投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

J-REITの増資は日常的?内容判断が重要

増資発表は売られるサイン?

増資とは投資口(株式)を新しく発行することで、価格が下落する事が多いので投資家にとってはマイナスな印象を持っている人が多いと思います。なぜ増資が嫌われるか言うと、1投資口あたりの価値が下がる可能性があるからです。

簡単に言うと、今まで100万と利益を50人で配分していたものが、増資によって100人に配分するようになれば、1人当たりの利益配分は減ってしまいますね。これは投資口(株式)の希薄化と呼ばれる事もあります。

そして、J-REITは商品の構造上から考えて増資は頻繁にあると考えた方が良いと思います。一般の企業は、利益が出たら内部留保という形で資金を蓄える事が可能ですが、J-REITは利益の90%以上を投資家に配分しているので、資金の手持ちがほとんどありません。

≪増資を実施する理由は?≫
現在の保有物件だけでは、細かくメンテナンスをしても年数劣化で価値が下がっていく可能性があります。そうすると、新しい物件を購入や既存物件のリニューアルで価値を維持・成長させる必要があります。その資金調達手段の一つが増資なのです。
【投資のヒント!?】J-REITの銘柄研究 概要・配当金などを紹介

増資は絶好の買いチャンスかも?

基本的に増資を発表されると売られる傾向にあります。管理人は、この売りは投資口(株式)の希薄化を嫌う投資家の条件反射のようなものだと思っています。

しかし、増資の資金を上手に活用して、1投資口あたりの利益が増える場合はどうでしょう?例えば世間で話題になりそうな優良物件の獲得が決定している時などです。

こういった時は、増資しても優良物件からの収入で1投資口あたりが高まる可能性が高まります。つまり、プラス理由の増資で一時的に売られたときは絶好の買いチャンスと考えて良いと思います。

【関連】外部成長で収益増?新規物件情報は厳しい目で確認

増資については、目的を調べてみたら『投資家にプラス材料』というケースも多いので、その質をシッカリとチェックする事が大切です。ただし、投資経験が浅い人と個別銘柄の情報チェックが難しいのが実情だと思います。そういった人は、J-REIT全体に投資するETFや投資信託から開始した方が良いと思います。

J-REITに投資するならどこ?証券会社比較ランキング

10万円以下の銘柄は、松井証券がお得!

少額取引という事に限定すれば、松井証券をNO.1に推す投資家が多いと思います。
その特徴と言えば「1日の株式約定代金が合計10万円まで手数料無料」という他社が追随不可能?とも言える料金体系が魅力です。

また、低コストの投資信託の取扱いも開始しており、総合証券としての魅力も出てきました。一般信用売りが可能で株主優待のクロス取引でも人気がある証券会社です。

★詳しくは⇒松井証券 メリット・デメリットをFPが解説


【J-REIT投資の注目証券】
 SBI証券
割安判断のNAV倍率を表示
 松井証券
1日10万まで手数料無料
 カブドットコム証券
リートETF(1597)が手数料0円

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

J-REIT(不動産投資信託)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

J-REIT(不動産投資信託)

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.