投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

投資信託はどこで買えるの?

投資信託を販売している場所

投資信託の販売先は、証券会社・銀行・ゆうちょ銀行が有名です。
ただし、投資信託の取扱数や従業員の商品知識などは大きな差がありますので注意してください。

※直販投信(セゾン投信など)に限っては例外的に販売会社を通さないで直接販売する仕組みとなっていますので、運用会社からの購入になります。
【資産運用で人気】長期運用タイプのセゾン投信

投資信託の購入はどこが良い?

主な販売先と現在の状況をまとめました。管理人は1級ファイナンシャルプランニング技能士として、各金融機関とも関わりがありますが、経験的にいうと商品数・手数料・情報等を勘案するとネット証券が一歩リードしている状況です。

◆証券会社

投資信託でもっともおススメできる販売窓口です。
取り扱いの歴史が長く、投資信託の種類も多くあります。
経験が豊かな為、投資信託についての商品知識がしっかりしています。
最近は店頭よりも、ネット証券からの購入が個人投資家の間では人気です。

◆銀行・ゆうちょ銀行

金融自由化で、銀行でも投資信託の販売が認められるようになりました。販売の歴史は浅いのですが、説明を充実させようと販売員のレベルアップを強化しています。
一部の銀行では証券会社以上に品揃えが充実しているところもあります。ただし、各銀行でレベルの差が激しく知識の差も行員によってマチマチというのが現状です。

◆直販投信(おまけ)

ネットなどから直接申し込みするシステムです。(セゾン投信ひふみ投信等)
運用会社が直接販売するので(販売会社を通さない)、手数料が格段に安くなります。
また、運用会社が直接販売するため商品知識も申し分ありません。ただし、運用している商品のみの販売なので、商品の選択肢がほとんどないのがデメリットです。

※ひふみ投信に関しては、類似商品の“ひふみプラス”は証券会社で購入可能です。
「ひふみプラス」と「ひふみ投信」って、どっちが良いの?

【注目】投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング
投資信託で評価が高い証券会社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
ポイントが魅力・詳細
楽天証券
専売投信に注目・詳細
マネックス証券
初心者から好評・詳細
サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


投資信託

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

今だけお得!限定キャンペーン

SMBC日興証券が必須の理由

(チャート分析ができなくてもOKです)

投資信託

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.