投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

個人年金保険の税金(確定年金)

受け取った年金は、課税対象となります。

契約者と年金受取人が同じ場合、毎年受け取る年金は所得税の「雑所得」の対象になります。(自分で保険料を払って自分で保険金を受け取る方式)

年金に対する雑所得金額は「雑所得の金額=総収入-必要経費」という式で求める事ができます。
この式で使用されている「総収入」と「必要経費」については以下で説明を行っていきます。

個人年金保険の総収入とは?

総収入は「基本年金」「増額年金」「増加年金」の3つを合計したものです。
総収入=「基本年金」+「増額年金」+「増加年金」

●基本年金
契約時に決めたもので、将来的に受け取る事が決定されている年金です。
●増額年金
年金支払い開始前に配当金で買増される年金。
現在は積立配当金の運用利率は下がっているので、あまり期待しないほうが良いです。
●増加年金
年金支払い開始後に配当金で買増される年金。
運用利率は下がっているので、期待しないほうが良いです。

個人年金保険の必要経費とは?

必要経費を求める計算式は下記の通りになります。
必要経費=年金の年額(総収入の式で計算)×払込保険料の合計/年金の総支給見込み額

●払込保険料の合計=月払い保険料×12カ月×払込期間(月払いの場合)
●年金の総支給見込み額=年金年額×支給期間(確定年金の場合)

ちょっと頭が混乱してきた人もいるかもしれません。
しかし、実際に計算例を見ると簡単ですので、具体例を確認していただければと思います。
確定年金の雑所得(計算例)

【参考】 保険相談 評判が良い会社はどこ?押売りとかされるの?

保険の無料相談を積極的に活用しよう!

◎ピンク個人年金保険は、保険会社により取扱い商品が違います。一般的には、将来計画が組みやすく税制上の優遇がある事から「確定年金」が人気となっています。
ただし、それぞれの状況によって必要な保険は全く異なりますので、保険の無料相談を利用するのも一つの方法です。

“押売り”等を心配する人もいると思いますが、現在はそのような行為はほとんど考えられませんので、安心して利用してください。(加入中の保険の分析も行ってもらえますよ)
【参考】 保険相談 評判が良い会社はどこ?押売りとかされるの?

★契約実績が50万件以上!信用の上場グループ企業

日本最大級の直営店舗数、取扱い保険会社約50社
【保険見直し本舗】
何度ご相談いただいても無料です

●コンサルティングアドバイザーの90%が女性。
●累計50万件以上の契約実績がお客様の評価です。
●東証マザーズ上場会社のグループ会社という信用力。
●全国200店以上の店舗があり、全てが直営店。

詳しくはコチラ>>【保険見直し本舗】

個人年金の魅力個人年金の注意点個人年金の種類個人年金 Q&A

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.