投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

SBIネオトレード証券 IPO抽選方法 ~取扱い増加&前受金不要~

IPOの取扱数が拡大中!0円で申込ができます。

抽選ルール変更
2021年6月より取引実績や保有資産によって当選確率が変わるステージ制を導入。
完全平等抽選枠については10%です。

.
SBIネオトレード証券は株式売買の手数料が激安で有名な会社です。

関連 【朗報】SBIネオトレード証券が手数料引き下げ!3つの分野で業界最安水準へ

IPOに関しては2017年からの参入で、知名度が低い穴場的な存在。

旧証券(ライブスター証券)時代は取扱い数が少なかったのですが、2020年にSBI証券に子会社化してからは取扱い数が上昇!

口座数が大手ネット証券と比べて非常に少ない点に加えて、前受金不要(0円で申込み可)といった点がメリットです。

取引金額等で当選率がアップするステージ制枠(全体の90%)と完全平等抽選枠(全体の10%)の混合抽選方式を採用しています。

公式 SBIネオトレード証券

特徴とメリット 注目の理由

IPOには旧証券の2017年から新規参入。
IPOに対して積極的な姿勢ですが、小さな会社で取扱数には限界がありました。

しかし、2020年にSBI証券の子会社化が発表されてから状況は一変!
年末IPOではIPOの取扱いを次々と発表しました。

SBI証券が主幹事のIPOを次々と取扱い発表

SBI証券の子会社となった2020年の12月は、1ヶ月で4社も取扱いを発表。
上場日を見れば、取扱いが連続で発表されたことが分かると思います。

尚、12月に取扱いのあった以下の4社は全て 初値はプラス となっています。

上場日 市場 銘柄名
2020年12月22日 東証マザーズ Kaizen Platform
2020年12月22日 東証マザーズ ウェルスナビ
2020年12月23日 東証マザーズ 交換できるくん
2020年12月25日 東証マザーズ ファンペップ

●2021年は取扱い数が大幅に増える予感

SBIネオトレード証券は、SBI証券からIPOの割当があると考えるのが妥当です。

参考までにSBI証券の2020年の取扱数は90社以上で業界最多です。
そのうち、15社で主幹事を実施しています。

この数値からSBIネオトレード証券の取扱数を予想すると、主幹事の時は高い確率で割当があると想像できるので、年間で 15社程度は堅い と想像しています。

この件数は一般証券の中では多い部類に入りますが、仮に主幹事以外のIPOも割当があった場合には相当な取扱い数となります。
注目はSBI証券が主幹事の時です。

公式 SBIネオトレード証券

IPOの抽選ルール

IPOは【入金 ⇒ 申込み ⇒ 抽選 ⇒ 結果発表】という流れが基本になります。
※証券会社によっては事前入金が不要という会社も一部であります。

この流れの中で、各社で内容にバラツキがあるのが抽選方法です。
以下がSBIネオトレード証券の抽選方法の特徴です。

特徴1事前入金が不要の貴重な証券会社

SBIネオトレード証券の大きなメリットとして、IPO申込みが資金0円でOKという点があります。

資金が少ない個人投資家にとって頭が痛い問題は資金不足です。
IPOが集中する3月や12月には資金面で苦労する人が多いと思います。

SBIネオトレード証券(旧:ライブスター証券)は申し込み時に入金が不要な貴重な証券会社。

IPOの当選確率を上げるには複数の証券会社から申し込ん方が有利ですので、資金面に不安がある人は注目だと思います。

特徴2.ネット抽選で10%が平等抽選

取引実績や保有資産によって当選確率が変わるステージ枠(90%)と平等抽選枠(10%)の混合抽選方式を採用しています。

完全平等抽選枠は機械的な完全ランダム抽選ですから、取引量や資金量に関係なく誰でも当選する可能性があります。

一方でステージ枠の最低条件は1ヶ月あたりの売買が5000万円以上です。
また、口座資産額の場合は3億円以上からとなっています。

ステージ枠の適用条件が非常に高いので、ほとんどの投資家は完全平等枠(10%)で当選を狙うパターンになると思います。

特徴3. 口座数が少なく、競争率が低い!?

IPO取扱い会社はSBI証券の570万口座(2020年6月:関連会社含む)を筆頭に100万口座以上が普通の状態(抽選の競争率は年々高まっています)。

SBIネオトレード証券の口座数は公開されていませんが、中小ネット証券は10万~30万程度が多いことから、口座数は大手比較で10分の1以下と推察されます。

しかもIPO参入して数年しか経過していないので、IPO投資家でも口座を持っていない人が多数いると思われます。

競争率という点で、口座数が少ないのは非常に有利です。

興味がある人は口座開設をしてみてください。

公式 SBIネオトレード証券


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


お宝株、IPO(新規公開株)初値で株価が10倍に上昇するケースもある!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

今だけお得!限定キャンペーン

SMBC日興証券が必須の理由

(チャート分析ができなくてもOKです)

お宝株、IPO(新規公開株)初値で株価が10倍に上昇するケースもある!

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.