【ダウの犬投資法】

NYダウの高配当10銘柄に投資
バリュー戦略の人気手法です

2022年7月末の成績はコチラ

インデックスVSアクテイブ

投資信託の運用スタイル

株式投資信託の運用スタイルはインデックス型とアクティブ型の2種類に分けることができます。
【インデックス型】指標(日経平均やTOPIX等)と同じような値動きを目指す運用スタイル。
【アクテイブ型】指標を上回る成果を目指してファンドマネジャー(プロ)の考えで運用するスタイル。

投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

インデックスファンドとアクテイブファンドの違いは何?

運用スタイルだけでなくコストやリスクにも違いがあるので、それぞれの特徴を比較してみましょう。

インデックスファンド アクテイブファンド
運用の目標 指標に連動(平均) 指標を上回る事を目指す
コスト(経費) 安い 高い
リスク 市場平均と同じ 高い(ファンドにより違う)
ファンドの値動き 指数とほぼ同じ ファンドによりバラバラ

上記の表を見ると、「指標を上回る事を目指す」目標を掲げているアクテイブファンドに魅力を感じますが、資産運用としてはインデックスファンドの方が適していると言われています。

その理由としては、大半のアクティブファンドが中長期の運用成績でインデックスファンドに負けているという現実があるからです。(プロでも平均以上の成績を出す事は難しい)

優秀なアクテイブファンドはないの?

アクテイブファンドの多くはインデックスファンドに負けていると言いましたが、インデックスファンドを大きく上回る成績を継続的している優秀なファンドも存在します。
外国株であれば「朝日Nvest グローバル・バリュー株オープン」や日本株の「ひふみ投信」などは好成績を継続しており各機関が発表するファンド賞を何度も受賞しています。

「パッシブ・コア戦略」インデックスとアクテイブの融合

「インデックスとアクテイブはどちらが良いの?」という疑問は、長きに渡って議論されていますが決着はついていません。総合的にはインデックスファンドの方が有利ですが、少数ながらもそれ以上の成績を残しているアクテイブファンドが存在しているので結論が出ないのです。

今は、インデックスファンドを中心に投資しながら、一部の資金でアクティブファンドにも投資を行う投資手法も存在します。これは「パッシブ・コア戦略」と呼ばれており、ふたつの運用スタイルのメリットを合わせて、安定性とリターンを狙うことができる方法として注目されています。
パッシブ・コア戦略 インデックスファンド80%とアクテイブファンド20%の組み合わせで運用

【ちょい得!】投資の情報収集ってどうするの?

投資の情報について『調べる方法が分からない・・』という相談が多いです。

私は週に1回だけ「グローバルウィークリー」という情報を確認しています。
こちらは、岡三証券で発行している情報誌ですが、岡三オンラインの口座を持っているとWEBで無料で確認できます。

「日本株式」「米国株」「債券」「為替」など各項目について、 直近の状況と今後の見通しがコンパクトにまとめられていてます 
※所要時間はユックリ読んでも20分程度

ちなみに、岡三証券は業界で“情報の岡三”と呼ばれるほどシッカリりした会社。
私の活用方法をまとめていますので、興味がある人は確認してみてください。
↓ 以下のブログです。 ↓

尚、岡三オンラインは期間限定で口座開設キャンペーンを実施中!
この機会に口座開設を利用するとお得です(口座開設費・年会費は無料)


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


タイトルとURLをコピーしました