投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

株主優待のおすすめ証券会社は?比較ランキングで徹底解説

大人気の株主優待!優待だけが貰える裏技が大人気

株主優待は、株式を保有している株主に対して、その企業が素敵な商品やサービスをプレゼントする制度。 株式投資の魅力の一つとして注目が高まっており、約1300社以上が実施しています(2017年12月現在)

最近は「優待だけが貰える裏技」と呼ばれるクロス取引も盛んに行われており、それに対して優位性が高い証券会社に注目が集まっています。

株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

ここでは世間の評判や口コミ情報、管理人が実際に利用した経験をから、株主優待で注目度が高い証券会社をランキング形式で紹介していますので、参考にしていただければと思います。

★株主優待の基本・各月の注目優待⇒株主優待カテゴリー

株主優待の注目度ランキング

以下では投資信託の注目度が高い順にランキングを付けています。ただし、各社とも強みが若干異なるので、その人の基準によって順位が異なるのが実情です。いずれも素晴らしい証券会社ですので、ジックリ検討して欲しいと思います。 (注意)各社の情報データは2017年11月30日現在

第1位 カブドットコム証券 :株主優待ファンからは圧倒的な人気!ダントツの存在?

~管理人コメント~ 
売買手数料○ 優待検索画面○ 優待クロス取引◎
株主優待ファンから圧倒的に人気が高い証券会社です。優待の検索機能が充実している事は勿論ですが、「クロス取引」という“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”では他社よりも格段に優位性が高いと言えます。売買手数料も業界最安値水準ですので優待をメインに取引をするならば第一候補だと思います。

★詳細カブドットコム証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

カブドットコム証券案内

 

第2位 SBI証券 :優待検索の機能はピカイチ。優待クロス取引も可能

~管理人コメント~ 
売買手数料○ 優待検索画面◎ 優待クロス取引△
SBI証券で好評なのが「優待を見つける検索機能」。1000社以上の企業が優待を実施しているので、自分が欲しい銘柄を選択するのも一苦労。検索機能が驚くほど簡単で「1度使ったら手放せなくなる」と言った声も聞かれます。優待クロス取引も可能ですが、銘柄数は1位のカブコムさんと比較すると2~3割程度です。

★詳細SBI証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

SBI証券 口座紹介

 

第3位 松井証券 :優待クロス取引ではカブドットコム証券に次ぐ人気!

~管理人コメント~ 
売買手数料○ 優待検索画面△ 優待クロス取引○
松井証券と言えば「1日の株式約定代金が合計10万円まで手数料無料」という格安料金体系が魅力です。
また、株主優待のクロス取引(一般信用売り)ではカブドットコム証券とは違う銘柄を扱う事もあり、カブコム&松井の組合わせ臨むのが優待ファン間では一般的。

★詳細松井証券「特徴まるわかり」 手数料や専門家の評価は?

 

第4位 楽天証券 :優待クロス取引可能、一般信用売り銘柄の増加を期待!

~FPのコメント~ 
売買手数料○ 優待検索画面△ 優待クロス取引△
楽天証券はSBI証券と人気を二分する人気の総合証券です。
優待クロス取引は2017年より可能となったので、知らない人も多いのが実情です。主要投資についてはトップ水準ですが、優待に関して言えば出遅れの印象。ただし、楽天証券は初心者向けサービスに力を入れているので、優待も強化する可能性は高いです。

★詳細楽天証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

楽天証券口座開設

 

制度信用取引の優待取りならば、ライブスター証券も注目

株主優待のクロス取引では、制度信用取引を使う方法もあります。制度信用取引は一般信用取引よりも銘柄数が基本的に多く、貸株料も割安になっています。

ただし、銘柄が不足すると逆日歩というコストが発生する事があるので注意が必要です。どちらかと言えば中級者以上の投資家が利用するケースが多いです。

★ライブスター証券 :手数料が安く優待の検索機能も充実

~管理人コメント~ 
売買手数料◎ 優待検索画面○ 優待クロス取引×(制度信用○)
ライブスター証券は手数料が業界最安値水準ですから、制度引用でのクロス取引では有力候補となります。優待検索機能が新しく追加され情報提供にも積極的です。
また、新規口座開設特典として約2ヶ月間(40営業日)、取引手数料0円で株の売買が可能なキャンペーンを実施しています。

★詳細ライブスター証券で口座開設をすべき3つの理由!コストが50%以下になるって本当?

●当サイト限定!2000円プレゼントキャンペーンも実施中

【管理人の感想・アドバイス】

株主優待で人気が高いクロス取引という点で考えると、カブドットコム証券が他社を圧倒してるのが実情です。

クロス取引の説明もホームページ上でシッカリされており、この分野では絶対王者の貫録があります。

これに続くのが、松井証券とSBI証券、楽天証券の3社ですが、この3社を全て合わせてもカブコムの方が優位性が高いという状態(以下の一般信用売りの取扱い数を確認)

ただし、カブコムで扱っていない銘柄を他の証券会社が扱っているケースもあります。
優待ファンの多くは、カブドットコム証券をメインにして、サブ証券で松井証券orSBI証券を組合わせる人が多いです。

優待の人気4証券 一般信用売建可能数の比較
2017年12月4日 カブドットコム証券 松井証券 SBI証券 楽天証券
一般信用売建可能数 約2000 約850 約650 約170

結果はカブドットコム証券が他社を大きくリード!株主優待ファンの間で“優待の必須証券”と噂されるのも納得です。管理人もカブドットコム証券を中心に優待クロス取引を実施しています。

★公式WEBサイトはコチラ⇒カブドットコム証券
(人気優待の紹介や、クロス取引の解説あり)

今だけ!口座開設で現金が貰えるキャンペーンを実施中




【2018年版】カテゴリー別・証券会社の比較・ランキング

総合評価 手数料 情報力
投資信託 積立投資 ETF
米国株 外貨投資 株主優待
国債&社債 純金積立 iDeCo
IPO J-REIT 初心者

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


証券会社の比較ランキング《2018年版》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
(チャート分析ができなくてもOKです)

証券会社の比較ランキング《2018年版》

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.