投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

iDeCoの年金は、自動的に受け取れるの?

年金申請しなくては貰えません

【質問:年金を受け取るには手続きは必要なの?】
個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳から貰えると聞きましたが、会社の退職金みたいに黙っていても貰えるのですか?それとも自分で手続きを行う必要があるのですか?
ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

運用した年金は一定の年齢に達したら「自動的に貰えるもの」と勘違いしている人がいますが、運営管理機関に「裁定請求」という申請を行わなくてはいけません。
「裁定請求」を行う事で“給付を受ける資格があるか?”を判断してくれる事になります。反対に言えば、何もしなければ給付資格の可否はチェックされませんので、ホッタラカシになっていますという事です。

年金の受取方法は、①一時金として、1度に全部を受けとる方法、②毎年少しづつ受け取る方法、③一時金と分割を組み合わせた併給方法の3つがあります。

一般的に税制メリットを考えると、①の「一時金として、1度に全部を受けとる方法」が優位性が高いと言われ90%くらいの人はこれを選択しているのが実情です。

【参考】給付時の優遇① 税制メリットが大きい一時金の受け取り

※iDeCoは原則60歳から受け取ることができまが、60歳時点での通算加入者等期間が10年以上あることが条件となります。10年未満の場合は、加入期間を満たすまで受け取り開始が後ズレしていきます。

【スポンサードリンク】

受け取り開始は70歳まで可能!

60歳から受け取り可能ですが、先伸ばしでもOKです。

%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%81%bb%e3%81%a9%e3%81%ad「個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳から貰える」というのは「60歳に貰わなくてはいけない」という事ではありません。上記で述べたとおりで申請をすることで給付されるもので、受取日は70歳までなら選択可能となっています。

例えばですが、投資信託等で運用していたら、60歳到達時点でリーマンショックのような大暴落が起きる可能性も0%ではありません。
そんな時は受取開始を数年遅らせて市場の回復を待つのも方法だと思います。

また、60歳で利益が出ている状態であっても、至急の生活費やローンの一括返済などを計画していないならば、受取時期を先伸ばしすることで運用益非課税メリットの恩恵を長くする選択肢もあると思います。

●管理人が選択した金融機関

イデコ バナー

SBI証券 イデコ紹介


各金融機関で品揃えや条件が違います。気になる金融機関は一通り資料請求して、自分自身にあった金融機関を選択しましょう。(原則として勧誘等はありませんのでご安心ください)


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.