投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

公務員の年金一元化による減額は、iDeCoで対応?

若い公務員は、自分で年金を作る意識が必要!?

【質問:公務員も加入した方がいいの?】
公務員もiDeCoが利用できるそうですが、加入した方が良いでしょうか?投資の事とかは全然知らないので不安です。ただ、今後は退職後の給付が少なるという話もあるので・・
ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

公務員は年金一元化により、以前と比べて退職手当が大幅に引き下げられました。総務省HPに記載してあるモデルケースでは約400万が減額で大きなインパクトとなっています。

また、公務員の大きな魅力であった「職域加算」が無くなり、「年金払い退職給付金」が導入されました。こちらも同様に減額となっていますので、以前のように「公務員は退職後の優遇が大きい」と手放しでは言えない状態です。

更に言えば、職場結婚で夫婦とも公務員というケースが多いので、年金一元化の導入によるダメージは2倍になるパターンも考えられます。ただし、反対に言えばiDeCoの掛金が所得控除になるメリットも夫婦で受けられるので、Wで恩恵が得られる事になります。

【参考】所得控除で税金が返ってくる!

公務員の掛金上限は年間で14万4,000円(月額1万2000円)で、自営業者や民間サラリーマン、主婦と比べると最も小さいですが、今後は公務員も自分で年金を作る意識が必要な時代に移行していきますので、特に20代・30代の若い世代には積極的に活用を検討して欲しいと思います。

楽天証券 確定拠出年金:運営管理手数料0円の貴重な金融機関

元本確保型の商品でも充分にメリットがある!

●投資信託に拘らなくてもOKです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)に関しては、投資信託が紹介されているケースが多いのですが、元本確保型の商品もあります。

管理人が公務員から相談を受けたケースでは「投資が怖いから、加入できない」という勿体ないパターンが非常に目立ちます。元本確保の商品として預金や保険商品もあるので、そちらを選択しても良いでしょう。

低金利時代なので、増える事への期待は小さいですが、掛金(上限:年14万4000円)が全額所得控除になる事を考えると、充分にメリットがあります。

例えば、老後資金の形成で人気のある個人年金保険の生命保険料控除は年額4万が上限ですから、その3.6倍の節税効果が期待できます。

【参考】元本保証型(定期預金・保険)での注意点は?

●元本確保型では、口座管理手数料が安い金融機関を選択!

iDeCoに加入すると、口座管理の手数料が毎年発生します。この手数料は金融機関によって違いがあり、だいたい年間2004円~8000円程度の幅があります。

現在の状況を見ると、元本確保型で高い金利は望めませんので、出来るだけ手数料が安い金融機関を選択する方が有利となります。

【FPからのアドバイス】資料請求は遠慮無用です!

iDeCoの金融機関は、50社以上もあるので迷っている人も多いと思います。
運営管理費用の点で考えると楽天証券SBI証券が0円で魅力的。
(国民年金基金連合会や信託銀行の費用は発生します)

ただし、投資信託の品揃えは金融機関で違いがあるので気になるところは一通り資料請求して、しっかりチェックしましょう。(原則として勧誘等はありませんのでご安心ください)

途中で金融機関の変更も可能ですが、最初の金融機関の選択が重要です。




サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.