投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

カブドットコム証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

株主優待やETFでは、他社の追随を許さず!?実力派の総合証券

カブドットコム証券は、三菱UFJグループに属するネット専業の総合証券です。
ネット証券の中では最高格付けで、安心感があることが魅力。

品揃えは総合証券なので豊富ですが、その中でも「株主優待」や「ETF」などの優位性が際立って高く、その分野の個人投資家からは“必須証券”と呼ぶ声が出るほどです。

株式売買の手数料においては2015年11月に株式売買の手数料改定を行い50万以下の取引ではネット大手証券の中でも最安値水準となっています。(2017年9月現在)

このページでは、カブドットコム証券のメリット・デメリット、口コミ評判などを徹底解説していきます

<専門家(1級FP技能士)の評価>
フリーETFは「超」が付くほどの“お得な商品”で、本来であればもっと注目されるべきだと思います。また、株主優待では他社を圧倒する存在で、「株主優待のクロス取引」を狙っている人であれば、第一候補と言って良いでしょう。電話サポートも充実しているので投資初心者や取引操作に不安がる人に向いています。

 

手数料無しのフリーETFは大注目!カブコムの大赤字サービス?

カブドットコム証券で、16種類のETF(上場投資信託)が現物、信用ともに手数料無料で取引できる大注目のサービスがあります(フリーETF)。個人的には、この商品の為だけに口座開設をしても良いほど優れた商品だと思います。

販売会社にとって、ETFの収入源は基本的に売買手数料してかありません。それを無料にするというのは赤字覚悟となりますので、投資家にとっては有利で魅力的なサービスだと言えます。

管理人の主観で注目度が高いETFには★マークをつけていますので、参考にしてください。
【注意】フリーETFは、カブドットコム証券のオリジナルサービスです。

kabu.com公式サイト

投資信託は500円から積立可能!複数日の積立設定ができる貴重な会社。

カブドットコム証券は隠れた投資信託の優良証券として有名です。

取扱い本数が1000本以上あり、そのうち約6割は販売手数料が無料(ノーロード投信)という充実ぶり!しかも500円から積立ができる気軽さで評価を得ています。

品揃えや少額投資も魅力ですが、注目したいのは「同一ファンドを月に何回でも積立設定ができる」ことです。

10日毎、3日毎、毎日など自分の好みに合わせて、ドルコスト法が実現できるのは魅力的です。

積立用の資金は、銀行口座から直接引き落としも可能!利便性の高さから積立投資の愛好家を中心に、評価が急上昇しています。

投資信託が500円から積立できちゃう!~プレミアム積立~

株式売買の手数料が安い!? 初心者はプチ株に注目

カブドットコム証券はとても良い会社ですが、「手数料さえ安ければ・・・」という声も多くありました。
しかし2015年11月4日に手数料改定を行い、50万以下の取引においては4大ネット証券の最安値水準となりました。

上記で説明したフリーETFも合わせて利用すれば非常に魅力的。コストを抑えた取引が可能です。

ただし、現物の個別株式については、50万を超えると他社の方が手数料が安いケースもあるので、100万単位の取引を行う人は注意が必要です。

株式売買手数料(1約定あたり、税抜き) ※2017/8/1現在

会社名 約定10万 約定30万 約定50万 約定100万
カブドットコム証券 90円 250円 250円 990円
マネックス証券 100円 250円 450円 1,500円
SBI証券 139円 272円 272円 487円
楽天証券 139円 272円 272円 487円

【プチ株】100株単位の株式でも1株から売買できる!

株式投資の初心者が、いきなり大きな金額の取引をするには不安があると思います。そんな経験が浅い人が注目したいのが<プチ株>です。

一般的に株式は100株単位や1000株単位が基本ですが、カブドットコム証券の<プチ株>なら1株から購入可能です。さらに1株でも立派な正規株主ですので、配当も株数に応じて配分されます。

さらに面白いのが積立が可能な点です。毎月500円以上1円単位で設定可能ですので、複数の銘柄を長期で分散運用していく事もできます。

手数料も『約定代金2万円まで100円、以降約定代金1万円増加まで毎に67円加算』と割安ですので、株式投資の初心者は利用を検討してみるのも良いでしょう。(プチ株から開始する人は多いです)

kabu.com公式サイト

◆「クロス取引」と呼ばれる“優待の裏技”に投資家も熱狂

株主優待のファンであれば、8割くらいはカブドットコム証券の口座を保有しているかもしれません?

カブドットコム証券は「クロス取引」と言われる「一般信用銘柄」を使った“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”では、圧倒的な存在です。

⇒ 株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

株主優待の検索が使い勝手が良いと好評!「優待のクロス取引」に必要な「一般信用・売建可能銘柄」も簡単に検索できます。

超簡単

優待クロス取引については、【カブドットコム証券 優待専用ページ】でも詳しく解説しています。
各月の注目銘柄も紹介されているので、興味がある人は覗いてみてください。

外貨MMFは、業界最高レベルの水準 & おまけ情報

外貨投資の初心者に最適と言われている外貨MMFでも、他社に対する優位性は歴然としています。

以下は2017年7月末時点のスプレッドとなります。主要ネット証券で最安為替スプレッドなのはもちろん、銀行の「外貨 普通預金」が50銭~2円50銭程度と考えると、非常に魅力的です。

会社名 米ドル 南アフリカランド カナダドル 豪ドル NZドル
カブドットコム証券 ±20銭 ±25銭 ±60銭 ±60銭 ±60銭
SBI証券 ±25銭 ±50銭 ±80銭 ±1円 ±1円
楽天証券 ±25銭 ±30銭 ±80銭 ±70銭 ±70銭
マネックス証券 ±25銭 ±30銭 ±80銭 ±70銭 ±70銭
~ワンポイント~ 外貨MMFの積立もできる貴重な会社

投資信託のような毎月コツコツと積立で購入していきたいと考えている人も多いと思います。
しかし外貨MMFで積立が可能な証券会社はあまり多くないのが現状です。

カブドットコム証券とマネックス証券、SBI証券は積立が可能です。

【おまけ】IPOの穴場証券として注目度上昇中⇑

カブドットコム証券でIPO(新規公開株)のイメージは薄いのですが、実は隠れた優良証券です。
公平な平等抽選だけで当落の判定をする貴重な会社なので、資金が少ない投資家は注目!

⇒ カブドットコム証券 IPO抽選方法

特に大型株のIPOでは当選者が続出した実績があるので注目です。
実際に当サイトで郵政3社やJR九州といったメジャーIPOでの当選報告を集計したところ、カブドットコム証券がネット証券で最多となりました。
※管理人ブログに寄せられた当選報告約70件のデータを集計した結果です(2015年・2016年を集計)

kabu.com公式サイト

◆カブドットコム証券のデメリットは?口コミを見てみよう!

魅力的なメリットが多いカブドットコム証券ですが、デメリットもあります。それは証券口座から銀行口座に出金する時に、手数料100円(税抜)が発生する銀行が多い事です。
(三菱東京UFJ銀行・中京銀行・イオン銀行・じぶん銀行・池田泉州銀行は無料)

ただし、出金の上限金額を見ると100億円未満までは手数料100円(税抜)です。証券サービスの優位性や全体的に手数料が安い事を考えると無視しても良い程度の話だと思います。

また、総合証券で株式・投信・債券など幅広く商品を取り扱っていますが、中国株や米国株といった外国株は取り扱っていませんので注意してください。

口コミは?良い評価と悪い評価

投資家や専門家から聞こえてくる評価は良い話ばかりですが、実際に利用している一般投資家の意見も気になりますよね?当サイトでは情報会社と連携して、実際にカブドットコム証券を利用している投資家の声も集めています。

【詳細】 カブドットコム証券の口コミまとめ!良い評価と悪い評価

予想通りですが、口コミを見ていくとETFや株主優待、サポート体制に対してメリットとする意見が集中。(管理人も同意見)

また、三菱UFJグループである事の安心感をメリットと感じている人も目立ちます。

全体的には高評価なのですが、外国株の取扱いが無い点や株式で100万単位の取引だと手数料が高い事を気にする意見もあります。

サポート体制はネット証券でも指折りですので、はじめてネット証券を利用する人にはオススメです。

~カブドットコム証券に向いている人は?~

【こんな人は注目!?】
●株主優待に興味がある人
●ETFを投資で利用している人
●50万以の株式投資が多い人
●ネット証券の操作に不安がある人
●投資の経験が浅い人(初心者)

カブコムバナー




サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


証券会社の比較ランキング《2017年版》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

証券会社の比較ランキング《2017年版》

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.