投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

IPOの税金

IPOの税金は、通常の株式と同じ!

IPOは「株式」ですので、課税の仕組みは通常の株式と同じです。必然的にここでは、「株式に対する税金」を説明していくことになります。
株式(IPO)は売却益と配当金に対して発生し、税率は20.315%(所得税15.315%、住民税5%)という数字が基本になります。

IPOに強い証券会社は

特定口座には「源泉徴収あり」がオススメ

株式(IPO)を売却して利益が出た場合は、譲渡所得として「申告分離課税」となり、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税率が利益に対してかかります。(原則、確定申告が必要)

「確定申告が必要」という言葉が気になった人もいるかもしれませんが、証券会社で特定口座を選択すれば、損益等について証券会社で計算してくれるので、その年間取引報告書を利用すれば、申告も簡単です。

また、そもそも確定申告なんて面倒だという人は特定口座の「源泉徴収あり」を選択すれば、証券会社が売却益から税金を徴収して代わりに税務署に納めてくれます。
原則として確定申告が不要となることから、個人投資家のほとんどは「源泉徴収あり」を選択しています。

配当金の税金

株式の収益分配金は配当所得にあたるため総合課税の対象です。
現在は配当金の支払を受ける際に自動的に税金が徴収される「源泉徴収課税」が採用されているので、原則として確定申告は不要となります。
税率は、売却益と同じで20.315%(所得税15.315%、住民税5%)になります。

ただし、配当金に関しては、確定申告で総合課税を選択した方が税金が安くなる事もあります(配当金控除の適用)。 一概には言えませんが、配当金を含めた課税所得が330万円以下の人は、税金が安くなる可能性があります。詳しくは最寄りに税務署等に相談してみてください。

IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.