投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

分配金は魅力的!?株式より有利と言われる理由

家賃収入がメインなので、分配金に安定性がある

J-REITの投資を考える人の多くは、定期的に貰える分配金に魅力を感じています。
一般的には株式よりも、配当(分配)が長期的に安定しているので、将来の収益予想が立ちやすいと言われています。

これは、ちょっと考えると当たり前の話です。J-REITの収益は所有する物件からの賃料収入(インカムゲイン)と物件を売却した時の利益(キャピタルゲイン)の2種類がありますが、中心となるのは賃料収入です。

部屋を借りた経験がある人は分かる思いますが、住宅の賃貸は基本的に年単位の契約になります。さらにオフィスや商業施設などは十年単位の契約という事も珍しくありません。つまり、家賃収入の場合は中長期的に収益の見通しが立ちやすいのです。

ただし、反対に言えば世間が好景気で株価がグングン上昇している時でも、J-REITの家賃収入は一定ですので、分配金が急上昇というのも考えずらいのが実情です。

【安定収入のメリット】
理論上の話をすれば、各企業が業績不振で株価の配当が出せない状況下でも、J-REITの場合は家賃収入が数年以上の契約で守られているので、今まで通りの分配金が可能という事になります。
これは、資産運用の観点から考えて非常に魅力的です。
J-REITに投資するならどこ?証券会社比較ランキング

J-REITは、投資家に利益を丸々還元!人気の理由はコレです?

ニュースを見ていると「企業だけが儲かって、一般市民には恩恵が無い・・」なんて話題になる事があります。
しかし、J-REITではこういった事はありません。利益のほとんどが投資家に分配されます。

高配当【配当金(分配金)が多い理由】
実は税制面のルールが一般企業と違い、J-REITの場合は利益の90%以上を投資家に還元する事で法人税が免除される仕組みとなっています。単純に言えばJ-REITは利益を丸々投資家に分配した方が得するシステムとなっています。

一般的にJ-REITは株式よりも配当(分配金)利回りが有利という事が言われていますが、これは偶然な事ではなく税制面の優位性という裏づけがある話です。

具体的に言えば、企業は利益が出たら税金がゴッソリ差し引かれます。また昨今の経済状況下では内部留保もシッカリ確保する企業も多いですね。そして、そういった諸々の費用を差し引いた残りを投資家に配当という形で分配するわけです。

それに対して、J-REITは利益の90%以上を投資家に分配するのですから、お得度が凄いことは説明する必要が無いですね。若い世代や主婦などの新しい世代が、将来の安定収入を期待してJ-REITに投資する理由が分かるような気がします。

【関連】利回りの高さが価格安定の秘密?

カブドットコム証券は、J-REITのETFと投信に強い!

~管理人コメント~
kaoruカブドットコム証券はMAXIS Jリート上場投信(1597)の売買手数料が無料の貴重な証券会社です(フリーETF)。また、J-REITの投資信託も毎日積立が可能ですので、値動きのリスクを抑えた購入が可能です。
投資経験が浅い人や銘柄選択に自信が無い人は、J-REITの個別銘柄よりもETFや投資信託の方が簡単ですので、初心者には魅力的な証券会社だと思います。

詳しくは⇒カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

★管理人のメイン証券はカブコムです!

カブドットコム証券案内掲載の企業情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。提供している情報によって不利益を被ることがあっても当方は一切の責任を負いません。

J-REIT(不動産投資信託)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

J-REIT(不動産投資信託)

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.