【銘柄スカウター】

もう迷わない
米国株の最強の無料分析ツールを徹底解説!

米国株に役立つ無料サイト!

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 IPO抽選方法

店頭の評判は上々!auカブコム証券との連携に注目

店頭証券の大手で、IPO取扱数・主幹事もトップクラスです。
この証券会社は店頭取引だとIPOを獲得しやすいという話を度々聞きます(真偽のほどは分かりません)。

ネット抽選では当選の声をあまり聞きませんが、主幹事の時は同グループのauカブコム証券でも取り扱われるので、両方から申し込めば当選率が高まると思います。

IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 特徴と抽選ルール

●IPO取扱数・主幹事も多い

年間のIPO取り扱いは、大手の中では少なめですが全体としては上位グループに位置します。
また主幹事は年間で5件程度は期待できると思います。(主幹事の時は当選可能性が高まるのでチャンス!)
【以下は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券 IPO幹事数の推移】

2018年 2017年 2016年 2015年
27本 31本 24本 27本

【注意点】同一資金による重複申し込みは不可
同一資金での重複申し込みはできませんので、申し込み数が増えるほど口座資金も必要になります。
★例:A社50万、B社30万の2つのIPOに申し込む場合は、口座残高が最低80万必要。

●個人配分の約10%が抽選

個人配分の約10%が機械的処理にて完全平等に行われます。
※機関投資家への配分数量を差引いて、残りが少ない場合は抽選を行わない事もあります。

《注意点》
当選後のキャンセルはペナルティー有るので気をつけてください(2回キャンセルで、IPO申し込み停止?)
また、ネット申し込みで当選した場合は購入期間が募集初日のみですので、忘れずに行ってください。

~管理人のアドバイス~

店頭の評判は良いのですが、ネット抽選だと当選が厳しい証券会社のイメージ。ただし年間で数回ある主幹事の時はネットからでも充分に当選が期待できます。また、同グループのauカブコム証券でもIPO株が取り扱われるので、2つで1社という考えでのぞむと良いと思います。
(auカブコム証券は高い配分率を平等抽選で◎)

《2019年の最多当選はSMBC日興証券》
2019年に私がIPOでもっとも当選したのはSMBC日興証券でした。
4年連続で1位ですが、 主幹事数が業界でトップ水準 なので当然かもしれません?
また、当選が比較的容易なREITで主幹事が多いのも理由だと思います。
SMBC日興証券 IPO抽選方法 ~超・重要証券~

 


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


タイトルとURLをコピーしました