投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

J-REITの重要指標 格付け(信用力)

格付けAA以上の銘柄に注目が集まっています。

格付けは信用力を判断する上で重要な指標です。この判断を与える格付け機関としては、米国のスタンダード&プアーズ、日本では格付け投資情報センターや日本格付け研究所などが有名です。

基本的に信用度の高い順からAAA、AA、A、BBB・・・CC、Cなどアルファベットで表記するのが一般的です。近年はこの中でもAA以上の格付けが付いている銘柄が投資家から注目されています。

この理由は日銀のJ-REIT買い入れと深い関係があります。日銀の追加緩和によるJ-REIT買い入れ発表で市場は盛り上がっていますが、実は買い入れ条件には原則“格付けAA以上”という条件が付いています。

【参考】日銀の追加緩和は、J-REITに大きなプラス!?

多くの投資家は、J-REITは分配金に魅力を感じており中長期運用が中心だと思います。そうなると信用力が高く、日銀の買い支えが期待できる格付けAA銘柄が注目されるのは当然の流れといえます。

ただし、格付け(信用力)が高いという事は、リスクが低いわけですから一般的に分配金利回りが低くなる事は憶えておいてください。管理人が投資家の情報を集めた範囲で言えば、格付けが高い銘柄をメインにして利回りが高い(格付けが低い?)銘柄をアクセントとして加える運用を行う人が多いようです。

≪格付けと分配金は反比例の関係?≫
★格付け(信用力)が高い⇒分配金利回りが低い
★格付け(信用力)が低い⇒分配金利回りが高い

※格付けは完璧ではありませんので、参考程度が基本!

【投資のヒント!?】J-REITの銘柄研究 概要・配当金などを紹介

この会社が凄い!マネックス証券はJ-REITに本気です。

J-REITは市場が小さい事もあり、証券会社によって取組み姿勢に差があります。
そのような状況にあって、マネックス証券の本気度は凄い!

一般的に証券会社ではJ-REIT価格・分配金利回りの表示のみとなっています。
マネックス証券は、それに加えてNAV倍率も表示しています。

NAV倍率は株式投資でいうところのPBRなようなもので、割安度を判断する上で大切な指標の一つです。

その他にも、分配金の推移や物件用途別のポートフォリオなど重要情報がコンパクトまとめられていており他社を圧倒するボリュームです。

また、上場する一部のJリートETFの取引手数料を実質無料とする「ゼロリートETFプログラム」は大注目(2019年1月3日現在 以下の3銘柄)

銘柄コード 銘柄名(連動指数)
1597 MAXIS Jリート上場投信(東証REIT指数)
1660 MAXIS 高利回りJリート上場投信(野村高利回りJリート指数)
2517 MAXIS Jリート・コア上場投信(東証REIT Core指数)

取引手数料が実質無料ですし1~2万円程度から投資できるのが魅力です。
(分配金はいずれも年4回となっています。)

J-REITに対する本気度では他社を圧倒しているので、この分野への投資が中心の人には非常にオススメの証券会社です。

 マネックス証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

マネックス証券バナー




サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


【J-REIT 代表的な指標】
格付け:日銀の買い入れとも関係する重要指標
NAV倍率:J-REITの割安度を判断するのに使用
FFO倍率:稼ぐ力を判断。J-REIT版のPERです
NOI利回り:プロが注目する、真実の利回り
LTV:財務状況や増資の予想にも役立つ指標


J-REIT(不動産投資信託)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【注目】手数料が実質0円!

今だけお得!限定キャンペーン

(チャート分析ができなくてもOKです)

J-REIT(不動産投資信託)

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.