投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

内部成長の方針は重要!将来の分配金にも影響

保有物件の収入増と支出削減が基本

投資法人の投資家向け情報(IR)や運用報告書を見ると「内部成長」という言葉が頻繁に出てきます。これは保有している物件に対しての成長戦略方針で今後の分配金にも影響する重要事項です。投資を行う前に、投資法人のホームページでチェックしておくと良いでしょう。

【関連】外部成長で収益増?新規物件情報は厳しい目で確認

“分配金に影響がある”と述べましたが、REITの利益が賃料収入を基本としている事を考えれば当然の話ですね。単純に言えば“賃料収入を増やして、費用を削減すれば利益が大きくなります”。

しかし、実際には簡単な話ではなく、年月が経過するほど建物は老朽化していきますので、何も手を打たなければ“空室が増える”、“賃料が下がる”といったマイナスの事態が発生し分配金にも悪影響を及ぼす可能性があります。

反対に言えば、内部成長の戦略がシッカリしている投資法人であれば、将来的な分配金も維持・上昇が見込めることになります。

具体的には、バリューアップ工事で価値を向上させ賃料を上げるといった方法などが分かりやすいと思います。また、支出面では物件の管理・運営を効率化してコストを下げるのも一般的な手法です。また、今までよりも低い金利で資金を調達すれば支出削減に繋がります。

もっとも、これらは単純に実施すれば良いという話ではありません。バリューアップ工事をしても賃料増加や空室率の減少に繋がらなければ費用だけが発生した事になってしまいます。管理・運営もコスト削減の結果としてテナントへのサービスが低下すれば退去に繋がる可能性があり収入の目減りとなってしまいます。

≪金利上昇で、実力がわかる?≫
近年は金利低下による恩恵で、分配金が維持・上昇するケースが増えています。しかし、低金利が永久に続く保証はありませんので、賃料収入のアップや運営コストの削減を常日頃から意識している投資法人の方が安心度が高いと感じています。金利が上昇に転じた時に、その投資法人の実力差がハッキリ現れるかもしれませんね?
J-REITに投資するならどこ?証券会社比較ランキング

10万円以下の銘柄は、松井証券がお得!

少額取引という事に限定すれば、松井証券をNO.1に推す投資家が多いと思います。
その特徴と言えば「1日の株式約定代金が合計10万円まで手数料無料」という他社が追随不可能?とも言える料金体系が魅力です。

また、低コストの投資信託の取扱いも開始しており、総合証券としての魅力も出てきました。一般信用売りが可能で株主優待のクロス取引でも人気がある証券会社です。

★詳しくは⇒松井証券 メリット・デメリットをFPが解説


【J-REIT投資の注目証券】
 SBI証券
割安判断のNAV倍率を表示
 松井証券
1日10万まで手数料無料
 カブドットコム証券
リートETF(1597)が手数料0円

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

J-REIT(不動産投資信託)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

J-REIT(不動産投資信託)

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.