投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

松井証券 IPO抽選方法

完全平等抽選に期待 サービス充実で人気が高い

以前は大手証券と同程度のIPO取扱いがあった証券会社です。数量は減ったものの毎年確実に取扱いがあります(委託幹事含む)。また、取扱い枚数の70%以上を抽選に配分し、公平な抽選が行われるので当選期待が高い会社です。株式売買では非常に人気が高い証券会社です。

IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

松井証券 特徴と抽選ルール

●最近のIPO取り扱い数。

近年は少なめですが、2008年までは20件~60件くらいIPOの取扱いがありました。基本的にIPOには積極的な証券会社ですので、今後に期待したいところです。【以下は、松井証券 IPO引き受け数】

2015年 2014年 2013年 2012年
16 11
●取扱い枚数の70%以上を抽選に配分

取扱い枚数の70%以上を抽選に配分されて公平に当選者が選出されます。通常の証券会社が10%程度ですので70%抽選配分というのは大変魅力的です。
割り当て枚数が他社証券よりも少なくても当選確率は高い場合が多いので注目です。

耳より話《IPO当選への+α 穴場証券は?》
穴場証券の情報を読者から募ったところ、評判が高かったのが岩井コスモ証券、年間に20社以上のIPO取扱いがあるので穴場というより準レギュラーかな?
また、マネックス証券カブドットコム証券GMOクリック証券は100%完全平等抽選の貴重な会社です。小額資金でIPOの当選を目指す人は注目だと思います。
●申し込みが2段階に分かれている

一般的な証券会社のIPO申し込みは「ブックビルディング期間(BB)」の1度だけというパターンですが、松井証券はその後の「購入期間」で申し込みを行います。その為、他社でハズレた後からでも松井証券に申し込むことが可能です。
2段階作業がメンドウで参加しない投資家も多くいます。煩わしい作業はデメリットですが競争率低下にはメリットとなっています。

【注意】「ブックビルディング期間(BB)」に申告をしないで「購入期間」で申し込みも可能ですが、抽選時の優先順位が低くなるので、可能な限り2段階申込みを実施しましょう。

~管理人の感想~

松井証券は「株式売買手数料が1日の約定代金合計10万円までは無料!」ということで有名ですね。それ以外にも入金対応が良い(無料対応は最多か?)、IPO抽選は70%が平等抽選など個人投資家の目線でサービスを考えている証券会社です。優待のクロス取引でも利用者が多くIPO以外にも魅力的な会社です。

●IPO 配分の70%以上を平等抽選の貴重な会社!

松井証券 バナー

松井証券 紹介松井証券


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.