投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の投信は手数料が安い!

手数料は安いに越したことはない!?

【質問:確定拠出年金の投信は市販のものと違うの?】
投資信託は市販の商品よりも個人型確定拠出年金の商品の方が有利なものが多いと聞きました。どういった点が有利なのか教えてください?
ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

一般に証券会社や銀行で市販されている投資信託と比べて個人型確定拠出年金(以下よりiDeCo)の方が手数料が安い傾向にあります。

先ず第一に証券会社等で販売される投資信託の場合は、購入時手数料が発生するものが多々ありますが、iDeCoの投資信託は基本的には購入手数料は無料(例外あり)となっています。

そして運用時の信託報酬(年会費みたいのもの)についても、同カテゴリーを投資対象としている投信を比較するとiDeCoの方が安い商品が多く、半分程度という事も珍しくありません。

投資においてリターンは不確実性なものですが、手数料は確実にマイナスに作用します。特に信託報酬は毎年継続的に発生していきますので資産運用の一部を投資信託から選択したいと考えている人は、iDeCoは最有力候補の一つと考えて良いと思います。

【スポンサードリンク】

金融機関で取扱い商品が違う点は注意

同じカテゴリーの投資でも、商品が違えばコストも違う。

一般的に市販の投資信託よりもiDeCoの方が手数料が安いと述べましたが、金融機関によって取扱う投資信託がバラバラですので、全ての投信がお得というわけではありません。

【参考】金融機関を様々な角度から比較してみました。

例えば、日本債券のカテゴリーで比較してみると、SBI証券で取り扱っている三菱UFJ 国内債券インデックスファンド゙(確定拠出年金)は信託報酬が年率0.13%ですが、スルガ銀行のインデックスファンド日本債券(1年決算型)は信託報酬が年率0.48%です。

これは、単純に100万円を1年運用したら、同じカテゴリーにもかかわらず、一方ではコストが1,300円でもう一方は4,800円が発生する事になります(年間で3500円の差)。

たった3500円の差という考え方もありますが、これはあくまでも100万円を1年間運用した時の話です。確定拠出年金は毎月積立てを60歳まで行う事を考えると、この信託報酬のコンマ以下の差が、受取時には数十万の差になる可能性もあります。

ただし、日本債券だけを見てSBI証券の方がスルガ銀行よりも優れていると決めつけるのも禁物です。例えば元本確保に重点を置きたい人は定期預金の充実度が目安になりますが、スルガ銀行は定期預金が1年・3年・5年と充実しており、この点ではSBI証券よりも優位性が高いのです。

つまり、自分がどういった運用方針をとるかによって、優位性が高い金融機関が違うということになります。例えば、野村證券りそな銀行などは低コストのインデックスファンドの品揃えが充実している印象があります。

●管理人が選択した金融機関

イデコ バナー

SBI証券 イデコ紹介


各金融機関で品揃えや条件が違います。気になる金融機関は一通り資料請求して、自分自身にあった金融機関を選択しましょう。(原則として勧誘等はありませんのでご安心ください)


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.