得税と住民税で約107万)

この説明を聞いて、「同時に貰わずに確定拠出年金の一時金は数年後に貰えば良いのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、退職金で重複期間の控除を使い切っているので、iDeCoの一時金受け取りを数年遅らせても控除は0円です。(バラバラに控除を適用するには15年の間隔が必要)

ややこしくて頭が混乱している人は「一時金で受け取るケースでも、税金が発生する事がある」という点だけ憶えておいてください(退職金のある会社に勤めている人に多いパターン。)

●管理人が選択した金融機関

イデコ バナー

SBI証券 イデコ紹介


各金融機関で品揃えや条件が違います。気になる金融機関は一通り資料請求して、自分自身にあった金融機関を選択しましょう。(原則として勧誘等はありませんのでご安心ください)


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.