投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

2020年版 証券会社手数料比較(現物株式)

証券会社 最安値手数料を探せ!【2020年版】

【大手以外にも目を向けると、手数料は下がります!】

証券会社を選ぶときに、「手数料をできるだけ安くしたい!」という話を多く聞きます。
頻繁に売買を行う人にとっては、“取引都度に発生する手数料”は悩みの種!

このページでは、現物株の売買手数料を中心に掲載していますので、今後の取引を行う上での参考にしていただければと思います。

《岡三オンライン証券は、50万以下なら手数料0円》
コストダウンの有力候補!岡三オンライン証券は1日の株式約定代金が合計50万円まで手数料0円(定額プラン)を発表。正真正銘の最安値です。
市場全体の9割に対応しているので、少額投資が中心の人にとっては最有力候補と言って良いでしょう。(2019年12月23日現在)
ガチ推薦!岡三オンライ証券が投資初心者に向いている4つの理由

激安の4証券!大手ネット証券と比較しても3割程度も安い

4大ネット証券(マネックス証券・楽天証券・auカブコム証券・SBI証券)では、2010年頃から手数料競争が激しくなり限界価格まで下がったと言われています。

管理人もこれ以上の手数料は不可能と感じていましたが、以下の3証券はその水準を更に下回っており注目です。手数料を可能な限り下げたいと考えいる人にとっては有力候補だと思います。

★株式売買手数料(1約定あたり、税抜き) ※2019/12/15現在
会社名 約定10万 約定20万 約定50万 約定100万
むさし証券 75円 95円 175円 320円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
 DMM 株 80円 97円 180円 340円
4大ネット証券平均 93円 143円 288円 691円

上記の4証券は、一般的な店頭取引と比べると約10分の1程度の手数料となっています。

また手数料が安い事で有名な4大ネット証券と比較しても3割くらいは安い水準ですので、繰り返し取引を行うと大きな差になってくると思います。

【pickup】ライブスター証券 :超~お得なキャンペーン実施中です。

~管理人コメント~
業界最水準の手数料のライブスター証券が超~お得なキャンペーンを実施中!
口座開設から約2ヶ月間は手数料0円になります。
また、近年は株主優待に関しても積極的で注目銘柄なども定期的に紹介しています。
コスト削減に関心がある人にはオススメの証券会社です。
またスマートフォンの専用アプリが使いやすいと好評です。

★話題IPOは最高条件!0円申込&完全平等抽選で2019年のダークホース。

◆Blogライブスター証券で口座開設をすべき3つの理由!コストが50%以下になるって本当?

参考までに、管理人もライブスター証券のキャンペーンをキッカケに取引を行いました。
手数料が気にならないので米国市場に連動するETFをコツコツ購入しています(以下)。

取引の運用成績は個人で差もあり予想できない部分ですが、手数料は各自の意思で選択する事が可能です。手数料はマイナス要素という点はシッカリ頭に入れておかなくてはいけまませんね。

★口座開設で2大特典
①口座開設日から約2ヵ月間、取引手数料が無料(0円)
さらに・・
②一定以上の取引で 2000円プレゼント 
条件:新規口座開設後、6ヶ月以内に取引を25回以上。

ライブスター証券 公式ページ

4大ネット証券では楽天証券とSBI証券が注目!

総合証券の最安値水準を探している人は、4大ネット証券の手数料に興味があると思います。以下に取引額に応じた手数料をまとめましたので参考にしてください。

★株式売買手数料(1約定あたり、税抜き) ※2019/12/15現在
会社名 約定10万 約定20万 約定50万 約定100万
楽天証券 90円 105円 250円 487円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
auカブコム証券 90円 180円 250円 990円
マネックス証券 100円 180円 400円 1500円

また、ETFに関しては各社とも手数料の無料化が進んでいます。

【関連】 ETFを買うならどこ?証券会社の比較ランキング

【管理人の感想・アドバイス】

ライブスター証券DMM株むさし証券の手数料は、「どうしたらここまで下げられるのだろう?」というネット激安3証券です。

これらの証券会社からは“株式売買だけは絶対に他社に負けたくない”という信念を感じます。

投資家の中には「情報は大手証券からとって、取引は激安証券を利用する」など、上手に使い分けをしている人もいます。

ネット激安3証券については信用取引や株主優待(特にライブスター証券)を中心に投資を行っている投資家からも好評です。

コスト削減を検討している人は注目です。また、この3証券はIPOでは0円申込が可能な貴重な存在です。IPO投資に興味がある人は口座開設をしておいて損はないと思います。

関連IPOで超貴重!資金0円から申込みができる証券会社を解説


【2020年版】カテゴリー別・証券会社の比較・ランキング

総合評価 手数料 情報力
投資信託 積立投資 ETF
米国株 外貨投資 株主優待
国債&社債 純金積立 iDeCo
IPO J-REIT 初心者

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


証券会社の比較ランキング《2020年版》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

今だけお得!限定キャンペーン

SMBC日興証券が必須の理由

(チャート分析ができなくてもOKです)

証券会社の比較ランキング《2020年版》

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.