投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

岩井コスモ証券 IPO抽選方法

2015年のIPO取扱いは40社以上、穴場証券の大本命!?

岩井コスモ証券は近畿圏が中心なので馴染みが薄い人もいるかもしれませんが、金融商品の幅も広くアナリストレポートも充実している中堅証券です(老舗の岩井証券とコスモ証券が合併)
また、IPOに関しても積極的で近年では毎年20社以上の取扱いがコンスタントに実施されています。

IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

岩井コスモ証券 特徴と抽選ルール

●IPO取扱数が年々増加傾向

以下の数字を見てもらえば、近年は取扱い数が急増しているのがわかります。一般的に年に20件を越えると相当に多いレベルですので 2015年の40件超えは大注目【以下は、岩井コスモ証券 IPO幹事数の推移】

2015年 2014年 2013年
44 25 23
●10%以上が完全平等抽選

ネット口座へは配分予定数量の10%で一口座一抽選の平等抽選で行われます。
支店(店頭)口座で残りの90%(ステージ制40%・裁量50%)が配分されます。

●申し込みが2段階に分かれている【後期型】

一般的な証券会社のIPO申し込みは「ブックビルディング(BB)期間」の1度だけというパターンですが、岩井コスモ証券はその後の「購入期間」でも申し込みを行う必要があります(2段階申し込み方式)。通常の証券会社よりも抽選時期が遅い為、他社でハズレた後からでも岩井コスモ証券に申し込むことが可能です。

また、2段階作業がメンドウで参加しない投資家も多くいます。煩わしい作業はデメリットですが競争率低下にはメリットとなっています。これも岩井コスモ証券が当選しやすいと言われる理由かもしれません。

IPOの穴場証券としては大本命!?岩井コスモ証券

年間のIPO取扱数を考えれば、もっと注目されても良い証券会社だと思います。
管理人は、IPOベテラン投資家から「けっこう当選するよ!」教えていただき慌てて口座開設をした経緯があります(苦笑)。
後期型の中では圧倒的な存在ですので、 穴場というよりも準レギュラーとして考えた方が良い気がします。(詳細:岩井コスモ証券のオススメポイント)

話題になる事が少ない会社ですが、隠れた実力派です!
2015年のIPO実績は40社以上

●IPOのベテラン投資家からは、高い評価を受けています。
●実力と知名度が不一致?IPOはもちろん、アナリストレポートも好評。
●1日定額の手数料が安いのでデイトレード、短期売買にはピッタリ。
●3ヶ月キャッシュバックキャンペーン実施中

資料請求>>岩井コスモ証券
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.