投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

債券の種類

債券の種類は多様、理解して投資に活用

債券といえば馴染みが薄いせいか国債くらいしか頭に浮かばない人もいるかもしれません。
実際には発行体(国・会社等)や利子の取扱方法など多様な種類があります。
興味がある債券を見つけたら、「どの分類に当てはまるのか?」確認してみることも大切です。

債権の分類

●発行体による違い
国債 国が発行する債券、信用度が高く流通量も多い
地方債 都道府県や市区町村などの地方公共団体が発行する債券
政府関係機関債 政府関係機関が、特別の法律に基づいて発行する債券
金融債 金融機関が発行する債券、現在はほとんど流通していない(金融債でなく社債を発行)
社債 企業が発行する債券、各企業で金利や格付けが大きく異なるのでしっかり確認する事

※国債と社債が一般的ですので、その2つを理解できれば大丈夫です。

●利払い方式での違い
利付債 定期的に利子が支払われる債券で、もっとも一般的な利払い方式です。
割引債(0クーポン債) 利子分を差し引いた価格で発行され満期で額面が戻る債券。例)80万で買い満期で100万

※債券は金利が高い時に購入して長期保有するのが基本です。

●通貨による違い
円建て債券 日本円だ発行される債券。為替リスクが無いので資産設計が行いやすい債券です。
外貨建て債券 米ドルなどの外貨で発行される債券。為替変動で受け取り金額が変わるので注意

※外貨建て債権は高金利と円安で注目が高まっています。

●新発債と既発債の違い
新発債(しんぱつさい) 新規にマーケットに発行される債権。債券とえば新発債を指すことが多い
既発債(きはつさい) 発行されて市場で売買されている債券。債権は途中での売買も可能です。

※主流は新発債ですが、既発債にも注目。

運営者からのアドバイス

債券は満期まで保有というのが一般的なイメージですが、途中売買が可能というも大きなメリット。新発債に注目が集まりますが、既発債で好条件のお宝債券が発売されることもあるのでマメにチェック。
債券は証券会社によって取扱数(銘柄)が違うので債券に強い証券会社を選択することも重要です。

“個人向け国債”と“外国債券”が強い!SMBC日興証券

管理人は『預金代替&自分年金』として個人向け国債(変動10年)を購入しています。

銀行や郵便局でも購入は可能ですが、証券会社だとキャッシュバックキャンペーンが頻繁に実施されるので、お得感があります。

一般的にネット証券が買いやすいイメージがありますが、個人向け国債に関しては大手証券の方がキャッシュバック等が魅力的なケースが目立ちます。

その中でも、SMBC日興証券はキャッシュバックキャンペーンが高水準で有名!申込みもWEBから簡単に行えます。IPOの注目証券でもあるので口座を持っておくと便利です。

★詳細SMBC日興証券 「特徴まるわかり」 手数料や専門家の評価は?

★個人向け国債キャンペーン比較(2019年11月の例)

会社名 100万購入 500万購入 1000万購入
SMBC日興証券 2,000円 15,000円 40,000円
SBI証券 1,000円 5,000円 10,000円

期間:2019年11月実施の個人向け国債キャンペーン。実施時期により内容は変動します。

また、SMBC日興証券は米国債などが豊富ですから、債券投資を考えている人にとっては注目です。

Blog:投資信託にダメだしって本当?安定運用がしたければ債券に注目せよ


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.