投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

長期国債との関係 ~J-REITの売買判断にも影響?~

国債利回りと分配金利回りの差で専門家は投資判断

“J-REITに分配金利回りが高くて魅力的”という話は良く言われますが、これは何を基準に言われているのでしょう。その答えは長期金利です。
具体的に言えば、投資の専門家は10年国債の利回りと比較して、その商品の魅力を判断します。

つまり、分配金利回りが魅力的という意味は“5%だから?3%だから?”といった漠然としたものではなく、『国債の利回りが○%に対してJ-REITの分配金利回りは△%もあるから魅力的』という事です。

そして、この10年国債の利回りと分配金利回りの差をスプレッドと言う呼び方をするのですが、一般的にJ-REITの場合はスプレッド3%が需給の分かれ目になると言われています。

この事から、分配金利回りが一定を維持していた場合でも、長期国債の利回りが変化した場合は、その評価が全く違うものになってしまうと言う事です。以下に簡単な例を書きだしましたがので参考にしてください。

【例1】J-REITの分配金利回りが4%で国債利回りが0.5%の場合
分配金利回り4%-国債利回り0.5%=3.5%
スプレッドが3.5%(3%以上)で、J-REITに対して興味を持つ人が増える。

【例2】J-REITの分配金利回りが4%で国債利回りが1.2%の場合
分配金利回り4%-国債利回り1.2%=2.8%
スプレッドが2.8%(3%未満)で、J-REITの魅力減少↓で警戒感。

~国債は利回りの重要目安~
【例1】と【例2】ではJ-REITの分配金利回りは同じですが、国債利回りが違う事で正反対の評価となっていますね。市場の状況によって3%という目安が多少ズレるので絶対的な基準ではありませんが、売買のタイミングを考える上でも≪10年国債の利回り≫を検証する事は大切だと思います。
J-REITに投資するならどこ?証券会社比較ランキング

【注目】J-REITの個別銘柄で積立買付ができる会社!

J-REITは上場投信なので株式売買が可能な証券会社であれば取引可能。
その中で、J-REIT投資で好条件の証券会社を紹介します。

個別銘柄(J-REITやETFを含む)で積立投資ができることで人気なのがSMBC日興証券

通常の証券会社は「Aリートを1口購入」という方法しかできませんが、日興証券のキンカブを利用すると「A投信を1000円分だけ購入」(金額買付)という事が可能。

しかも、100万円までの取引は買付手数料が無料。

さらに、毎月定額購入の設定(毎月、〇千円購入など)をすれば、投資信託の積立と同じことがJ-REIT銘柄で行えます。

参考記事を以下に添付したので興味がある人は確認してみてください。

Blog:J-REIT投資の新戦術!ドルコスト平均法が可能になりました

 SMBC日興証券の公式ページはコチラ

★その他、J-REITの注目証券

以下の3社は定額設定ならば1日100万円までの売買手数料が無料
手数料を抑えたい人には注目です。

証券会社&説明 公式サイト・お申込み
楽天証券
初心者から好評・詳細
SBI証券
総合力が高い・詳細
岡三オンライン証券
情報力に強み・詳細
 ★岡三オンライン証券でキャンペーン実施中! 

岡三オンライン証券は口座開設+5万円以上の入金で2000円が貰えます。
週末に発信される“岡三グローバルウイークリー”は私の情報源です。

岡三オンライン証券 現金プレゼントの公式ページを見てみる
※2020年ネット証券の顧客満足度ランキング総合1位
(岡三オンライン証券とSBI証券が同点1位でした)


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


J-REITでプチ大家!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

今だけお得!限定キャンペーン

SMBC日興証券が必須の理由

(チャート分析ができなくてもOKです)

J-REITでプチ大家!

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.