投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ETFの種類

ETFを購入 最初の一歩

ETFは聞きなれない商品なので、どれを買ったらいいか?苦労する方もいると思います。
ここでは、一般的なETFを選ぶ際の手順を説明していきます。

ETFは様々な種類の指標に連動する商品があります。
その為、何の指標に連動するETFにするかが最初の一歩です。

どの分野に投資するか絞る事が大切

◆ETFの上場市場

国内取引所に上場している国内ETF。海外取引所に上場している海外ETFがあります。

◆投資する地区

世界の株式市場全体に投資するもの、アメリカ、中国、ブラジルなど特定の国の株式市場に投資するものとあります。
その他、債券、不動産などにに投資するものもあり、広く分散投資ができます。

◆投資する規模や業種

国内ETFであれば国内の大型株、中小株などの規模別、電気機器、エネルギー・資源といった業種別に投資できるものがあり、分野で活躍する企業に絞って投資も可能!

最初に自分が何に投資したいかを考えて、それに合いそうなETFをいくつか候補として上げることから初めてください。一般的な傾向としては日経平均株価や米国株相場に連動するものを選択する人が多いです。

※選択肢が多く人気があるのは海外ETF

海外ではETFは大人気商品の為、海外ETFのほうが投資する銘柄の種類が豊富で、世界中の企業を業種別、アジアなどの地区別の銘柄もあります。国内ETFよりもはるかに多い商品ラインナップが魅力です!
※海外ETFの購入には米国株口座の開設が必要です。

カブドットコム証券のフリーETFは大注目!

インデックス系の商品は指数に連動する事を目的としているため、どの商品を選択しても内容には大きな違いがありません。ただし、コストは各商品で違いがあるので、基本的には最安水準の商品を選ぶのが良いでしょう。(保有期間が長いほど、将来リターンの差となって表れます)

カブドットコム証券のフリーETFは、売買手数料が無料。品揃えも国内投資ならMAXIS トピックス上場投信、米国市場のSPDR S&P500 ETFといった、信託報酬が最安水準のラインナップが揃っているので注目です。

カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

カブドットコム証券案内


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.