投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

個人型確定拠出年金(iDeCo)を避けた方がいい人もいますか?

個人の事情によっては、他に優先すべきことも!

【質問:利用しないと損ですか?】
「個人型確定拠出年金(iDeCo)は利用しなければ損!」と友人から言われたのですが、利用しない方が良いケースもありますか?
ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

まず大前提として、個人型確定拠出年金(以下よりiDeCo)は個人が責任を持って運用する仕組みですので完全自己責任です。投資信託などの運用成績は保証されているわけではありませんので、リーマンショックのような市場変動があった時などは損失を被る可能性も充分にあります。

iDeCoの加入で特に慎重になって欲しい人は、住宅ローンの返済中の人です。ローン残高や金利にもよるのですが、机上の理論で言うとiDeCoに毎月支出するよりも、その金額をローン返済に上乗せした方が利息軽減効果が大きくなるパターンがあります(100%ではありません)。

投資成績で大きな利益が確実に出せるならばローンよりも優先すべきですが、最初に述べたとおり確実なものではありません。それに対して、ローン返済の上乗せたした場合は確実な利息軽減効果があるので見通しがたてやすいと思います。

また、専業主婦などは毎月の掛金がないので所得控除メリットはありません。運用リスクを絶対にとりたくない人は(元本保証じゃなきゃイヤ)、他の方法を考えた方が良いケースもあります。
【参考】専業主婦も加入するメリットがありますか?

【スポンサードリンク】

机上の損得だけで、考えてもダメ?

老後資金を蓄える事で精神的に安心するケースも!

机上の計算では、住宅ローンを優先した方が良いケースもある事を前述したのですが、必ずしもこれが正しいわけではありません。

住宅ローンに関しては、iDeCoに限らず通常の預金などもローン返済に回した方がトータルでは有利になるパターンがほとんどです。しかし、多くの人は預金をしながらローン返済をしていると思います。やはり予期せぬ事が起きた時に預金0円だと不安と考える人が多いという事ですね。

これは、今回の件でも同様の話です。住宅ローンの返済を急いだ方がトータルで得する計算であっても、iDeCoで老後準備も並行して行った方が精神的にユトリが生まれて豊かな生活ができる人もいるはずです。

住宅ローンの返済を優先させる選択肢があるのは間違いありませんが、個人の性格によっても優先順位は変わってきます。

●管理人が選択した金融機関

イデコ バナー

SBI証券 イデコ紹介


各金融機関で品揃えや条件が違います。気になる金融機関は一通り資料請求して、自分自身にあった金融機関を選択しましょう。(原則として勧誘等はありませんのでご安心ください)


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.