投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

積立投資はこの証券会社が凄い!~究極のドルコスト平均法~

積立投資が続く証券会社を選択できていますか?

積立投資は初心者でも気軽に始められる事で年々人気が高まっています。管理人も老後資産の形成目的で利用しておりその効果を実感しています。

資産運用として魅力的な投資なのですが、開始して1年程度で挫折してしまう人も多く見かけます。そして、その理由の大半は「値動きが気になって・・」というものです。これは、もしかしたら証券会社の選択を間違っていたのかもしれません?

このページでは、毎日積立の設定が可能な証券会社を紹介しています。
基本的には月に1回の積立設定しかできない会社が多いのですが、一部の証券会社では月に複数回の設定が可能となっています(毎日積立もできます)。

毎日積立にしてしまえば、月一回の積立のように「積立日に限って株高・・」「一週間前に購入出来てれば・・」なんていう値動きのストレスからは解放されると思います。

【関連】投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

究極のドルコスト平均法が実践できる会社

管理人自身も投資信託の毎日積立を実施しています。この方法だと値動きが気にならないので積立をしていた事も忘れてしまうかもしれません?(笑) 積立投資は長期間にわたって継続することで効果が出る投資ですので、この毎日積立は大注目の方法だと感じています。

以下では、毎日積立が可能な証券会社をピックアップしました。

第1位 SBI証券 :毎日積立がワンタッチで簡単設定

~管理人コメント~
投資信託の取扱い数は2000本以上で、楽天証券と激しく争っていますが積立サービスの自由度と簡単操作では先行!
ワンタッチ操作で毎日積立や毎週積立ができます。また、積立投資では買付手数料はキャッシュバックされるので実質手数料は0円です。口座数が400万以上という実績は、こういったサービスの良さがあっての事です。

★詳細SBI証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

◆関連情報投資信託でSBI証券が選ばれる理由!人気の秘密は5つの最高レベル

SBI証券 口座紹介

 

第2位 楽天証券 :注目の「つみたてNISA」で毎日積立が開始

~管理人コメント~ 
投資信託の取扱い本数は業界トップ水準。さらに、最低買付金額が100円~で業界最低水準が揃っています。
さらに、楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるサービスは“身銭を切らない投資”として大評判です。毎日積立では遅れをとっていましたが、「つみたてNISA」での実施が発表され注目されています。

★詳細楽天証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

楽天証券口座開設

 

第3位 マネックス証券 :100円から投資が可能、初心者から人気!?

~管理人コメント~
積立投資の最低金額は100円からで買付け手数料は全額キャッシュバックで実質無料!さらに、サポート力に定評がある証券会社。
カブドットコム証券と並んで、古くから毎に積立が可能な会社として認知されています。「投資情報が分かりやすい!」といった意見が多いので、初心者は注目の証券会社だと思います。

★詳細マネックス証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

 

第4位 カブドットコム証券 :究極のドルコスト平均法、フリーETFで注目!

~管理人コメント~ 
積立投資の先駆けともいえる証券会社(管理人は、この会社で究極のドルコスト平均法を長く実践してきました)。①500円から積立が可能②銀行引き落とし可能③低コストファンドが充実④スマホ取引対応と、サービス充実で根強い人気があります(プレミアム積立)。また、手数料が無料のETF(フリーETF)は他社では無い驚愕サービスなので合わせて利用したい商品です。

★詳細カブドットコム証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

カブドットコム証券案内

 

第5位 松井証券 :毎日積立の設定が簡単!低コストファンドが充実

~管理人コメント~ 
投資信託の本数は約270本で少なく見えますが、人気の低コストファンドと注目のアクティブファンドに厳選しており、質は非常に高いものがあります。(量より質の方針)
また、積立は「毎月、毎週、毎日」などを選択するだけの簡単設定で手間いらず。(「リバランス積立」といった他社にはない機能もあります)
投資信託の初心者で、自分に合った資産配分を組みたい人は『投資工房』が魅力。

★詳細松井証券「特徴まるわかり」 手数料や専門家の評価は?

 

専門家(1級FP技能士)の総括コメント

毎日積立と月1回の積立でパフォーマンスの違いを検証結果を比較した事があるのですが、結論としては“ほぼ同じ”でした。

ただし、運用者の継続性という比較で言えば、毎日積立の方が圧倒的に有利な結果になると思います。

投資信託は非常に優れた商品で長期運用に適した商品です。しかし、残念ながら多くの人が値動きが気になってしまい途中挫折してしまいます。毎日積立を実施すると日々の値動きには良い意味で鈍感になりますので、非常にオススメです。

以前は、カブドットコム証券とマネックス証券でしか実施できなかったのですが、投資家のニーズが高まったことから大手ネット証券が続々とサービスを導入しています。

投資の初心者には相性が良いサービスですから、積極的に活用していくと良いでしょう。


【2018年版】カテゴリー別・証券会社の比較・ランキング

総合評価 手数料 情報力
投資信託 積立投資 ETF
米国株 外貨投資 株主優待
国債&社債 純金積立 iDeCo
IPO J-REIT 初心者

今だけ!口座開設で現金が貰えるキャンペーンを実施中



サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


証券会社の比較ランキング《2018年版》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

証券会社の比較ランキング《2018年版》

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.